調味料」カテゴリーアーカイブ

砂糖 過剰摂取はカルシウム不足の原因になる

砂糖 過剰摂取はカルシウム不足の原因になる ので注意しなければいけません。問題点は、砂糖を摂りすぎると、ムシ歯の原因になる。ビタミンB1 不足になりやすい。カルシウムが不足。 血液中に中性脂肪が増え、肥満、動脈硬化になりやすいことなどがあげられます。

砂糖 不使用 の表示でも、パラチノースやオリゴ糖などが含まれている

砂糖 過剰摂取はカルシウム不足の原因になる

砂糖 過剰摂取はカルシウム不足の原因になる

砂糖 にはさまざまな種類があります。せいせい「精製糖」。サトウキビから煮だした糖液を濃縮し、遠心分離器で蜜を分離して精製したもの。

「三温糖」。完全に精製された砂糖液から白砂糖を繰り返しつくり、残った液を結晶させたもの。

褐色の色は、精製の途中で熱を加えることでできたもの。ミネラルが多いわけではなく、健康によい根拠はありません。「キビ砂糖」。サトウキビの液を脱色・精製しないまま煮詰めたもの。原液の養分とミネラルをたくさん含んでいるといわれていますが、ごくわずかです。

「テンサイ糖」。砂糖だいこん(ビートまたはテンサイともいう) の汁を煮詰めて精製したもの。

「黒砂糖」。サトウキビを搾った汁に石灰を加え、濾して煮詰めて固まらせたもの。カルシウム、鉄分の量は砂糖の中では一番。いずれも、添加物の心配はありません。

ところで、糖分は 1 日当たり、大人で50 g 子どもで 30 g 以下が望ましいといわれています。健康を考えた 1 日の量を考えると、砂糖からミネラルを摂るのはムリがあります。
ということは、どの砂糖を選んでも、さほど違いはないということ。ここで、砂糖のよい点をあげてみましょう。体の中に入ると、すぐにエネルギーになるので、疲れをとるのに即効性があります。

素早く吸収されて、脳の働きを活発にするエネルギー源としても大切な役割を果たしています。そのほか、防腐性、浸透性、ゼリー化など、いろいろと効果を発揮します。

問題点は、砂糖を摂りすぎると、ムシ歯の原因になる。ビタミンB1 不足になりやすい。カルシウムが不足。 血液中に中性脂肪が増え、肥満、動脈硬化になりやすいことなどがあげられます。
甘いものはなぜやめられない?もとても興味深いところです。

砂糖は体にとって必要な成分だけれど、摂りすぎると、いろいろと問題がありそう。安心な食べ方は、糖分控えめということにつきます。なお、飲料水などに記載されている「無糖」「糖分ゼロ」「ノンシュガー」「シュガーレス」「シュガーフリー」は、すべて同じ意味。糖分はほとんど含まれていません。
ところが、「砂糖不使用」とくれば、砂糖は使っていないけれど、パラチノースやオリゴ糖などを使っているということです。うっかり糖分が入っていないと勘違いしないように。

調味料

塩 危険 摂りすぎはガンの原因にもなる 血圧にも悪影響

塩 危険 摂りすぎはガンの原因にもなるので注意です。塩分過多は血圧にも悪影響を及ぼします。現代人は塩分摂取が過剰です。注意しなければいけません。

塩 危険 を避けるには質にこだわるよりも、量を抑えることが重要

塩 危険 ガンの原因にもなる

塩 危険 ガンの原因にもなる

最近は、健康ブームの影響もあり、さまざまな 自然塩 が出回っています。どの塩も、食品添加物などの不安はありません。食塩 は、イオン交換膜製法でつくられています。

これは、海水に溶けているプラスイオンのナトリウムとマイナスイオンの塩素を電気的に海水から集めて、ナトリウム塩素とするものです。塩化ナトリウム分が高く ( 99 % ) 、昔の塩のようにマグネシウム、カルシウム、カリウムといったミネラル分(にがり分) はほとんど含まれていません。「天日塩」は、オーストラリアやメキシコの塩田で海水を自然乾燥させた天日塩を輸入。水に溶かし、不純物をとり除いて再生したものです。

地域名をつけて●●塩とうたった塩も売られています。しかし、実際にその地域で、塩田法にのっとってつくられた自然塩は、ほとんどないと考えてよいでしょう。

また、最近、海洋探層水塩が話題になっています。海洋学で海洋深層水といえば、探さ 300 ~ 500 m 程度の海水のことですが、現在、一般的には深さ 300 m 程度の水を指しているようです。

さて、世間でいわれているように、この海洋深層水塩は、自然塩の中でもっとも効率的にミネラル(カルシウムとマグネシウム) を補給できるのでしょうか。

私たちの 1 日の食塩の摂良(塩分とは違う) を、多くても 2 g とします。その 2 g を深層水塩で摂ると、カルシウムの摂取良は成分計算から 31 mg となります。
これは、30 ~ 49 歳の日本人栄養所要量である 600 mg の 200 分の 1 です。含有量が多いといわれるマグネシウムでも、1 日栄養所要量の約 13 分の 1 にしかならないのです。このように考えてみると、塩からミネラル分を補おうとするには無理があるのがわかります。

