洋服、寝具など直接肌に触れるものは天然素材を選ぶ

抗菌グッズは化学物質を使用している

カビなどの繁殖を防ぎ、更に防臭効果もある「抗菌」と記されたグッズが高い人気を集めています。
これらは、下着、寝具などでよく目にします。抗菌というといかにも清潔なイメージを抱きますが、抗菌剤そのものは、化学物質なのです。

抗菌剤には、ゼオライトなどのセラミックスに銀を組み入れた「無機」のものとおもに殺菌力の強い薬品が薬品が使用されている「有機」のものがあります。

無機の抗菌剤については、動物実験で異常がみられなかったため、人間にも影響がないとされていますが、有機の殺菌剤は、皮膚炎や内臓障害などの悪影響が出る可能性があります。抗菌処理されているものは、直接肌に密着する製品が多く、化学物質が肌にしみこんでかぶれる人が増えています。これは清潔にしているつもりになっているのにかえって実は健康を害してしまっていることになります。

「抗菌」という効果を間違ってとらえてしまうとこういったことになるのです。また、下着やシーツなどは白いほうが清潔感をイメージしますが、じつは白という色は自然の色ではなく発色剤だったり、蛍光剤が使われている場合がほとんどです。
発色剤は、皮膚への刺激性が強くかゆみなどの原因になります。蛍光剤は、発ガン性が指摘されていて、紙コップや皿、脱脂綿、生理用品など体に触れるモノには禁止されていますが、なぜか下着には使用が許可されています。
寝具については7~8時間も体に密着しています。下着などは常に身につけているものですから化学物質は微量であっても皮膚に影響を与え続けてしまいます。

さらに下着を身につける場所は、比較的皮膚が薄く弱いため、そこからしみこんで化学物質は血液に入ってきます。

安心の天然繊維を

化学物質の安全基準はどのように定められているのでしょうか?これは、体の自然の分解、解毒などの能力を参考にして決められています。この自然の防衛基準の能力が発揮されるには、ホルモン分泌が正しく行われていて、全身の臓器が正常に機能していることが大前提です。

環境ホルモンの影響でホルモン分泌が乱されると、自己防衛能力は低下するわけですから、これまで安全とされてきた寝具や下着に含まれる微量の化学物質も大きく影響してくるわけです。

化学物質の人体への毒性は、「毒性の強さ×体内への吸収量」で決まってくるだけに、接触時間が長いものは、たとえ微量であっても危険性は高くなってきます。

体に優しいのは、合成繊維よりも綿、麻、絹、ウールといった天然素材です。こうした天然素材を購入するように習慣にしたいところです。
また、新品の商品には糊や薬品などがついている可能性があるので、洗濯をしてから使うようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください