「菓子類」カテゴリーアーカイブ

リノール酸には注意「食用植物油」

揚げ物なら酸化に強い「オレイン酸」がおすすめ

食用植物油で不安な点は、原材料が遺伝子組み換え食品の可能性があること。大豆、なたね、コーン、綿実の油だと、遺伝子組み換えの不安があります。
「オリーブ油」「べに花油」「米ぬか油」「ごま油」なら不安はありません。不安のもう1点。これまで安全な植物油の代名詞としてもてはやされてきた「リノール酸」に、ちょっと疑問が出てきたこと。

  1. リノール酸は、悪玉コレステロールの値を下げるだけでなく、善玉コレステロールも下げてしまう。
  2. 血栓や脳卒中などを起こしやすい。
  3. 酸化しやすく、発ガン性があり、老化の原因物質ともいわれる活性酸素を発生させかねない。

このように、いろいろ不安点を指摘されるようになりました。ちなみに、リノール酸は、べに花油や大豆油、綿実油、コーン油などにたくさん含まれています。
代わって脚光を浴びているのが「オレイン酸」。オリーブ油にとても多い成分です。料理にオリーブ油を使う地中海沿岸地方の人には動脈硬化が少ない。
イタリア料理などは、どれもこれも脂肪たっぷりなのに点。
その秘密がオレイン酸にあるらしいことがわかってきました。しかも、何度使っても酸化しないのです。「α・リノレイン酸」も注目されています。脳の働きに関係するDHA 、脳梗塞や心筋梗塞などを予防するEPA 働きがあるというのです。

血栓の予防にEPA・DHA
https://more-supplement.info/use/archives/30

ところが、オレイン酸も、研究が進むにつれて、やはり健康への害が指摘されてきました。

何ごともバランスが大事ということです。そこで登場してきたのが「機能性植物油」。ヘルシーなイメージが強い植物油、リノール酸、オレイン酸、α・リノレイン酸に、厚生省の指針に基づく割合で脂肪酸を配合した植物油です。

また、「体に脂肪がつきにくい」植物油が、厚生労働省の特定保健用食品の指定を受け、肥満や生活習慣病の予防に役立つとして売りだされました。このほか、「においがつきにくい油」「台所の汚れが6分の1になる油」など、使いやすさを売りものにした植物油も出回っています。

しかし、これらの原材料のほとんどが、大豆、なたね、コーンなので、国内産100%とうたっているもの以外は遺伝子組み換えの不安が残ります。食用植物油を生で使うなら、熱に弱いリノール酸含有率の高い抽でもかまいませんが、揚げたり、妙めたりして使うなら、オレイン酸含有率が高い「オリーブ油」「新べに花油(オレイン酸を高くした油)」「米ぬか抽」「なたね油」などがよいでしょう。また、「ごま油」もセサミノールという成分が熱による酸化を防ぐので、揚げ油に適しています。

着色料や甘味料が心配な和菓子・洋菓子

和菓子や洋菓子というのはけっこうバラで売っているものが多いためか、表示を見ることができないお菓子もあって、添加物についてはあまり気にしていない人がいるかもしれません。それより、お菓子好きな人なら、ショーケースに並んだ色とりどりのお菓子を見ていると、幸せな気持ちになるものです。

しかし、美味しそうなお菓子に気をとられ、油断してはいけません。これらの和菓子や洋菓子にも、添加物が使われているものも多いのです。

和菓子によく使われている添加物で心配なものといえば、まず着色料でしょう。なかでも、タール系色素といわれる、数字のついた着色料です。芸術作品のようなきれいなお菓子ですが、あの色は着色料のものです。それから、安全性がはっきりとは確認されていないという甘味料の「トレハロース」が使われています。

洋菓子の添加物で心配なものには、「カラギーナン」というゲル化剤や安定剤があります。また、乳化剤や増粘多糖類など一括で表示されていて、実際に何が入っているのかがよくわからないものもあるのです。

もちろん、添加物がまったく使われていない和菓子・洋菓子もあります。原材料名の表示があったら、内容をよく確認するようにしましょう。

お茶やコーヒーと一緒に食べると安心

さて、和菓子にはお茶、洋菓子にはコーヒーがよく合いますが、この組み合わせで食べるのは、実はとても良い食べ方で安全につながります。

お茶に含まれるカテキンやコーヒーに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があり、添加物によって発生する活性酸素の害を消してくれるのです。

コレラO157、インフルエンザにも効くカテキンの強力な作用

噛みすぎ食べすぎに注意が必要なチューインガム

皆さんは、よくガムを噛むでしょうか?気分をリフレッシュしたいとき、眠気を覚ましたいとき、口臭が気になるときなど、さまざまなシーンでガムを噛むことと思いますが、チューインガムにも、けっこう危険があります。

