葉緑素 積極的に摂取する

環境ホルモンの害を最小限に減らすためには 葉緑素 積極的に摂取する ようにします。ダイオキシン排出という点から見ると、食物繊維よりも効果的な葉緑素の働きと効果。

緑色の食べ物の大切さ

葉緑素 積極的に摂取する

葉緑素 積極的に摂取する

葉緑素は、太陽光線をとらえて空気からとった炭酸ガスと根から吸収した水分とで炭水化物をつくる重要な働きをする、植物の葉緑体に含まれる緑色の色素です。この葉緑素は人間の血液の色素であるヘム (ヘモグロビンの中の中心構造) と、化学構造がぼぼ同じです。

葉緑素が含まれている食品は、緑色をしている植物です。青菜や緑黄色野菜、海藻などです。
これらは、日光に当たるほど、葉緑素は増え、緑色も色が濃くなります。緑の色が濃くなれば濃くるなるほど葉緑素が多く含まれます。

人間が健康的に生活を送るためには、血液と細胞の元気度が重要になりますが、葉緑素は体内に吸収される細胞を活性化させる働きがあります。

葉緑素を沢山とるということは、抗ガン物質であり、予防する働きもあるのです。さらに、これだけでなく細胞の病的状態を健康な状態にするなどの薬理作用もあるのです。

このように、葉緑素は体内に吸収されると細胞を活性化させるため積極的にとりたい成分なのです。

チンゲンサイなどは、熱を冷ましたり、胃腸の機能を回復させることができます。小松菜はビタミン、ミネラルの宝庫で、健康長寿に役立つ成分を含みます。ほうれん草などは、発ガン物質の生成を抑えたり、貧血を改善します。ブロッコリーは豊富なビタミンCを含み、肺ガンを予防します。海藻の根昆布は、カルシウムやビタミンCを豊富に含み、干しノリなどはビタミン類の宝庫です。

  1. チンゲン菜
  2. 小松菜
  3. ほうれん草
  4. ブロッコリー
  5. 昆布

食物繊維以上の効果 葉緑素

葉緑素には、スカベンジャー効果といい体内の老廃物を掃除する効果もあり、食物繊維と同様にダイオキシンやその他の有害物質を体内から排出します。
体内に蓄積されてしまったダイオキシンの排出効果でいえば、食物繊維よりも強いのです。

体内に蓄積されたダイオキシンなどの有害物質は、便とともに排出されますが、再吸収もされてしまいます。ところが、葉緑素は、ダイオキシンなどが吸収されにくい複合体を形成するに大変有効なので、再吸収の割合も減少します。

葉緑素 を効果的に摂取するために、葉緑素入りの錠剤やカプセルだけに頼る人もいますが、人工的なものは、どうしても過剰摂取になってしまうので、なるべく食事で摂取できればいいと思います。食事で足りない分を青汁などで補うのがいいでしょう。

環境ホルモン防衛法

ケンプリア の生エキス青汁 『 リッチグリーン 』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください