主食類」カテゴリーアーカイブ

おにぎり 危険性 添加物が多い お弁当やおにぎりには注意

おにぎり 危険性 添加物が多い ことです。お弁当やおにぎりには注意しなければいけません。便利なスーパーやコンビニのお弁当やおにぎりですが不安な添加物の宝庫です。
どうしても頻繁にお弁当を買ってしまう、という人は、サラダや味噌汁を一緒に食べるようにしましょう。時間がないときなどは、お弁当を購入せずに おにぎり ですませてしまう人も多いと思います。おにぎりなら安全なのではとイメージしている人もいるかもしれませんがおにぎりも危険です。

職場で食べるなら、味噌汁はインスタントのものでも大丈夫です。これらに含まれる食物繊維やビタミンC、カルシウムなどが添加物の害を防いだり、減らしてくれます。おにぎりだけを食べるのでは体に添加物が蓄積してしまいます。

おにぎり 危険 手軽でも頻繁に食べないほうがよい 添加物が多い お弁当やおにぎり

おにぎり 危険 添加物が多いお弁当 やおにぎり

おにぎり 危険 添加物が多いお弁当 やおにぎり

忙しく毎日を過ごしている人には、とても便利なお弁当類やおにぎり。コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで、気軽に購入することができるし、大人も子供も問わず、ずいぶん多くの人が利用することでしょう。

しかし、これらは、裏の表示をみるとわかるように、不安な添加物の宝庫なのです。コンビニにとっておにぎりはドル箱です。そうです。売れ筋商品は儲けるためのあらゆるからくりが潜んでいます。

おにぎりやコンビニ弁当などによく使われている添加物には

  • グリシン
  • pH調整剤
  • 調味料(アミノ酸)
  • 増粘多糖類

などがあります。おにぎりによくついているおかずのからあげやハンバーグ、カツなどには脂肪分が多いし、実はあまり質の良くない油が使われています。

また、塩分も割と多く、全体的に味つけが濃くなっています。最近のお弁当類は健康志向でつくられているものも増えましたが、やはり野菜が少なめです。

お弁当は容器もリスク

そして、お弁当というとだいたいプラスチックの容器に入っていますが、持ち帰り弁当の容器には、ポリカーボネート製がよく見られます。 ビスフェノールA という環境ホルモンが溶け出す恐れがあるので、その容器のままレンジで温めてはいけません。
ちょっと面倒でも、お皿などに移してから温めましょう。
ビスフェノールA について詳しくはこいら。

おにぎりやお寿司のごはんものに使われる保存料

ご飯ものといえば、おにぎりやお寿司もあります。こういったものにも、ソルビン酸という保存料やタール系色素という着色料、ステビア、グリシンという甘味料など、多くの添加物が使われています。
忙しさのあまり、ゆっくり味わって食べていられないという人もいるでしょうが、こうした手軽なものは、健康のためには良いとはいえません。ですから、できることなら頻繁には食べないほうがよいでしょう。

安全 安心 おにぎり 有機 JAS 発芽 玄米 おにぎり (90g×2 入り) X12個 セット (1cs) (国産 有機 発芽 玄米 100% 使用) (コジマフーズ オーガニック organic)


<保存方法>高温、多湿、直射日光を避けて常温で保存してください。フィルム表面の水滴は衛生上問題ありません。<取り扱い上の注意>強いショックを与えないでください。袋に傷がつくと、そこから空気が入り、カビ発生の原因となります。調理後はやけどにご注意ください。

それでもお弁当 おにぎりを買う機会が多い人

それでも、どうしても頻繁にお弁当を買ってしまう、という人は、サラダや味噌汁を一緒に食べるようにしましょう。職場で食べるなら、味噌汁はインスタントのものでも大丈夫です。これらに含まれる食物繊維やビタミンC、カルシウムなどが添加物の害を防いだり、減らしてくれます。
味噌は放射線を防御する力があります。

主食類

お米 偽表示に注意が必要

お米 偽表示に注意が必要 です。偽表示は消費者は防ぎようがないと思いますが、だまされないためのお米の選び方を紹介します。
例えば、「○○産こしひかり100%」と表示されているお米が販売されていたとします。しかし、実際には、このお米はいくつかの産地の混合米だった、という話しを聞いたことはないでしょうか。

私たち日本人の主食であるお米ですが、安心なお米を食べていますか?

