調味料」カテゴリーアーカイブ

即席味噌汁 発泡スチロールカップに環境ホルモン

即席味噌汁 発泡スチロールカップに環境ホルモン の危険性があります。カップ入りみそ汁の場合は、紙カップを選ぶことです。発泡スチロールの場合、熱湯を注いだときに環境ホルモンが溶けでる不安があるので要注意。

即席味噌汁 紙カップのものを選べば、問題なし!塩分もやや多いので減塩タイプ

即席味噌汁 発泡スチロールカップに環境ホルモン

即席味噌汁 発泡スチロールカップに環境ホルモン

お湯を入れてかき混ぜるだけの即席みそ汁。簡単にみそ汁の豊かな味わいが楽しめるとあって、けっこう売れています。食品添加物は「調味料(アミノ酸等)」と「酒精」(アルコール)ぐらいで、不安点はありません。

心配といえば、塩分が濃いめなこと。そこで、栄養成分の表示がついていて、塩分が 10 % 以下とわかるものを選ぶのがポイントです。

カップ入りみそ汁の場合は、紙カップを選ぶことです。発泡スチロールの場合、熱湯を注いだときに環境ホルモンが溶けでる不安があるので要注意。

また、塩分の害を減らすカリウムを多く含む具のみそ汁を選べば安心。前述したもの以外では、たとえば、わかめ、ほうれんそう、納豆、油揚げなどを使ったものを。

油揚げ には揚げ油に添加物が多い場合があり注意します。

もっとも、これらの具が入っていても、使っている量が少ないので、さらにわかめ(カットわかめで十分) を加えることをおすすめします。また、カリウムの多い具がもともと入っていない即席味噌汁には、必ずわかめや油揚げ、ゆば、干ししいたけなどを加えるようにしましょう。
即席味噌汁 で安全性を高めるには フリーズドライ で無添加のものをお椀に入れて食べるようにすればいいでしょう。

調味料

味噌汁を手作りしている方は味噌の原材料にも注意しましょう。
丁寧な製造で仕上げた日本海味噌醤油の 「 雪ちゃんのに日本海こうじみそ 」

だしいりのみそ 塩分過多のものあるので注意する

だしいりのみそ 塩分過多のものあるので注意する という情報です。みそ汁は日本人には欠かせい和食のメニューのひとつです。残留農薬などは製造過程でほとんどとり除かれますが、遺伝子組み換え大豆かもしれない不安が残ります。

だしいりのみそ わかめ、じゃがいもには塩分の害を減らすカリウムやヨードが含まれる

だしいりのみそ

だしいりのみそ

みそは日本人の食生活に欠かせない伝統的な食品です。以前は漂白剤の「亜硫酸塩」などを使ったものもありましたが、いまは添加物の不安はありません。

選ぶときに大切なのは、パッケージの表示の見抜き方です。「国産大豆使用」とあっても、実際は輸入大豆も合わせて使っている場合がほとんどです。

残留農薬などは製造過程でほとんどとり除かれますが、遺伝子組み換え大豆かもしれない不安が残ります。
そこで、「国産大豆 100 % 」のものを選べば大丈夫です。「純正」という表示もよく見かけますが、これは、保存料や漂白剤を使つていないという意味です。しかし、いまのみそは添加物を使わないものがほとんどで、もともと、どのみそも純正といえるのです。

「無添加」の表示は、添加物はもちろん、発酵をとめる酒精( アルコール)も使っていないもの。「生みそ」は、酒精を添加せず、加熱もせず、酵母を生きた状態でパックしたもの。価格の割には味にそれほど差はありません。「天然醸造」は、自然の気温で1一年ぐらいかけて発酵させたものです。しかし、実際は3ヶ月ぐらいの速醸のみそがほとんどで、本物の天然醸造がどれだけあるかは疑問です。アミノ酸などの調味料を加えた「だし入りみそ」は、かなり塩分が高いものを見かけます。

栄養成分を見て、食塩が 100 gあたり12 % 未満のものを選ぶとよいでしょう。

みそ汁が、日本人の塩分摂りすぎの原因のようにいわれたこともありましたが、いまは、辛口みそで12 ~ 13 % ぐらいで、かなり塩分を抑えてあります。気になる人は、成分表示を確かめて、10 % 前後のものを選びましょう。「薄塩」「減塩」と表示されていても、基準とする数字があいまいなので、当てにはなりません。調味料

乳がんを抑制するみそ | ガンの予防対策と増殖抑制作用を高める
https://malignant-tumor.com/archives/112

即席味噌汁 発泡スチロールカップに環境ホルモン

ファットスプレッド マーガリンより脂肪が少ない

ファットスプレッド はマーガリンより脂肪が少ないのでマーガリンに代わって登場。マーガリンは脂肪分が80 % 以上なのに ファットスプレッド は35 ~ 75 % と低め。

力ビやすいので保管は冷蔵庫できちんと行なう

ファットスプレッド マーガリンより脂肪が少ない

ファットスプレッド マーガリンより脂肪が少ない

脂肪分をかなり抑えた ファットスプレッド が、マーガリンに代わって登場。マーガリンは脂肪分が80 % 以上なのに ファットスプレッド は35 ~ 75 % と低め。

不安な添加物は、まずありません。「リノール酸の多い べに花油 使用 と銘打ったものもあり、一時だいぶもてはやされました。しかし、最近ではリノール酸の過剰摂取はよくないという説もあります。

パンにはいつも ファットスプレッド というのは避けるべきです。同じものの摂りすぎは、いずれにしてもあまりよくありません。

ときどきはバターを使いましょう。バターにも安心の製品 があります。なお、ファットスプレッドは脂肪分が少なく、水分が多い。保存料も使っていないので、マーガリンよりもカビやすいです。きちんと冷蔵庫で保管しましょう。
その他  調味料