調味料」カテゴリーアーカイブ

即席味噌汁 発泡スチロールカップに環境ホルモン

即席味噌汁 発泡スチロールカップに環境ホルモン の危険性があります。カップ入りみそ汁の場合は、紙カップを選ぶことです。発泡スチロールの場合、熱湯を注いだときに環境ホルモンが溶けでる不安があるので要注意。

即席味噌汁 紙カップのものを選べば、問題なし!塩分もやや多いので減塩タイプ

即席味噌汁 発泡スチロールカップに環境ホルモン

即席味噌汁 発泡スチロールカップに環境ホルモン

お湯を入れてかき混ぜるだけの即席みそ汁。簡単にみそ汁の豊かな味わいが楽しめるとあって、けっこう売れています。食品添加物は「調味料(アミノ酸等)」と「酒精」(アルコール)ぐらいで、不安点はありません。

心配といえば、塩分が濃いめなこと。そこで、栄養成分の表示がついていて、塩分が 10 % 以下とわかるものを選ぶのがポイントです。

カップ入りみそ汁の場合は、紙カップを選ぶことです。発泡スチロールの場合、熱湯を注いだときに環境ホルモンが溶けでる不安があるので要注意。

また、塩分の害を減らすカリウムを多く含む具のみそ汁を選べば安心。前述したもの以外では、たとえば、わかめ、ほうれんそう、納豆、油揚げなどを使ったものを。

油揚げ には揚げ油に添加物が多い場合があり注意します。

もっとも、これらの具が入っていても、使っている量が少ないので、さらにわかめ(カットわかめで十分) を加えることをおすすめします。また、カリウムの多い具がもともと入っていない即席味噌汁には、必ずわかめや油揚げ、ゆば、干ししいたけなどを加えるようにしましょう。
即席味噌汁 で安全性を高めるには フリーズドライ で無添加のものをお椀に入れて食べるようにすればいいでしょう。

調味料

味噌汁を手作りしている方は味噌の原材料にも注意しましょう。
丁寧な製造で仕上げた日本海味噌醤油の 「 雪ちゃんのに日本海こうじみそ 」

だしいりのみそ 塩分過多のものあるので注意する

だしいりのみそ 塩分過多のものあるので注意する という情報です。みそ汁は日本人には欠かせい和食のメニューのひとつです。残留農薬などは製造過程でほとんどとり除かれますが、遺伝子組み換え大豆かもしれない不安が残ります。

だしいりのみそ わかめ、じゃがいもには塩分の害を減らすカリウムやヨードが含まれる

だしいりのみそ

だしいりのみそ

みそは日本人の食生活に欠かせない伝統的な食品です。以前は漂白剤の「亜硫酸塩」などを使ったものもありましたが、いまは添加物の不安はありません。

選ぶときに大切なのは、パッケージの表示の見抜き方です。「国産大豆使用」とあっても、実際は輸入大豆も合わせて使っている場合がほとんどです。

残留農薬などは製造過程でほとんどとり除かれますが、遺伝子組み換え大豆かもしれない不安が残ります。
そこで、「国産大豆 100 % 」のものを選べば大丈夫です。「純正」という表示もよく見かけますが、これは、保存料や漂白剤を使つていないという意味です。しかし、いまのみそは添加物を使わないものがほとんどで、もともと、どのみそも純正といえるのです。

「無添加」の表示は、添加物はもちろん、発酵をとめる酒精( アルコール)も使っていないもの。「生みそ」は、酒精を添加せず、加熱もせず、酵母を生きた状態でパックしたもの。価格の割には味にそれほど差はありません。「天然醸造」は、自然の気温で1一年ぐらいかけて発酵させたものです。しかし、実際は3ヶ月ぐらいの速醸のみそがほとんどで、本物の天然醸造がどれだけあるかは疑問です。アミノ酸などの調味料を加えた「だし入りみそ」は、かなり塩分が高いものを見かけます。

栄養成分を見て、食塩が 100 gあたり12 % 未満のものを選ぶとよいでしょう。

みそ汁が、日本人の塩分摂りすぎの原因のようにいわれたこともありましたが、いまは、辛口みそで12 ~ 13 % ぐらいで、かなり塩分を抑えてあります。気になる人は、成分表示を確かめて、10 % 前後のものを選びましょう。「薄塩」「減塩」と表示されていても、基準とする数字があいまいなので、当てにはなりません。調味料

乳がんを抑制するみそ | ガンの予防対策と増殖抑制作用を高める
https://malignant-tumor.com/archives/112

即席味噌汁 発泡スチロールカップに環境ホルモン

ファットスプレッド マーガリンより脂肪が少ない

ファットスプレッド はマーガリンより脂肪が少ないのでマーガリンに代わって登場。マーガリンは脂肪分が80 % 以上なのに ファットスプレッド は35 ~ 75 % と低め。

力ビやすいので保管は冷蔵庫できちんと行なう

ファットスプレッド マーガリンより脂肪が少ない

ファットスプレッド マーガリンより脂肪が少ない

脂肪分をかなり抑えた ファットスプレッド が、マーガリンに代わって登場。マーガリンは脂肪分が80 % 以上なのに ファットスプレッド は35 ~ 75 % と低め。

不安な添加物は、まずありません。「リノール酸の多い べに花油 使用 と銘打ったものもあり、一時だいぶもてはやされました。しかし、最近ではリノール酸の過剰摂取はよくないという説もあります。

パンにはいつも ファットスプレッド というのは避けるべきです。同じものの摂りすぎは、いずれにしてもあまりよくありません。

ときどきはバターを使いましょう。バターにも安心の製品 があります。なお、ファットスプレッドは脂肪分が少なく、水分が多い。保存料も使っていないので、マーガリンよりもカビやすいです。きちんと冷蔵庫で保管しましょう。
その他  調味料

砂糖 過剰摂取はカルシウム不足の原因になる

砂糖 過剰摂取はカルシウム不足の原因になる ので注意しなければいけません。問題点は、砂糖を摂りすぎると、ムシ歯の原因になる。ビタミンB1 不足になりやすい。カルシウムが不足。 血液中に中性脂肪が増え、肥満、動脈硬化になりやすいことなどがあげられます。

砂糖 不使用 の表示でも、パラチノースやオリゴ糖などが含まれている

砂糖 過剰摂取はカルシウム不足の原因になる

砂糖 過剰摂取はカルシウム不足の原因になる

砂糖 にはさまざまな種類があります。せいせい「精製糖」。サトウキビから煮だした糖液を濃縮し、遠心分離器で蜜を分離して精製したもの。

「三温糖」。完全に精製された砂糖液から白砂糖を繰り返しつくり、残った液を結晶させたもの。

褐色の色は、精製の途中で熱を加えることでできたもの。ミネラルが多いわけではなく、健康によい根拠はありません。「キビ砂糖」。サトウキビの液を脱色・精製しないまま煮詰めたもの。原液の養分とミネラルをたくさん含んでいるといわれていますが、ごくわずかです。

「テンサイ糖」。砂糖だいこん(ビートまたはテンサイともいう) の汁を煮詰めて精製したもの。

「黒砂糖」。サトウキビを搾った汁に石灰を加え、濾して煮詰めて固まらせたもの。カルシウム、鉄分の量は砂糖の中では一番。いずれも、添加物の心配はありません。

ところで、糖分は 1 日当たり、大人で50 g 子どもで 30 g 以下が望ましいといわれています。健康を考えた 1 日の量を考えると、砂糖からミネラルを摂るのはムリがあります。
ということは、どの砂糖を選んでも、さほど違いはないということ。ここで、砂糖のよい点をあげてみましょう。体の中に入ると、すぐにエネルギーになるので、疲れをとるのに即効性があります。

素早く吸収されて、脳の働きを活発にするエネルギー源としても大切な役割を果たしています。そのほか、防腐性、浸透性、ゼリー化など、いろいろと効果を発揮します。

問題点は、砂糖を摂りすぎると、ムシ歯の原因になる。ビタミンB1 不足になりやすい。カルシウムが不足。 血液中に中性脂肪が増え、肥満、動脈硬化になりやすいことなどがあげられます。
甘いものはなぜやめられない?もとても興味深いところです。