どのタイプの塩を選んでもさほど変わりはありません。あとは、味などの好みの問題でしょう。高いお金を出してまで選ぶ意味は小さいと思います。栄養については、ミネラルの心配をするより、塩の摂りすぎに注意することのほうが大切ではないかと思います。

食塩の摂取を注意することも大事ですが、摂りすぎてしまった際には 塩分を排泄するためのカリウム がおすすめです。カリウムは生の果物や野菜に多く含まれます。ゆでたり、火を通すとカリウムは抜けてしまうので生で食べるのがいいでしょう。

にがり成分を含む 伯方塩業 「 伯方の塩 」

調味料

塩分摂取量は 1 日8 g までに抑える (塩分の多い食品には注意)

焼き肉のたれ 危険 直火の高温で加熱すると、発ガン物質に変化する恐れも

焼き肉のたれ 危険 直火の高温で加熱すると、発ガン物質に変化する恐れも焼き肉のたれ を選ぶときのポイントはただ 1 点。原材料名に、「 調味料(アミノ酸等) 」の表示がないものを選びましょう。焼き肉のたれ を選ぶ際の注意点です。いわゆるうまみ調味料と言われるものでグルタミン酸ナトリウムです。

焼き肉のたれ 危険  安全のポイントは 「 グルタミン酸ナトリウム 」 を含まない「 たれ 」を選ぶ

焼き肉のたれ 危険

焼き肉のたれ 危険

焼き肉のたれ を選ぶときのポイントはただ 1 点。原材料名に、「 調味料(アミノ酸等) 」の表示がないものを選びましょう。
アミノ酸系の調味料はグルタミン酸Na が主体ですが、直火の高温で加熱されると、発ガン物質をつくる不安があります。

とくに、グルタミン酸Na と植物油が一緒になると、あまり高温でなくても発ガン物質ができるともいわれています。安心して食べるには、手づくりのたれをつくり、アミノ酸系調味料(成分にグルタミン酸Na) を入れないこと。

ただ、フライパンで「妙めて」しまう場合は、よほど高温(煙が出るほど) にしないかぎり大丈夫です。つまり、本格的にバーベキューグリルや綱で焼くときは、くれぐれもご注意を。

うま味調味料の主成分であるグルタミン酸ナトリウムを多く含む中華料理を食べると、脱力感が起きたり、動悸が起こるなど、いわゆる「中華料理症候群」という症状が起きるという報告も過去にありました。これについて、JECFA(国際連合食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO) の合同食品添加物専門家会議)をはじめとする国際的な機関で様々な調査がされました。これらの結果から、現在は、「中華料理症候群」とグルタミン酸ナトリウムの摂取との間に明確な関係は認められないという結論に達しています。
なお、砂糖や塩など他の食品同様、一般的な食生活のバランスから、摂り過ぎには注意が必要です。

化学調味料、保存料、着色料、動物性原料 不使用!

水を使わず非加熱製法(無添加調理製法)で旨みをそのまま引き出しました。良質、無添加のこだわりの焼肉のたれです。化学調味料、合成保存料、着色料、動物性原料無添加です。クセのない自然な味わいでお肉や野菜の味を引き立たせます。独自の製法で無添加なのに満足していただける味に仕上がりました。

『つけたれ』や『もみたれ』はもちろん、『野菜炒め』『ギョーザのたれ』など、お好みに応じてご利用できる万能調味料としてお使いいただけます。ビーフとコーンを焼肉のたれが美味しく併せてくれるペッパービーフコーンライスがおススメです!


万能調味料 濃厚 焼肉のタレ 焼肉タレ 焼き肉 ボトル たれ タレ やきにく こだわりのたれ 手作り 焼き肉のたれ 焼き肉 生だれ 非加熱 まとめ買い 化学調味料無添加 保存料無添加

水を使わず非加熱製法(無添加調理製法)で旨みをそのまま引き出しました。良質、無添加のこだわりの焼肉のたれです。化学調味料、合成保存料、着色料、動物性原料無添加です。クセのない自然な味わいでお肉や野菜の味を引き立たせます。独自の製法で無添加なのに満足していただける味に仕上がりました。

『つけたれ』や『もみたれ』はもちろん、『野菜炒め』『ギョーザのたれ』など、お好みに応じてご利用できる万能調味料としてお使いいただけます。ビーフとコーンを焼肉のたれが美味しく併せてくれるペッパービーフコーンライスがおススメです!

名称 焼肉のたれ
原材料名 醤油(国内製造)、砂糖、本みりん、ごま油、米酢、にんにく(国産)、すり胡麻、香辛料、(一部に小麦、大豆、ごまを含む)
内容量 450g × 3本
賞味期限 製造日より240日
※実際にお届けする商品の賞味期間は在庫状況により短くなりますので何卒ご了承ください。
栄養成分表示
(100gあたり)
熱量:159kcal、たんぱく質:5.0g、脂質:4.4g、炭水化物:24.8g、食塩相当量:11.9g
保存方法 直射日光を避け冷暗所で保存してください。
使用上のご注意 ・開封後は冷蔵庫で保存してお早めにお召し上がりください。
・よく振ってからご使用ください。
アレルギー物質 小麦、ごま、大豆
製造者 有限会社味研

調味料