添加物は、ほとんどのガムに割と多く使われています。なかでも、「軟化剤」というのが気になります。この軟化剤は噛み心地を良くするために使われている添加物なのですが、パッケージには一括表示されていることが多く、添加物名が具体的にはわかりません。

これらの添加物は、味が無くなっても噛んだままでいると、溶け出してくる心配があります。味が無くなると不味いし、長く噛むのがクセになっている人は注意が必要です。

人工甘味料にも気をつける

現在では、砂糖不使用のシュガーレスガムが増えています。店頭に並んでいるものの多くは、シュガーレスガムです。シュガーレスガムは、噛むことで空気を含みお腹にガスをためこみます。また、人口甘味料によってさらにお腹を膨れさせて、下痢などの症状を引き起こすことがあります。

不安があるものには、人工甘味料のアステルパームという化合物が使われたりしています。そして、砂糖が使われていなくても、カロリーはゼロではないことを覚えておきましょう。

人口甘味料が身体に良くないというのは多くの人に知られていると思いますが、ガムのようにひとつが小さく、体に悪影響を与えなさそうな食べものが案外盲点となっています。

キシリトールという甘味料は虫歯になりにくいとされていますが、そのガムを噛むことで虫歯が予防できるわけではありません。キシリトールはその清涼感から、つい、たくさん食べてしまいがちですが、多く摂取している人は、少し気をつけましょう。

着色料が不安なキャンディ

子供には添加物が少ないものを

キャンディといわれるものは、主原料が水飴(みずあめ)や砂糖です。そして、これらを高温で煮詰めたものがドロップや飴玉で、逆に低温で煮詰めたものがキャラメルとなります。

現在ではどちらも、添加物に関しては安心なものが増えています。例えば、とてもカラフルなドロップでも、タール系色素という着色料はそれほど使用されなくなって、ほとんどが、天然のもので心配がない着色料に変わっています。

しかし、なかには数字がついている着色料、タール系色素が使われているものもあります。特に、「黄色4号」という着色料が使われているものはアレルギーを招く可能性があるので、小さな子供には与えないようにしたいものです。

甘味料として「ステビア」が使用されている場合でも、キャンディには純度の高いものが使われているので、心配はいりません。

私たちの唾液には、少しの添加物ならその害を消す効果があるのですが、キャンディはもともと口の中で溶かして食べるものですから、それほど神経質にならなくても大丈夫です。

次は、安心な食べ方についてです。キャンディ類が好きな小さな子供に食べさせるなら、やはり着色料が使われていないものが一番良いです。原材料には砂糖、水飴、香料だけしか使われていないものも販売されています。

また、子供にキャンディを食べさせることで虫歯になると困ると思うお母さんもいるでしょう。この場合、やわらかくて歯にくっつきやすいキャラメルは控え、ドロップをときどき食べさせるくらいにしておくと良いでしょう。

ジャガイモが輸入品だと心配なポテトチップス

子供から大人まで人気のあるポテトチップス。最近では本当にさまざまな味のものが増え、どれを選べばいいのかわからないほどです。

しかし、ポテトチップスは品質にけっこう違いがあって、割と簡単に良いものを選べます。選び方のポイントはふたつ。まず、ひとつめは、味つけがオーソドックスなものを選ぶことです。うす塩やのり塩などの定番の味だと添加物が少ないです。梅やコンソメ、チリといったこった味つけになるほど、調味料のほか香料、甘味料などの添加物も多くなりがちです。

農薬が使われている不安がある

続いてふたつめは、ポテトチップスの原料であるジャガイモの産地が問題です。北海道など国内産のジャガイモ100パーセント使用の表示のものを選びます。ポテトチップスの原料には輸入のジャガイモが使われていることが多く、遺伝子組み換えされたものやポストハーベスト農薬が使われたジャガイモの不安があります。

ポストハーベスト農薬というのは、正確には、ポストハーベスト・アプリケーションのことで、農作物などが収穫されたあとに農薬が使用されることを示しています。これは、保存する間に農作物が傷んだり、虫がついたりするのを防ぐために行われる処置です。

日本では、収穫されたあとの農薬使用はほぼ認められていないのですが、先進国の多くで認められています。農作物が土の中にあるうちは、農薬は太陽光線で分解されるのですが、収穫されたあとに使われた農薬は、そのまま残ってしまうことが多いという心配があるのです。

また、揚げるときの油が質の良くないものが使われている場合もあります。動物性脂肪と同じ性質の植物油を使ってつくられていることが多く、コレステロールを増やすことが考えられるので、脂肪分に注意し、食べ過ぎないようにしましょう。