野菜」カテゴリーアーカイブ

野菜 安全な食品の選び方から体への影響まで。 食品 表示 偽装 残留農薬 ワックス 食品添加物 などの心配について。

チンゲンサイ 下ごしらえで安全

チンゲンサイ 下ごしらえで安全 になります。これまでチンゲンサイは農薬の心配がほとんどないので、根元だけ切りとってサッと洗えばよいと考えられてきました。ところが、ここへきて、土壌に含まれるダイオキシンも心配の種になています。

葉は 1 枚 1 枚ていねいに洗うことが肝心 チンゲンサイ 下ごしらえで安全

チンゲンサイ 下ごしらえで安全

チンゲンサイ 下ごしらえで安全

チンゲンサイは、日本でも人気の高い中国野菜。 1 年をとおして旬の野菜です。歯切れのよさと緑の美しさが人気で、家庭ではクリーム煮や妙めものなどの調理法で親しまれています。くせがなく料理に使うにも重宝します。

ビタミン、ミネラルのほか、とくにカルシウムが豊富で、添加物のリン酸塩の害を防ぐのに役立ちます。安全なものを選ぶコツは、茎の部分がツヤツヤしていて張りがあること。

これまでチンゲンサイは農薬の心配がほとんどないので、根元だけ切りとってサッと洗えばよいと考えられてきました。ところが、ここへきて、土壌に含まれるダイオキシンも心配の種になています。その不安をとり除くために、根元を深めに切って、葉を1枚1枚はがして洗います。これが下ごしらえのポイントです。

流水の中で、茎の内側の泥をていねいに落としながら洗いましょう。泥を落とせば、残る心配は、葉に付着したり、表皮の下のクチクラ層にしみこんだものだけ。そこで、手間を惜しまず、葉を適当に切ってゆでこぼします。

洗うだけでは落とせなかった農薬やダイオキシンも、こうすればお湯の中に溶けだしてしまうため、さらに安全が増すのです。ナンゲンサイはくせがないため、ゆでたあと、水にさらす必要はなし。ザルにとったら、すぐお皿などに広げて手早く冷ましてから調理にとりかかります。

チンゲンサイ 以外の 野菜

もやし 漂白剤 漂白剤により白さを強調したものもある

もやし 漂白剤 漂白剤により白さを強調したものもあるあるので注意しなければいけまっせん。安くとてもうれしい食材ですがどのようなことに注意すればいいでしょう。

もやし 漂白剤 使用してないものは 「  無漂白  」 と表示しているものを選ぶ

もやし 漂白剤で「 白さを強調したもの 」 も出回っている

もやし 漂白剤で「 白さを強調したもの 」 も出回っている

「茎が短く、ツヤがあり、根に透明感があるもの」これが、よい もやし の見分け方です。栽培条件がよかった証拠で、薬品類もあまり使われていないはずです。もやし はもともと屋内栽培なので、ダイオキシンの心配はありません。

なお、最近は少なくなってきましたが、色を白くするために、次亜塩素酸や亜硫酸塩などの 漂白剤を使ったもやしも出回っています。これらの 漂白剤 は、体にはけっしてよくないものです。

もやし ニオイ

もやしから以下のようなニオイがしたことがありますか。

  • 消毒液の臭い
  • 塩素の臭い
  • 漂白剤の臭い
  • 薬品っぽい臭い
  • アルコール臭
  • 変な匂い

こうしたニオイは明かに漂白剤のニオイです。

もやし 漂白剤

もやし に使われる漂白剤は主に 次亜塩素酸と亜硫酸塩です。体にどのような害があるのかをみていきましょう。

もやし 漂白 次亜塩素酸

次亜塩素酸は、熱水処理と次亜塩素酸ナトリウム処理を併用することにより、もやし用緑豆種子に付着させた病原菌を効果的に取り除くことが可能です。 処理後の発芽率も十分高く、簡便かつ効果的な種子殺菌方法です。使われているケースが多いということです。

もやし 漂白 亜硫酸塩

亜硫酸塩は、ワインの酸化防止剤として、またはドライフルーツなどの漂白剤として使用される、食品添加物です。 亜硫酸塩は、ワインでは醗酵させる過程で、醗酵しすぎるのを防いだり、雑菌を消毒するために使用され、ドライフルーツでは、見た目を美しくするための漂白剤として使用されています。

 

「無漂白」と袋に表示してあるもやしを選ぶのが安心です。下ごしらえのポイントは、「ひげ根をとる」ことと「水にさらす」こと。栽培時に薬品などが使われたとしても、根から吸収されることが多く、まだ根の部分にたまっている可能性が多いのです。もやしは透明なものを選び、ひげ根を取り除くことです。

ひげ根はていねいにとりましょう。つぎに、たっぷりの水につけてシャキッとさせます。これで、不安物質、漂白剤などがさらに水に溶けだして安心度が増します。また、あえものなどにするときは、たっぷりの熱湯に塩と酢を入れて、30秒ほどゆでます。酢と塩の両方を入れることで不安物質をしっかり除去します。

ちなみに 無漂白 もやし は薬剤など使用せず、水だけで育てられたもやしです。水だけで育っているから日持ちします。変な臭いがありません。炒めすぎても、茹で過ぎてもシャキシャキの食感は変わりません。

もやし 保存方法 冷蔵庫で長持ちさせる「もやしの保存方法」

ボウルに水をたっぷり入れてもやしを水に浸して冷蔵庫で保存します。これで少し日持ちしますが2~3日のうちに食べたほうがいいでしょう。

  • もやしの劣化を抑えるためには、できるだけ低い温度で保存し、呼吸を抑えることが大切。 …
  • また、低温であればあるほど呼吸が抑えられて、もやしの成長(老化)速度が緩和されます。 …
  • 一度湯通ししてから、ペーパータオルなどで水気をしっかりと切り、密閉容器に入れて冷蔵庫に保存します。

「 酢もやし 」の驚くべき健康効果

酢は不安物質を引きだす力が強いため、もやしに残っているかもしれない薬品や漂白剤も、これで落とせます。長くゆでると、ペシャっと水っぽくなってしまうので、手早く引きあげるのがおいしく食べるコツです。もやしは酢の物がとても合います。減塩にもつがるので酢の活用はおすすめです。

また、注目されたのはその健康効果。酢と合わせたことで熱にも強くなり、栄養素が壊れにくくなります。

・疲労回復
・カロリーオフ&代謝アップ
・糖質オフで血糖値改善
・腸が整って美肌効果&便秘解消
・血液サラサラになり動脈硬化&高血圧予防

野菜

13年間、日本で韓国料理をふるまってきたハンおばさんが、より多くの人たちに韓国のおいしい味を届けたくて開発した「万能の素」。おかげさまで、今までたくさんの方々から好評を頂きました。「万能の素」は、唐辛子ベースの調味料でしたが、今度は塩ベースの「万能ナムル素」の開発に成功しました。ナムル以外にも色々な食材にお使いいただける万能の調味料となっています。

鮮やかな赤い色は、発色剤を使用している場合も さつまいも

鮮やかな赤い色は、発色剤を使用している場合も さつまいも の取り扱いの注意。農薬よりもむしろ心配なのは、発色剤で不自然に赤くしたもの。

さつまいも ふっくらとしていて、毛穴が少ないものを選ぶ

さつまいも

さつまいも

江戸時代から、「飢餓のときにはさつまいも」と重宝がられたように、さつまいもは病気や害虫に強い野菜。そのため、農薬はあまり使いません。農薬よりもむしろ心配なのは、発色剤で不自然に赤くしたもの。

発色剤に含まれるリン酸塩が、骨をもろくしてしまうのです。異様に鮮やかな赤い色のものは、発色剤につけた不安があるので NG 。ふっくらとしていて、毛穴が浅く少ないもの、これがよいさつまいもです。細めのものは、育ちが悪いため農薬も多く使っていると考えられます。

さつまいもの旬は 9 ~ 11 月です。

下ごしらえとしては、水を流しながら、スポンジで 5 回ほどこすり洗いをします。この方法で、農薬やダイオキシンの心配も解消。発色剤を使っていたとしても、これで落とせます。厚めに皮をむけば、もっと安心。輪切りにすると皮のすぐ内側に筋のような輪があるのが見えますが、心配なら、この部分まで皮をむいてしまえばよいのです。

さつまいもは食物繊維たっぷりな美と健康の野菜