砂糖は体にとって必要な成分だけれど、摂りすぎると、いろいろと問題がありそう。安心な食べ方は、糖分控えめということにつきます。なお、飲料水などに記載されている「無糖」「糖分ゼロ」「ノンシュガー」「シュガーレス」「シュガーフリー」は、すべて同じ意味。糖分はほとんど含まれていません。
ところが、「砂糖不使用」とくれば、砂糖は使っていないけれど、パラチノースやオリゴ糖などを使っているということです。うっかり糖分が入っていないと勘違いしないように。

調味料

塩 危険 摂りすぎはガンの原因にもなる 血圧にも悪影響

塩 危険 摂りすぎはガンの原因にもなるので注意です。塩分過多は血圧にも悪影響を及ぼします。現代人は塩分摂取が過剰です。注意しなければいけません。

塩 危険 を避けるには質にこだわるよりも、量を抑えることが重要

塩 危険 ガンの原因にもなる

塩 危険 ガンの原因にもなる

最近は、健康ブームの影響もあり、さまざまな 自然塩 が出回っています。どの塩も、食品添加物などの不安はありません。食塩 は、イオン交換膜製法でつくられています。

これは、海水に溶けているプラスイオンのナトリウムとマイナスイオンの塩素を電気的に海水から集めて、ナトリウム塩素とするものです。塩化ナトリウム分が高く ( 99 % ) 、昔の塩のようにマグネシウム、カルシウム、カリウムといったミネラル分(にがり分) はほとんど含まれていません。「天日塩」は、オーストラリアやメキシコの塩田で海水を自然乾燥させた天日塩を輸入。水に溶かし、不純物をとり除いて再生したものです。

地域名をつけて●●塩とうたった塩も売られています。しかし、実際にその地域で、塩田法にのっとってつくられた自然塩は、ほとんどないと考えてよいでしょう。

また、最近、海洋探層水塩が話題になっています。海洋学で海洋深層水といえば、探さ 300 ~ 500 m 程度の海水のことですが、現在、一般的には深さ 300 m 程度の水を指しているようです。

さて、世間でいわれているように、この海洋深層水塩は、自然塩の中でもっとも効率的にミネラル(カルシウムとマグネシウム) を補給できるのでしょうか。

私たちの 1 日の食塩の摂良(塩分とは違う) を、多くても 2 g とします。その 2 g を深層水塩で摂ると、カルシウムの摂取良は成分計算から 31 mg となります。
これは、30 ~ 49 歳の日本人栄養所要量である 600 mg の 200 分の 1 です。含有量が多いといわれるマグネシウムでも、1 日栄養所要量の約 13 分の 1 にしかならないのです。このように考えてみると、塩からミネラル分を補おうとするには無理があるのがわかります。

どのタイプの塩を選んでもさほど変わりはありません。あとは、味などの好みの問題でしょう。高いお金を出してまで選ぶ意味は小さいと思います。栄養については、ミネラルの心配をするより、塩の摂りすぎに注意することのほうが大切ではないかと思います。

食塩の摂取を注意することも大事ですが、摂りすぎてしまった際には 塩分を排泄するためのカリウム がおすすめです。カリウムは生の果物や野菜に多く含まれます。ゆでたり、火を通すとカリウムは抜けてしまうので生で食べるのがいいでしょう。

にがり成分を含む 伯方塩業 「 伯方の塩 」

調味料

塩分摂取量は 1 日8 g までに抑える (塩分の多い食品には注意)

焼き肉のたれ 危険 直火の高温で加熱すると、発ガン物質に変化する恐れも

焼き肉のたれ 危険 直火の高温で加熱すると、発ガン物質に変化する恐れも焼き肉のたれ を選ぶときのポイントはただ 1 点。原材料名に、「 調味料(アミノ酸等) 」の表示がないものを選びましょう。焼き肉のたれ を選ぶ際の注意点です。いわゆるうまみ調味料と言われるものでグルタミン酸ナトリウムです。

焼き肉のたれ 危険  安全のポイントは 「 グルタミン酸ナトリウム 」 を含まない「 たれ 」を選ぶ

焼き肉のたれ 危険

焼き肉のたれ 危険

焼き肉のたれ を選ぶときのポイントはただ 1 点。原材料名に、「 調味料(アミノ酸等) 」の表示がないものを選びましょう。
アミノ酸系の調味料はグルタミン酸Na が主体ですが、直火の高温で加熱されると、発ガン物質をつくる不安があります。

とくに、グルタミン酸Na と植物油が一緒になると、あまり高温でなくても発ガン物質ができるともいわれています。安心して食べるには、手づくりのたれをつくり、アミノ酸系調味料(成分にグルタミン酸Na) を入れないこと。

ただ、フライパンで「妙めて」しまう場合は、よほど高温(煙が出るほど) にしないかぎり大丈夫です。つまり、本格的にバーベキューグリルや綱で焼くときは、くれぐれもご注意を。

うま味調味料の主成分であるグルタミン酸ナトリウムを多く含む中華料理を食べると、脱力感が起きたり、動悸が起こるなど、いわゆる「中華料理症候群」という症状が起きるという報告も過去にありました。これについて、JECFA(国際連合食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO) の合同食品添加物専門家会議)をはじめとする国際的な機関で様々な調査がされました。これらの結果から、現在は、「中華料理症候群」とグルタミン酸ナトリウムの摂取との間に明確な関係は認められないという結論に達しています。
なお、砂糖や塩など他の食品同様、一般的な食生活のバランスから、摂り過ぎには注意が必要です。

化学調味料、保存料、着色料、動物性原料 不使用!

水を使わず非加熱製法(無添加調理製法)で旨みをそのまま引き出しました。良質、無添加のこだわりの焼肉のたれです。化学調味料、合成保存料、着色料、動物性原料無添加です。クセのない自然な味わいでお肉や野菜の味を引き立たせます。独自の製法で無添加なのに満足していただける味に仕上がりました。

『つけたれ』や『もみたれ』はもちろん、『野菜炒め』『ギョーザのたれ』など、お好みに応じてご利用できる万能調味料としてお使いいただけます。ビーフとコーンを焼肉のたれが美味しく併せてくれるペッパービーフコーンライスがおススメです!


万能調味料 濃厚 焼肉のタレ 焼肉タレ 焼き肉 ボトル たれ タレ やきにく こだわりのたれ 手作り 焼き肉のたれ 焼き肉 生だれ 非加熱 まとめ買い 化学調味料無添加 保存料無添加

水を使わず非加熱製法(無添加調理製法)で旨みをそのまま引き出しました。良質、無添加のこだわりの焼肉のたれです。化学調味料、合成保存料、着色料、動物性原料無添加です。クセのない自然な味わいでお肉や野菜の味を引き立たせます。独自の製法で無添加なのに満足していただける味に仕上がりました。

『つけたれ』や『もみたれ』はもちろん、『野菜炒め』『ギョーザのたれ』など、お好みに応じてご利用できる万能調味料としてお使いいただけます。ビーフとコーンを焼肉のたれが美味しく併せてくれるペッパービーフコーンライスがおススメです!

名称 焼肉のたれ
原材料名 醤油(国内製造)、砂糖、本みりん、ごま油、米酢、にんにく(国産)、すり胡麻、香辛料、(一部に小麦、大豆、ごまを含む)
内容量 450g × 3本
賞味期限 製造日より240日
※実際にお届けする商品の賞味期間は在庫状況により短くなりますので何卒ご了承ください。
栄養成分表示
(100gあたり)
熱量:159kcal、たんぱく質:5.0g、脂質:4.4g、炭水化物:24.8g、食塩相当量:11.9g
保存方法 直射日光を避け冷暗所で保存してください。
使用上のご注意 ・開封後は冷蔵庫で保存してお早めにお召し上がりください。
・よく振ってからご使用ください。
アレルギー物質 小麦、ごま、大豆
製造者 有限会社味研

調味料

ケチャップ 添加物 含まれない安全なもの

ケチャップ 添加物 含まれない安全なもの を紹介します ケチャップもおなじみの調味料として定着しました。ソース、ケチャップは食卓にあがる回数も増えているはずです。共に添加物が含まれないものを選びましょう。
ケチャップ消費量の全国平均は1,581g。 消費量が最も多いのは和歌山県で1,922g(偏差値75.4)。 2位は岐阜県で1,815g。 3位以下は京都府(1,787g)、滋賀県(1,770g)、奈良県(1,723g)の順。

ソースの商品量はソース消費量の全国平均は1,481ml。 大きめのものが500mlなので、年間2.96本消費している計算になる。 消費量が最も多いのは広島県で2,546ml(偏差値78.3)。 全国平均の1.7倍の消費量です。

すリゴマ 青のり で塩分の摂りすぎを防げる

ケチャップ 添加物

ケチャップ 添加物

食生活が豊かになるにつれて、ソースの種類もいろいろ出てきました。おなじみの

  • 中濃ソース
  • 濃厚ソース
  • ウスターソース

などに加えて

  • お好み焼きソース
  • 焼きそばソース
  • ステーキソース
  • ハンバーグソース
  • タルタルソース
  • ホワイトソース

などなど、あげればきりがないくらいです。

添加物に関しては、ソースでよく使われているのは、

  • アミノ酸系調味料 アミノ酸系うま味調味料の代表物質は、グルタミン酸ナトリウムです。
    加工食品表示は「調味料(アミノ酸)」となります。 このグルタミン酸ナトリウムは昆布だしのうま味成分としてよく知られています。 グルタミン酸ナトリウムを使う事は、昆布だしのうま味成分を添加したと同じ意味を持ちます。
  • カラメル色素カラメル色素は、色々な食品に使用されている食品添加物の1つで、調味料・お菓子・ジュースなどにもよく使われる、茶色い色素をもつ着色料です。カラメルというと、砂糖と水を茶色くとろとろになるまで煮て、プリンなどに使われものを想像される方も多いかと思います。
    カラメル色素には4種類あると言われており、この糖類のみ加熱して作るカラメルは、最も安全と言われています。
  • 増粘剤 増粘剤は、食品に粘度をつけるために使用される食品添加物です。 代表的な増粘剤としてでん粉を発酵させて作られるキサンタンガム、海藻から抽出されるカラギナン、マメ科の植物の実から抽出されるグァーガムなどがありますが、そのほとんどは多糖類(糖がたくさんつながったもの)です。
  • 甘草 甘草は食品添加物の甘味料として使用され、主成分はグリチルリチン酸です。甘さは砂糖の約200倍で、塩味を和らげる効果や旨味出し効果があります。
  • 香料 香料は、食品に香気を付与または増強するために使用されるものです。 食品の香気成分は、微量でその種類が多いことが特徴です。 例えば、コーヒーの香気成分は約800種類、ストロベリーの香気成分は約350種類に上ると言われています。 そのため、食品の香りを再現するためには多数の香料が必要になります。

など。しかし、これらの添加物が入っていない安心なソースが、スーパーやコンビニでも売られています。当たり前のことですが、ソースを選ぶなら、なるべく添加物のないものを選ぶこと。参考までに。

子供が好きな ケチャップ  添加物 の不安がない 安心

さて、ウスターソースや焼きそばソース、お好み焼きソースは塩分が多め。気になる人は、すりゴマや青のりを一緒に使いましょう。

たっぷりかけるのは、単においしいという理由からだけではなく、それらの中に含まれるカリウムにより、塩分の害を防ぐことができるからです。カリウム塩分排泄作用についてはこちら。
タルタルソースなど脂肪分が多いソースでは、マヨネーズ同様、中にキウイやブロッコリーを刻んで混ぜれば、油の分解を早めて、脂肪の害を防いでくれます。

調味料

添加物を使ってない 安全 トマトケチャップ ソース

マヨネーズ 危険性 食べ過ぎは太る キウイを刻んで混ぜれば、脂肪の分解が早くなる

マヨネーズ 危険性 植物油と酢を卵黄と一緒に混ぜて乳化状にしたもの。添加物はアミノ酸系調味料ぐらいで、それほど大きな不安はありません。食べ過ぎは太る ので注意です。さらにマヨネーズの危険性についても紹介します。いまや マヨネーズ は食生活に欠かせない調味料。ですが、果たして マヨネーズ は安心な食品なのでしょうか。
マヨネーズは、

マヨネーズ キウイを刻んで混ぜれば、脂肪の分解が早くなる

マヨネーズ 危険性 食べ過ぎは太る

マヨネーズ 危険性 食べ過ぎは太る

世の中には、マヨネーズの熱烈なファンがいて、チャーハンをつくるときにサラダ油の代わりにマヨネーズを使ったり、納豆にマヨネーズを入れたりと、意外な組み合わせを楽しんでいるようです。

まあ、そこまでではなくても、いまやマヨネーズは食生活に欠かせない調味料。ですが、果たしてマヨネーズは安心な食品なのでしょうか。マヨネーズは、植物油と酢を卵黄と一緒に混ぜて乳化状にしたもの。添加物はアミノ酸系調味料ぐらいで、それほど大きな不安はありません。

不安といえば、使っている食用植物油脂が遺伝子組み換え油脂(大豆、なたね、コーン、綿実) かもしれない点。

べに花油を使っているものは、その心配はありません。また近頃では、ノンオイル型や、「卵を入れて混ぜるだけ」というキャッチフレーズの半固体状ドレッシングのマヨネーズタイプも出回っています。

しかし、このタイプは、増粘多糖類などの添加物が使われている不安もあります。さて、安心な食べ方ですが、マヨネーズの脂肪分が気になる人には、キウイやブロッコリーを刻んで混ぜることをおすすめします。
キウイやブロッコリーは体内で抽の分解を早めてくれます。また、マヨネーズタイプの添加物が心配な人は、青のりを混ぜこめばよいでしょう。青のりには乳化剤などの添加物を無毒化する効果があるのです。

調味料

酢 価格の差ほど、うまみ成分や品質に差はない

酢 価格の差ほど、うまみ成分や品質に差はない という情報です。酢 は健康にいいという情報がかなり溢れていますがどれもだいたい合っています。
酢 には、すぐれた殺菌・防腐の効果があります。また、汚染物質を引きだしたり、発ガン性を抑える効果もあるといわれます。ビタミンCを壊す酵素を抑える働きもあります。

酢 添加物の不安ゼロ、発ガン性を抑えるなど優れた健康促進食品

酢 価格の差ほど、うまみ成分や品質に差はない

酢 価格の差ほど、うまみ成分や品質に差はない

酢には、すぐれた殺菌・防腐の効果があります。また、汚染物質を引きだしたり、発ガン性を抑える効果もあるといわれます。ビタミンCを壊す酵素を抑える働きもあります。

このように、酢は食品の安全を守る性質があります。また、酢は天然の降圧剤といわれ、薬と同等の効能もあります。血圧が高めの人は積極的に摂りたい食品でもあります。

種類はいろいろ。「米酢」は、米だけでつくられていると思うかもしれませんが、原材料は米と醸造用アルコール。米だけというのは、「純米酢」というラベル表示のあるものだけです。

「穀物酢」は、米、小麦、コーン、醸造用アルコールでつくられています。原材料のコーンには、遺伝子組み換えの心配もあります。
「黒酢」の色は、アミノ酸が褐変したもの。長い醸造期間中に、しだいにこの褐変が起こるため、品質のよい高級品というイメージがあります。
しかし、価格の差ほど、うまみ成分や品質に差はありません。

穀物酢や米酢など、食酢ランキングはこちら。

かつて、酢の品質をテストしてみたことがあります。たくさんの製品を分析して、アミノ酸(天然のうまみ成分)の数を調べたのです。うまみ成分の多い「上」のランクに入ったものが半数以上。
ところが価格のほうはどうかというと、100 円台 ~ 1800 円と、ずいぶん開きがありました。「中」のランクの酢は3割。価格は 100 円未満 ~ 500 円台のものばかりで、100 円台が大半。
「下」は、やはり 100 円未満 ~ 500 円台。300 円台のものが多かったのは意外でした。こうなると、高いものだから質がよいとは限りません。どれを選ぶかはお好みしだい。なお、酢は添加物の不安はありません。

黒酢 の効能 効果 もおすすめです。

調味料

粉末だし 危険 グルタミン酸Na などの添加物が使われている

粉末だし 危険 たくさんの添加物が使われています。たくさんの添加物が使われている いわゆる粉末だしは、粉末や顆粒を溶かして使うタイプのものです。カツオや煮干しの絵があると、原料の大半がカツオぶしや煮干しと思いがちです。添加物の グルタミン酸ナトリウム の危険性 は見過ごせません。

