野菜」カテゴリーアーカイブ

手軽な 洗浄済み さといも 漂白剤を使用していることもあるので注意

手軽な 洗浄済み さといも 漂白剤を使用していることもあるので注意 が必要です。最近はスーパーなどで洗浄済みの さといも をよく見かけます。皮をむいて包装されており、簡単なので、ついこちらを購入する人も多いようです。でも、要注意。

丸っこい形の泥つきのものは、よい土壌で育った証拠 洗浄済み さといも は漂白剤のリスク

洗浄済み さといも

洗浄済み さといも

最近はスーパーなどで 洗浄済み さといも をよく見かけます。皮をむいて包装されており、簡単なので、ついこちらを購入する人も多いようです。でも、要注意。

洗浄済み さといも は手軽ですが、見た目をよくするために、次亜塩素酸や亜硫酸などの漂白剤を使っている可能性が大きいのです。あまりおすすめはできません。

それに、やっぱり泥つきのほうがおいしい。さて、安全なさといもを見分けるポイントですが、丸っこい形をしていること。よい土壌で育った証拠です。やせた土壌で育ったものは、細長い形をしています。そのぶん、農薬の使用量も多いと思って間違いありません。

泥つきのさといもは、水を流しながらゴシゴシとタワシでこすって洗います。さといもは病気や害虫に強いため、農薬はあまり使われないのですが、土壌のダイオキシンも心配なのでていねいに洗いましょう。

このあとは普通に皮をむくだけで安全面は OK です。また、もしも洗浄済みの さといも しか手に入らないような場合は、洗浄済みの さといも に塩をまぶして手でよくもみ、塩を洗い流してから、たっぷり水の入った鍋に入れて、強火でゆでます。煮立ったらゆで汁を捨て、ぬるま湯で洗います。この処理をすれば、佼われた漂白剤もほぼ洗い流せます。

さといものぬめり成分がコレステロールを低下させる

野菜のリスクを低減させる

生育のよさを見分けることが、おいしさと安心のポイント たまねぎ

生育のよさを見分けることが、おいしさと安心のポイント たまねぎ についてです。表皮にあたる茶褐色の薄皮がツヤツヤしていて、すきとおっているように見えるもの。そして、上の芽の部分が細くぎゅっとしまっていること。これが育ちのよい たまねぎ の見分け方です。

たまねぎ 皮にツヤがあり、すきとおっているものを選ぶ

たまねぎ

たまねぎ

「たまねぎの皮にツヤがあって、すきとおってるって、どういうこと? 」と疑問に思う人は、店先に並んでいるたまねぎを見比べて研究してみてください。

表皮にあたる茶褐色の薄皮がツヤツヤしていて、すきとおっているように見えるもの。そして、上の芽の部分が細くぎゅっとしまっていること。これが育ちのよい たまねぎ の見分け方です。

生育の条件が整っていたわけですから、農薬も少ししか使っていないはず。下ごしらえは、まず、芽と根の部分、つまり、たまねぎの上下を浅く切り落とし、芽の方から茶褐色の皮をむきます。

だいたいこれで、農薬やダイオキシンの不安を解消できます。でも、さらに万全を期したいなら、茶褐色の皮の下にある少し緑がかった 1 枚もむいてしまいましょう。これで OK 。

さらに安心な合艮べ方である「さらしたまねぎ」をつくれば、完空です。「さらしたまねぎ」は、薄くスライスしたら塩少々をふり、ふきんに包んで流水の下で軽くもみ洗いします。

つぎに、ふきんを絞るようにして軽く水気をとります。これで OK 。不安物質が残っていたとしても、ほとんど絞りだされてしまいます。

ところで、たまねぎのあのツーンとくる臭いの正体は、揮発性の硫化アリル。硫化アリルはビタミンB1 の吸収をよくする働きがあり、また、血栓をできにくくしたり、できてしまった血栓を溶かす働きもあります。 その他の 野菜

白菜 外側の葉は農薬の残量が内側の葉の 3 倍

白菜 外側の葉は農薬の残量が内側の葉の 3 倍 になるという情報です。白菜は、外側の歯が一番はじめに生えるのです。この外側の菓を捨てるのはもったいないと、みそ汁の具に使ったりしていませんか。これは絶 NG。

1 番外側の葉は絶対に捨てること が安心の鉄則

白菜 外側の葉は農薬の残量が内側の葉の 3 倍

白菜 外側の葉は農薬の残量が内側の葉の 3 倍

白菜は冬野菜の代表格。鍋ものにしても、塩漬けにしても淡泊なおいしさが楽しめます。選ぶときは 1 個売りは巻きが固くて重いもの選びます。カット売りの場合は、白い部分より黄色い部分が多いものを選ぶようにします。

これらは、よい土とよい気候のもとで育ち、病気や害虫にも強く、したがって農薬の必要があまりない白菜です。化学肥料によって増える硝酸塩の不安も少ないのです。安心なものが多く出回る旬は、11~2月。

ところで、はくさいの葉の内側と外側、どちらが新しいか知っていますか。たいがいの人は、先に内側が生えて、それから順に外側の葉が出てくると考えがち。でも、それは間違いです。

白菜は、外側の歯が一番はじめに生えるのです。この外側の菓を捨てるのはもったいないと、みそ汁の具に使ったりしていませんか。これは絶 NG。

一番古い外側の葉には、農薬やダイオキシンの不安が大いにあります。外側の葉は捨ててしまうこと。これが安心の鉄則です。参考までに、外側の葉の 1 ~ 2 枚目と 3 ~ 4 枚目を比べると、農薬散布から≡週間後の残留量は 3 倍近く違います。
つまり、外側 1 ~ 2 枚目の葉は 3 倍も多く農薬が残っているということ。

また、このとき 5 枚目より内側では、ほとんど農薬の残りは見られませんでした。なお、白菜はビタミンCが豊富で、芯の部分はカリウムが多く含まれており、最近ではガンを抑える効果があることがわかってきました。

白菜 以外の 野菜 はこちら。