ダイオキシン

1gで1万数千人もの人が死んでしまうという猛毒化学物質。その毒性の強さは青酸カリの1000倍以上、サリンの2倍です。最近になってダイオキシンも環境ホルモンであることがわかってきました。甲状腺ホルモンの濃度を操作し、過剰に分泌させて口蓋裂という奇形を発生さます。加えて高濃度のダイオキシンを与えると精巣が萎縮することから性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの濃度も変化させます。

日本では1983年に行った調査で中国、四国、九州地方の12カ所のごみ焼却場から、ダイオキシンが検出されています。ダイオキシンは遺伝子のみではなく、中枢神経にも影響を与える上に発ガン性が確認されています。

ベトナム戦争では、ダイオキシンが不純物として含まれていた枯れ葉剤が使われ、散布された地域で多くの流産や奇形児の出産が増加したといいます。ベトナム戦争に従事していた兵下達の血液中に含まれるダイオキシン濃度を検査したところ非常に高濃度のダイオキシンが検出されました。当然ですが、この兵士たちの妻は不妊、早産、流産、奇形などの発生率が高く、特に奇形については、ベトナム戦争と無縁の人と比較すると15倍にもなりました。

ダイオキシンの問題を遙か昔のベトナム戦争で使われた薬剤だと思っている人も多いのですが、現代社会の周りにもたくさん存在しているのです。紙の原料であるパルプの漂白にはかつて塩素が使用されていました。漂白に一緒に使われる消泡剤やパルプの成分などが塩素と反応するとダイオキシンが発生します。
製紙工場では、防腐剤としてペンタクロフェノールという化学物質を使っていますが、この中にダイオキシンが混ざっています。また分析技術の発展によりダイオキシンが製品である紙にもふくまれていることがわかりました。
日常的に使用するトイレットペーパーやティッシュペーパーのような製品からもダイオキシンが検出されたのです。現在では、紙の漂白には、塩素の代わりにオゾンや過酸化水素水などが使用されるようになり、紙にダイオキシンが混ざることとはなくなりました。

また、多くの食品には微量ではありますが、ダイオキシンが混入しているのです。母乳には牛乳に含まれるダイオキシンより多くのダイオキシンが含まれています。家畜がダイオキシンを含んだ食品を食べることで、それらの肉や乳製品にもダイオキシンが含まれてしまうのです。日常的に食べる魚にもダイオキシンは含まれます。また、木などを燃やす際にもダイオキシンは発生します。一般的には1トンのゴミを燃やすと0.1mgのダイオキシンが出るといいます。

世界保健機関では、ダイオキシンの1日あたりの耐容摂取量を体重1kgあたり10ピコグラムと定めています。体重が50kgの人であれば、500ピコグラムとなります。この値はどんどん下がっていくに違いありません。

「ダイオキシン」への5件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください