野菜」カテゴリーアーカイブ

減農薬の野菜なら安心ではない時代

最近は、スーパーにもオーガニックや無農薬野菜の小さなコーナーが見られるようになりました。安心してそこで野菜を選んでいる消費者もいると思うのですが、安心してばかりはいられないデータがあります。

日本の農産物の中の、農林水産省が認定したオーガニックの比率は、なんとたったの0.18%。少しずつ増えているとはいえ、1%にも遠く及ばない数字です。これだけの収量しかなくて、果たして全国のスーパーのオーガニックコーナーに商品を行き渡らせることができるのでしょうか。

減農薬野菜

減農薬野菜

各スーパーのオーガニックコーナ一に置いてある無農薬と謳われている商品も、そのまま鵜呑みにして信用することはできないのかもしれません。正確には、オーガニックの認定を受けて有機JASマークが表示されている作物に関しては信用していいと思います。ただ、無農薬栽培、無化学肥料というのは明確な規定があるわけではないので、どのようにでも表示できてしまうのです。

無農薬栽培とすることが付加価値となり、高く売れるという事実があるため、そこをうまく利用している人たちもいることはいます。もう一つ、日本農林規格(JAS規格) による検査に合格して、オーガニックと表示できるようになるためには結構なお金とものすごく面倒な手続きが必要で、かなり高いハードルがあります。

農薬も化学肥料も使わずに野菜を作っている農家を個人的に何軒も知っていますが、いずれも認定を受けてはいません。費用と手続きの煩雑さがその理由です。けれども、そういう農家でこそ、完全なオーガニックで野菜が作られていることも事実です。でも、その作物がスーパーに出回ることはなかなかありません。

このような状況を考えれば、実際にはオーガニックの比率は0.18%よりもっと高いかもしれないのですが、そこで作られた作物と消費者が結びつかないというのが現状で、難しいところでもあります。

朗報として、全国の農家にアンケートを取った、こんな結果があります。全国の慣行農法(農薬や化学肥料を使って行なわれる従来の農法)で農業をやっている農家に、オーガニック農業に切り替えたいかという質問をしたところ、何と32%がオーガニックに移行したいと回答したのです。

消費者が、本当にオーガニック野菜を食べたいと声を上げれば、それを供給してくれる人たちはいるということです。オーガニック農業に切り替えると、収量が減るとか、虫がたくさんつくとか、非科学的李」とを主張する人たちがいますけれど、これはまったくの偏見です。

このことに関しては、カリフォルニア大学のヴァシリキオティス博士という方が、オーガニック農法は慣行農法に対してまったくひけを取らないものであり、それどころか作物によってはオーガニック農法のほうが収量が多いということを、8年という月日をかけて証明しました。

あちこちの農地に行って記録を取ってきているのですけれども、高知県で次のような事例がありました。同じ条件の土地に、慣行農法の畑とオーガニック農法の畑がたまたま隣接していたのです。あるとき豪雨に見舞われて、慣行農法の畑は化学肥料のために畑が泥化して全部流されてしまったのですが、なんとオーガニック農法の畑にはまったく被害がなかったのです。きれいにそのまま作物が生っていました。

農家の人たちは、長年の経験からそんなことは百も承知なのです。だからこそ、32%もの人たちが、オーガニックにしたいと言っているのでしょう。虫についても同様です。本当にきちんとオーガニック農法をやっていくと、野菜自身が様々な植物化学物質を発することで不必要な虫は寄せ付けなくなるのです。

自然の野菜は強いものなのです。ただ、キャベツや白菜などの外葉は虫に食わせます。いくつかのアブラナ科の植物は、特徴の1つとして結球する性質を持っています。葉を巻いて丸まっていくのですが、そのときに外葉は結球しないようにできていて、芋虫に食べさせるのです。その芋虫が育って蝶々になると、次の受粉を助ける役割を果たします。自然はうまく循環するようにできています。

今、オーガニック・無農薬より広く行なわれているのは、減農薬栽培です。たくさん農薬を使うよりはマシだろうと思って減農薬の野菜や果物を選んでいる人は要注意です。

というのも、減農薬というのは、規定がより曖昧なのです。その地域で一般的に行なわれている慣行農法の半分の量の農薬であれば、減農薬と表示していいことになっています。地域によって使われる農薬量はまったく違いますから、半分に減らしても、他の地域より多いということはあり得ます。

