シックハウス症候群

新築住宅に住み始めると急に心身が不調に

症候群(シンドローム)とは、心身にいくつかの異常な症状が認められても、その原因が明らかでなかったり、複数の原因が考えられるとき、病名に準ずるものとして、とりあえず命名されたものです。

新築あるいは、改築間もない家に住み始めてから、目がちかちかしたり、のどが痛んだり、鼻が乾く、あるいは、鼻水がでるといった症状にはじまり、頭痛やめまい、耳鳴り、イライラ、睡眠障害など、さまざまな心身の不調が現れることがあります。これが新築病とも呼ばれるシックハウス症候群で、同様の症状がオフィス、マンションでも起きるときは、シックビル症候群などと呼ばれます。

シックハウス症候群の主たる原因といわれるのが、壁材、床材などの建材、塗料や接着剤に含まれている化学物質です。なんでも近年、大きな社会問題になっているのが、一部に発ガン性が報告されているものもあるVOC(揮発性有機化合物)です。労働安全衛生法法で規制対象になっているは47品目です。次にVOCを紹介します。

シックハウス症候群の原因となっているVOC(揮発性有機化合物)

ホルムアルデヒド(ホルマリン)

合板はじめ、壁紙、フローリング、家具の接着剤などに使用。新築住宅でツーンとした異臭を発するのは主にアルデヒド。皮膚、粘膜への刺激性が強く呼吸器障害のほか、中枢神経障害や発ガン性も報告されている。

トルエン・キシレン・ベンゼン、トリメチルベンゼン、ジエチルベンゼン

芳香族化合物特有の芳香を特徴とするベンゼンおよびベンゼン誘導体。塗装用溶剤、樹脂ワックスの溶剤などに多用されている。主な症状は、吐き気、頭痛、めまいなどベンゼンには発ガン性もあり。

酢酸ブチル、n-ブタノール

果実のような芳香のある液体。プラスチックの溶剤や香料の原料としても使われる。吐き気、頭痛、めまいなど。

テトラクロロエチレンなどの有機塩素化合物

ドライクリーニングのほか、油脂の洗浄剤などとして広く使用される。

ナフタレン

防虫剤。白色結晶から気化して特有の強い臭気を放つ。水には不溶だが、有機溶媒にはよく溶ける性質を持つ。粘膜刺激作用、血液障害など。

フェンチオ(MPP)、クロルピリホスなど

有機リン系殺虫剤。吐き気、頭痛、めまい、中枢神経障害など。


シックハウス症候群」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: アレルギーの原因になる接着剤の有機溶剤 | 知っておきたい危ない化学物質

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です