調味料」カテゴリーアーカイブ

だしいりのみそは塩分過多のものあるので注意する

わかめ、じゃがいもには塩分の害を減らすカリウムやヨードが含まれる

みそは日本人の食生活に欠かせない伝統的な食品です。以前は漂白剤の「亜硫酸塩」などを使ったものもありましたが、いまは添加物の不安はありません。
選ぶときに大切なのは、パッケージの表示の見抜き方です。「国産大豆使用」とあっても、実際は輸入大豆も合わせて使っている場合がほとんどです。

残留農薬などは製造過程でほとんどとり除かれますが、遺伝子組み換え大豆かもしれない不安が残ります。
そこで、「国産大豆100%」のものを選べば大丈夫です。「純正」という表示もよく見かけますが、これは、保存料や漂白剤を使つていないという意味です。しかし、いまのみそは添加物を使わないものがほとんどで、もともと、どのみそも純正といえるのです。

「無添加」の表示は、添加物はもちろん、発酵をとめる酒精( アルコール)も使っていないもの。「生みそ」は、酒精を添加せず、加熱もせず、酵母を生きた状態でパックしたもの。価格の割には味にそれほど差はありません。「天然醸造」は、自然の気温で1一年ぐらいかけて発酵させたものです。しかし、実際は3ヶ月ぐらいの速醸のみそがほとんどで、本物の天然醸造がどれだけあるかは疑問です。アミノ酸などの調味料を加えた「だし入りみそ」は、かなり塩分が高いものを見かけます。

栄養成分を見て、食塩が100gあたり12%未満のものを選ぶとよいでしょう。

みそ汁が、日本人の塩分摂りすぎの原因のようにいわれたこともありましたが、いまは、辛口みそで12~13%ぐらいで、かなり塩分を抑えてあります。気になる人は、成分表示を確かめて、10%前後のものを選びましょう。「薄塩」「減塩」と表示されていても、基準とする数字があいまいなので、当てにはなりません。

乳がんを抑制するみそ | ガンの予防対策と増殖抑制作用を高める
https://malignant-tumor.com/archives/112

過剰摂取はカルシウム不足の原因になる「砂糖」

「砂糖不使用」の表示でも、パラチノースやオリゴ糖などが含まれている

砂糖にはさまざまな種類があります。せいせい「精製糖」。サトウキビから煮だした糖液を濃縮し、遠心分離器で蜜を分離して精製したもの。

「三温糖」。完全に精製された砂糖液から白砂糖を繰り返しつくり、残った液を結晶させたもの。

褐色の色は、精製の途中で熱を加えることでできたもの。ミネラルが多いわけではなく、健康によい根拠はありません。「キビ砂糖」。サトウキビの液を脱色・精製しないまま煮詰めたもの。原液の養分とミネラルをたくさん含んでいるといわれていますが、ごくわずかです。

「テンサイ糖」。砂糖だいこん(ビートまたはテンサイともいう) の汁を煮詰めて精製したもの。

「黒砂糖」。サトウキビを搾った汁に石灰を加え、濾して煮詰めて固まらせたもの。カルシウム、鉄分の量は砂糖の中では一番。いずれも、添加物の心配はありません。

ところで、糖分は1日当たり、大人で50g、子どもで30g以下が望ましいといわれています。健康を考えた1日の量を考えると、砂糖からミネラルを摂るのはムリがあります。
ということは、どの砂糖を選んでも、さほど違いはないということ。ここで、砂糖のよい点をあげてみましょう。体の中に入ると、すぐにエネルギーになるので、疲れをとるのに即効性があります。

素早く吸収されて、脳の働きを活発にするエネルギー源としても大切な役割を果たしています。そのほか、防腐性、浸透性、ゼリー化など、いろいろと効果を発揮します。

問題点は、砂糖を摂りすぎると、ムシ歯の原因になる。ビタミンBl不足になりやすい。カルシウムが不足。 血液中に中性脂肪が増え、肥満、動脈硬化になりやすいことなどがあげられます。
甘いものはなぜやめられない?もとても興味深いところです。

砂糖は体にとって必要な成分だけれど、摂りすぎると、いろいろと問題がありそう。安心な食べ方は、糖分控えめということにつきます。なお、飲料水などに記載されている「無糖」「糖分ゼロ」「ノンシュガー」「シュガーレス」「シュガーフリー」は、すべて同じ意味。糖分はほとんど含まれていません。
ところが、「砂糖不使用」とくれば、砂糖は使っていないけれど、パラチノースやオリゴ糖などを使っているということです。うっかり糖分が入っていないと勘違いしないように。

ガンの原因にもなる「塩」

質にこだわるよりも、量を抑えることが重要

最近は、健康ブームの影響もあり、さまざまな自然塩が出回っています。どの塩も、食品添加物などの不安はありません。「食塩」は、イオン交換膜製法でつくられています。

これは、海水に溶けているプラスイオンのナトリウムとマイナスイオンの塩素を電気的に海水から集めて、ナトリウム塩素とするものです。塩化ナトリウム分が高く(99%)、昔の塩のようにマグネシウム、カルシウム、カリウムといったミネラル分(にがり分) はほとんど含まれていません。「天日塩」は、オーストラリアやメキシコの塩田で海水を自然乾燥させた天日塩を輸入。水に溶かし、不純物をとり除いて再生したものです。

地域名をつけて●●塩とうたった塩も売られています。しかし、実際にその地域で、塩田法にのっとってつくられた自然塩は、ほとんどないと考えてよいでしょう。

また、最近、海洋探層水塩が話題になっています。海洋学で海洋深層水といえば、探さ300~500m程度の海水のことですが、現在、一般的には深さ300メートル程度の水を指しているようです。さて、世間でいわれているように、この海洋深層水塩は、自然塩の中でもっとも効率的にミネラル(カルシウムとマグネシウム) を補給できるのでしょうか。

私たちの1日の食塩の摂良(塩分とは違う) を、多くても2gとします。その2gを深層水塩で摂ると、カルシウムの摂取良は成分計算から31mgとなります。
これは、30~49歳の日本人栄養所要量である600mgの200分の1です。含有量が多いといわれるマグネシウムでも、一日栄養所要量の約13分の1にしかならないのです。このように考えてみると、塩からミネラル分を補おうとするには無理があるのがわかります。

どのタイプの塩を選んでもさほど変わりはありません。あとは、味などの好みの問題でしょう。高いお金を出してまで選ぶ意味は小さいと思います。栄養については、ミネラルの心配をするより、塩の摂りすぎに注意することのほうが大切ではないかと思います。

食塩の摂取を注意することも大事ですが、摂りすぎてしまった際には塩分を排泄するためのカリウムがおすすめです。カリウムは生の果物や野菜に多く含まれます。ゆでたり、火を通すとカリウムは抜けてしまうので生で食べるのがいいでしょう。