また、どんなに強力な農薬を使ったとしても、量が半分でさえあれば減農薬と表示して構いません。

例えば、ネオニコチノイド系の農薬を使っていても、半分でさえあれば減農薬と表示できるのです。ネオニコチノイド系の農薬は、世界中でミツバチが激減してしまった原因とされていて、ヨーロッパ各国では相次いで使用禁止になつているほどのものですが、日本ではむしろ、規制を棲める方向に動いているのが現状です。

このように基準が非常に曖昧なため、かえつて悪いものもあるのです。ですから、減農薬と表示されていても、普通の農薬を使った作物よりも安全性が高いとは一概には言えません。

ところで、リンゴなど、「減農薬がせいぜいで、完全無農薬で育てるのは無理」とよく言われていますが、決してそんなことはないと思います。100年前を考えてみてください。世界中に豊富にあったリンゴはすべてオーガニックで育てられていたのです。そもそも、果樹も自然の中にあるものですから、本来は農薬も化学肥料も使う必要はないのです。

ここでも、消費者はまんまと引っかかっているのです。要するに、消費者が「果物は無農薬・無化学肥料でやっていくのは難しいんだね」と思ってくれたら、農薬を推進する側にとってはもってこいではないですか。そういう常識を作ることによって利益を得られる人たちが、そう主張しているだけのことなのです。

農業に関わる人たちがすべて、純朴で朴調ないい人たちとは限らないということは認識しておいてもらいたいのです。肉屋にも八百屋にも、ミュージシャンや画家にだって、どんな業界にも腹黒い人間はいるでしょう。この問題も複雑な背景から起きていることですので、単純に解決することはできないと思いますが、果物を完全に無農薬・無化学肥料で育てるのは難しいということは、そうしておきたい人たちが言っているだけです。

そんなはずはありません。本当は可能なのです。現に、完全なるオーガニックで果樹を作っている農家の人たちはたくさんいます。ただ、そういう中にも、自宅用の果樹園はまったく農薬も使わず栽培するけれども、残りの畑では大量に農薬を使って出荷しているという人もいます。無農薬でも十分できるけれども、それでは市場で通用しないので、仕方なく慣行農法で作って売るわけです。

オーガニックにすると、今よりも果物が高くなるのは確かです。私は個人的には農薬を使わずに安全な果物が食べられるほうがいいと思っていますので、高くてもなるべくそういう農家から買うようにしています。本当に誠実に無農薬・無化学肥料にチャレンジしている人たちがいますので、自分のできる範囲でそういう人を応援するという意味からも、消費者の1人として購買行動で支えていくつもりです。私のような消費者の数が増えれば、まったく問題なくオーガニック農法がどんどん広がると思います。

果物は無農薬では難しいというのは、単なる思い込みですから。消費者の意識と行動が、農業のオーガニック移行を妨げているということを、消費者自身が認識すべきです。海外旅行や携帯電話に大金を注ぐくらいなら、自分を作ってくれるまともな食べ物にきちんとお金を使うほうがいいのではないでしょうか。これからの私たちのありようとして、自分こそが最も信頼のおける資産だということに読者には気づいて欲しいですし、その資産にこそしっかり投資をすべきでしょう。

自分が食べる物が、結局自分になっていくわけですから、食べ物が安全であることに価値を見出せるかどうかは、自分に価値を見出せるかどうかと同じことなのです。

今後の最も大事なテーマになるでしょう。賢明な読者の方々はもう百も承知のことだろうと思いますけれども、金融は実質的に崩壊しています。それは日本だけでなく、アメリカもヨーロッパも中国も同様だと思います。そういうものに血道をあげて夢中になるよりは、本当に重要な資産に真っ当な投資をしていくべき時代が来ているのではないでしょうか。

そのために、作物がオーガニックであることはとても重要なファククーになることでしょう。

サラダバーの野菜がいつでもぱりぱりなのは薬品を使っているから サラダの危険性

しいたけは、栄養満点でカロリーがない嬉しい食材

内側のひだがはっきりして肉厚のものは品質のよい証

生しいたけは屋内や林の中で栽培されます。農薬が使われることも少なく、ダイオキシンに汚染されている心配もあまりありません。よいしいたけは、「かさの内側のひだがはっきりしていて、肉厚のもの」です。
よい条件のもとで育っている証拠。

旬は9~12月です。しいたけの洗い方は、ボウルの中でためすすぎ。これで十分。1~3回、水をかえて洗えば大丈夫です。

さて、しいたけには、ビタミンBl、B2、カリウム、食物繊維のほか、紫外線に当たるとビタミンD2に変わるエルゴステリンを多く含んでいます(もっとも、天日干しをしなければ、ビタミンD2にはなりません)。

しかし、それより何よりも、しいたけには健康を維持するために大切な2つの成分が含まれています。1つはエリタデニンです。これは血中のコレステロール値を下げる効果があります。
もう1つはβグルカンという成分。免疫力を高め、ガン細胞が増えるのを抑える作用があるのです。また、食物繊維はエリタデニンと一緒になると、ますますパワーアップ。食物繊維は便秘によいだけでなく、有害物質を体の外に出す大切な役割を果たしているのです。こんなに、体にいい成分がたくさん含まれているのに、しいたけのカロリーはゼロ。体重が気になる人には嬉しい野菜ですね。
生活習慣病の予防に最適なしいたけ

さやえんどうはちょっとした工夫で中にしみこんだ農薬をとり除<

筋とりはひとつひとつ丁寧に行なうのが肝心

さやえんどうが成長すれば、えんどうまめになります。品種は違いますがグリーンピースも同じ仲間です。煮ものや妙めものの彩りとしてだけでなく、新鮮なさやえんどうを妙めてカツオぶしを絡め、仕上げにしょうゆで味付けした一品など酒の肴に最適です。

さわやかな初夏の味です。さやえんどうは、さやの中に大きい粒が7~8個ほど詰まっているものを選びます。旬は5~6月。安心して食べるためには、まず水を流しながら、ボウルの中でふり洗い。表皮についた農薬などの不安物質をとり去ります。

つぎに、筋とり。筋をとり除くことで表皮の下のクチクラ層が露出し、中にしみこんだ農薬やダイオキシンがお湯の中に溶けだします。たっぷりの熱湯で1分ほどゆで、手早くザルにあげて、冷水にサッととおして水気をきります。なお、色鮮やかにゆでるために、塩を1つまみ入れるのが習わしのようですが、別に入れなくても、仕上げの色に差はありません。

ビタミンCが豊富なさやえんどうで美肌づくり、風邪予防

えだまめは、それほど神経質にならずに、手軽に安心して使える

ゆでる前に塩もみすれば、点薬を除去する効果も大

昼間の熱気が少しはおさまった夏の夜、ゆであがったえだまめをつまみに、ビールを一気にと飲む。幸せな瞬間ですよね。ところで、そのえだまめ、安全でしょうか?

1つのさやに、同じ大きさの粒がきっちり入っているものを選びましょう。一粒くらいしか入っていないさやが多いものは、ムリに育てている証拠。農薬もたくさん使っている可能性があります。

旬は6~9月。えだまめは、普通にゆでればそれでOK。まずは安心です。ただし、ポイントを1つ。さやを枝からとってザルにあけ、水を流しながらサッと洗う。つぎに、塩をふったら手でもんで、全体にまぶしっける。

水洗いで表皮の農薬などは落とせますが、表皮下の農薬やダイオキシンをとり去るためには、この作業が大切。塩もみをすることで表皮に傷がつき、沸騰したお湯で5~6分ゆでる間に溶けだしてしまうということです。

農薬やダイオキシンは、さやの中の豆までは浸透しないので、これ以上、神経質になる必要はありません。ゆで上がったえだまめは、塩をふってどうぞ。
ちなみに、えだまめには、アルコールの分解を助けるビタミンC とB1、メチオニンという成分も含まれているので、ビールのつまみにはかかせません。