粉末だし 危険 いっぱい無添加の天然だしに勝るものなし

粉末だし 危険

粉末だし 危険

カツオ風味」「煮干し風味」などの風味調味料、いわゆる粉末だしは、粉末や顆粒を溶かして使うタイプのものです。カツオや煮干しの絵があると、原料の大半がカツオぶしや煮干しと思いがちです。
ところが違うのです。

カツオ風味を例にとっていうと、成分はたいてい、つぎのようなもの。アミノ酸系の調味料(おもにグルタミン酸が3割、砂糖が2割、カツオぶしエキスが1割、カツオぶし粉末が1割。つまり、風味成分よりも、アミノ酸系などの調味料が主体のものが多いのです。

調味料(アミノ酸等)とは 食べものに旨味を与えるための 食品添加物

調味料は一括表記が可能な添加物で、アミノ酸系・核酸系・有機酸系・無機塩に分類されていますが、1番よく使用されるのはアミノ酸系です。アミノ酸系の中にもたくさんの種類の物質があり、数種類掛け合わせて作られた旨味成分が「調味料(アミノ酸等)」と表記されます。
ひとくち食べただけで「おいしい!」と感じさせることができる濃縮された旨味成分です。そのため、ありとあらゆる加工食品に使用されているのではないかと思うほど、よく見かける添加物です。
この味に慣れてしまうことで、本来の味覚が失われてしまうリスクがあります。

JAS でも、風味調味料は、カツオぶしなどの風味成分が一部以上あればよいことになっています。さて、カツオ風味の風味調味料の原材料名を見ればわかるように、添加物はけっこう多いのです。

しかし、私の手元にあるティーバッグ形式の天然だしは、まったくの無添加です。どちらがよいかは一目瞭然。ティーバッグ形式のだし(煮干しの粉末など) は、鍋に放りこんでちょっと煮立てるだけで、本物のだしがとれます。意外に知られていませんが、スーパーなどで簡単に手に入ります。自分でいちいちカツオぶしやこんぶでだしをとるのが面倒な人にはおすすめです。そのかわり、値段は少々割高に。なお、アミノ酸系調味料は塩味を感じにくくするため、どうしても味つけが塩分過剰になりがち。これも、ちょっと問題です。

粉末だしに含まれる グルタミン酸ナトリウム の危険性

1、動物実験でグルタミン酸ナトリウムの摂取により、脳の損傷や目の神経細胞死による失明など神経に対する毒性があるかのような研究報告がありました。
2、中華料理を食べた後に、その中に含まれた調味料として使われたグルタミン酸ナトリウムが原因となって頭痛、発汗などの症状(中華料理店症候群)がみられたという臨床報告がありました。

このグルタミン酸ナトリウムは、ダシだけではなくポン酢やしょう油など様々な加工品にも多く含まれている添加物です。だし粉末にだけ含まれるものではありません。

また、アメリカでは食品衛生法によって、ベビーフードなど一部の食品にはグルタミン酸ナトリウムの使用を禁止している物もあります。

2002年に弘前大学医学部の研究グループが「高濃度のグルタミン酸ナトリウムが緑内障の原因になる可能性がある」と、動物実験(ラット)の報告を発表しました。

2006年に、米国国立医学図書館と米国国立衛生研究所が運営する健康情報サイト「The Medlineplus Medical Encyclopedia」においてグルタミン酸ナトリウムは「偏頭痛を起こす物質」に指摘されています。

米国食品薬品局では、「3g以上の摂取をしたヒトで、頭痛などの軽い症状を引き起こした例があるが、一食あたりのグルタミン酸ナトリウムの使用量は0.5g以下であり、通常摂取では安全である」という報告をしています。しかし、グルタミン酸ナトリウムは口にすべきではないことは言うまでもありません。

調味料

安全な無添加 粉末だし

添加物のつかわれていない 安全 安心の 無添加 粉末だし もあります。理研ビタミンの「素材力こんぶだしのもと」には、L・グルタミン酸Naが添加されていないので、まろやかな本来のだしの味になっています。昆布粉末は北海道の昆布を使用し、上品な香りとうまみにこだわりました。化学調味料、食塩は一切加えておりません。

L-グルタミン酸Na不使用でだし本来の味 理研ビタミン 素材力こんぶだしのもと