お米 偽表示に注意が必要

お米 偽表示に注意が必要

残念ながら、ブランド米100%の表示を信用している消費者は、それほどいないかもしれません。

安全でおいしいお米を選ぶ方法は次の3つです。

  1. 栽培責任者がはっきりわかるお米を選びましょう。
  2. 「DNA鑑定で品種管理している」などと表示されているお米を選びましょう。
  3. 「新米」と表示してあるお米を選びましょう。

なお、農薬などでお米のモミや外皮が汚染されている不安があるかもしれませんが、精米の段階で取り除くことができるので、それほど心配はいりません。

心配なのは、除草剤です。除草剤が土から吸収されて、お米の粒に残っている可能性があります。ただ、除草剤は水に溶ける性質があるので、次のようにすることで、不安を一掃して食べることができるのです。

まずは、お米を研いだらしばらく水につけておきます。時間の目やすは、夏場は30分、冬場なら1時間~1時間30分くらいです。これで、除草剤が水の中に溶け出していきます。次に、つけておいた水はいったん捨て、お米と同量の新しい水を入れて炊きます。同量なのはなぜかというと、つけおきしている間にお米が水を吸うからです。現在の電気釜にはきちんと目盛りがついているので大丈夫ですが、炊飯時の水の量はお米の2割増しというのが基本です。

さきほどのお米の吸水割合はほぼ2割なので、その分を引いて、同量の水でちょうど良くなります。

新米については、その年の秋に収穫されてから翌年の梅雨の時期までのお米が新米と表示されます。では、これらをすべて信用してよいのかというと疑問が残るのですが、どうしたら本当の新米を選ぶことができるのか、次に挙げます。

お米の入った袋の全部または一部が透明であり、中のお米が見えるものを選びます。良い新米にはツヤがあって、腹白米が少ないのです。ですから、部分的に白くなっている腹白米が多いものは避けましょう。

主食

菓子パン サンドイッチ 具材に添加物が多く含まれている

菓子パン サンドイッチ 具材に添加物が多く含まれている ので注意しなければいけません。
手軽に食べることができるので、早く済ませたい昼食やちょっと小腹が空いたときなど、また子供のおやつに、菓子パンを食べることもあるでしょう。

どこでも買えるし、最近のパン類は見た目にもおいしそうだし、つい手を伸ばすこともあります。しかし、こういったパン類にも、添加物はけっこう使われているのです。

菓子パン サンドイッチの不安

菓子パン サンドイッチ 具材に添加物が多く含まれている

菓子パン サンドイッチ 具材に添加物が多く含まれている

食べる機会が多くなった菓子パン サンドイッチ のそれぞれの不安についてです。

菓子パンの不安

クリームパンやチョコクリームパンには、中のクリームやチョコレートが腐敗するのを防ぐためのソルビン酸K という保存料をはじめ、添加物がいろいろ使用されています。

ほかにも、ソーセージやカレー入りのパン、ピザ風のパンなどの調理パン類がありますが、こういったパンにも同じように保存料や添加物が使われています。

しかし、なかにはほとんど添加物が使われていないパンもありますから、やはり、パッケージの表示をよく確認することが大事です。

比較的安心なのは、あんパンです。それは、あんこのもとのあずきに腐敗を防ぐ働きがあって、保存料を使う必要がないからです。

それなら、街のパン屋さんのできたてのパンなら安心、思うかもしれません。確かに、スーパーマーケットやコンビニエンスストアに並べられているパンと比べると、保存料の面では安心かもしれません。ただ、パン屋さんのパンはパックされていないものが多く、それらには表示の義務はありませんので、まったく問題なしとはいえないのです。

サンドイッチの不安

お総菜系からスイーツ系までさまざまな種類の具材が挟まれているサンドウィッチ。こちらも、昼食やおやつに食べる人が多いでしょう。

原材料名を見てみると、このサンドイッチにも、添加物がいろいろ使われています。心配なのはパン生地よりも具材のほうです。よくあるのは、グリシンという添加物。グリシンはさまざまな加工食品に使われているものですが、調味料として、保存料として、酸化防腐剤として、など、使う目的も多いのです。

不安が指摘されているものですから、できれば避けたいところです。時間があるようなら、好きな具材をたくさん挟んだサンドイッチを手作りするのが一番安心ですね。

主食類