ビタミンB1が豊富で夏バテ予防に最適なえだまめ

ブロッコリーは、病気や害虫に強く 、ビタミンCが豊富

小分けにしたブロッコリー2房で、1日に必要なビタミンCが摂れる

ブロッコリーは「花莱」。つまり、花の野菜。いつも食べるのは、つぼみの部分にあたります。とくにビタミンCが豊富に含まれ、その量はレモンの2倍もあります。

小分けにしたブロッコリー3房ほどで、1日に必要な量をカバーすることができるスグレモノです。さて、よいブロッコリーの見分け方は、「つぼみが固く締まっていて、こんもり盛りあがっていること」。よい条件のもとで育った証拠です。

旬は12~2月。ブロッコリーは、病気や害虫に強く、花の部分は外側の葉に包まれて育つので、農薬やダイオキシンの心配はあまりありません。安心して食べるためのポイントは、小房に分けてゆでこぼすこと。これだけで十分です。

表皮の下のクチクラ層に、万が一、農薬やダイオキシンがたまっていたとしても、切り口からお湯に溶けだすので安心です。なお、ブロッコリーには、ガンの予防に効果があるグルセチンという成分も含まれています。こちら

もやしは漂白剤で「白さを強調したもの」も出回っている

「無漂白」と表示しているものを選ぶ

「茎が短く、ツヤがあり、根に透明感があるもの」これが、よいもやし。栽培条件がよかった証拠で、薬品類もあまり使われていないはず。もやしはもともと屋内栽培なので、ダイオキシンの心配はありません。

なお、最近は少なくなってきましたが、色を白くするために、次亜塩素酸や亜硫酸塩などの漂白剤を使ったもやしも出回っています。これらの漂白剤は、体にはけっしてよくないもの。

「無漂白」と袋に表示してあるもやしを選ぶのが安心です。下ごしらえのポイントは、「ひげ根をとる」ことと「水にさらす」こと。栽培時に薬品などが使われたとしても、根から吸収されることが多く、まだ根の部分にたまっている可能性が多いのです。

ひげ根はていねいにとりましょう。つぎに、たっぷりの水につけてシャキッとさせます。これで、不安物質、漂白剤などがさらに水に溶けだして安心度が増します。また、あえものなどにするときは、たっぷりの熱湯に塩と酢を入れて、30秒ほどゆでます。

酢は不安物質を引きだす力が強いため、もやしに残っているかもしれない薬品や漂白剤も、これで落とせます。長くゆでると、ペシャツと水っぽくなってしまうので、手早く引きあげるのがおいしく食べるコツ。

ねぎの有害物質は、外側の皮にある

「もったいない」と一番外側の皮をむかないのはNG

小料理屋さんで、カウンターの中をのぞくと、ときどきネギの外側の皮をむかないで、そのまま小口切りにしているのを見かけることがあります。もちろん、よく洗ってはあるはずですが、農薬やダイオキシンの不安を考えると、少し困りもの。

家庭でも、あまり太くないネギだと、外側の皮をむくのがもったいなくて、ついそのまま、ということもあるのではないでしょうか。でも、ここが肝心なところ。安全な食事ということを考えれば、躊躇してはいられません。ねぎの外側の皮は、むいて捨ててしまいましょう。皮をむくことで、表皮だけでなく、農薬やダイオキシンが残留しやすい、表皮の下のクチクラ層もとり除くことができるのです。

もともと、ねぎは食べる部分に土をかぶせて育てるため、農薬が直接かかることはあまりありません。だから、皮をむけばまず安心です。

ネギの選び方は、「自と緑の境目がくっきりしていること」。「先端まで緑色がみずみずしいこと」です。育った条件がよい証拠で、農薬もあまり使っていないはず。なお、小口切り、千切りにしたねぎは、1度水にさらすとさらに安心。不安物質が残っていても、これでとり除くことができます。

ねぎは免疫力を強くする香味野菜 なので風邪などをひいたとkにもおすすめです。

なすは「手間を惜しまず、下ごしらえ」が健康のキーポイント

アク抜きは欠かせない

「秋なすは嫁に食わすな」ということわざがあります。その意味の解釈には、「秋なすはおいしいので、嫁に食べさせるのはもったいない」という嫁いじめの説と、「秋なすは体を冷やすので、大事な嫁には食べさせないほうがいい」という思いやり説があるそうです。

どちらの説が本家本元かは定かではありませんが、秋なすの性質には、「おいしい」「体を冷やす」という2つのキーワードがあることがわかります。さて、安全ななすを見分けるキーワードは、「皮に張りがあって、紫色が濃い」「ヘタに痛いほどのとげがある」。これは、よい土壌で育ったなすの特徴です。旬は6~9月。

下ごしらえは、水を流しながら、30秒ほど手でこすり洗い。表皮の農薬やダイオキシンは、これで落とせます。そして、大切なのはアク抜き。料理にもよりますが、なるべく薄く切って素早く水につけ、水が黒ずんでくるまでアク抜きをします。薄切りにするほど、クチクラ層の露出部分が大きくなります。
水にふれる部分がそれだけ増え、農薬が溶けだしやすいという効果があります。なお、なすに含まれるアルカロイドやフェノールにガンを予防する働きがあることがわかり、最近、なすが大変注目をあびています。加熱しても効力が変わらない点も注目されています。

色素成分が生活習慣病の予防に役立つナス

トマトは、角張ったものは、生育条件が悪かった証拠

必ず皮をむくようにすると、農薬を一掃できる

ある新婚夫婦が、サラダをつくるとき、トマトの皮をむくかどうかでケンカをしたという話が料理雑誌で大きく取り上げられていました。うすいトマトの皮1つとっても、それぞれの家の流儀があるということでしょう。

しかし、安全面から考えれば、答えは一目瞭然。皮をむくことをおすすめします。サラダに使う場合もです。ともあれ、まずは選び方から。安心なものを見分けるポイントは、丸くてバランスのとれた形をしていること。

形のよいトマトは、よい土壌に育っているので、余分な農薬の必要がないのです。三角形や五角形に近い角張ったものは避けます。極端に先がとがっているものもNG。このような形のものは、生育条件が悪く、切ってみると中が空洞になっている「ピーマントマト」が多いのです。農薬の使用も多いと思ってください。もっとも安心なものが出回る旬は6~9月。さて、安全のための下ごしらえですが、まずは水を流しながら30秒ほど手でこすって洗い、表皮に残っていた農薬やダイオキシンを落とします。
つぎに、「湯むき」。へたの反対側に、包丁で浅く十字に切れ目を入れ、穴じゃくしに乗せるか、フォークに刺して、沸騰したお湯の中に15秒ほどつけると、切れ目から皮がはじけてきます。

すぐに冷水にとって冷まし、皮をむきます。お湯でむくから湯むき、というわけです。これで、水洗いでも落ちなかった表皮の下のクチクラ層にしみこんだ農薬なども一掃できます。

細胞も元気にする栄養満点のトマト

ピーマンは、表皮の下のクチクラ層に農薬がしみこんでいるケースも

妙める前には必ずゆでる習慣を持とう

ピーマンといえば、牛肉と妙める「青椒肉絲」や「なすとピーマンのみそ妙め」など、妙める料理がすぐ思い浮かびます。さて、このピーマン。安全のための下ごしらえはいかなるものでしょうか。

「洗うこと?」もちろんです。水を流しながら、手でしっかりこすって洗います。これで、表皮に残った農薬やダイオキシンを落とします。「妙めるんだから、それでいいんじゃない? 」とお考えの向きも多いと思いますが、つぎの手順として、「千切りにして、ゆでる」方法をおすすめします。なぜなら、表皮の下のクチクラ層に農薬がしみこんでいる可能性も捨てきれないからです。

ピーマンを千切りにしたら、沸騰したお湯で30秒ほどサッとゆで、冷水にとって冷まします。これで、表皮下の不安物質がお湯に溶けだすため、安全度は確実になります。

30秒ゆでたくらいでは、まだシャキッとしています。「妙めるときも、ゆでてから」が安心のクッキング。では、安全なピーマンの選び方。肩が張つていて、緑の渡すぎるものはダメ。チッソ肥料が多すぎて、軟弱。よいものは、皮にツヤと張りがあって、ヘタがいきいきしているもの。旬は7~9月です。
ピーマンは、とくにビタミンC が多く、ピーマン約3個で1日のビタミン の必要量50mgが摂れます。ビタミンCの酸化を防ぎ、吸収をよくするビタミンPも多く、また、ガンの抑制成分であるカプサイシン、テルペン、アルカロイドも含まれています。

ビタミンが豊富で体を丈夫にするピーマン