外側の葉は農薬の残量が内側の葉の3倍「白菜」

「1番外側の葉は絶対に捨てること」が安心の鉄則

白菜は冬野菜の代表格。鍋ものにしても、塩漬けにしても淡泊なおいしさが楽しめます。選ぶときは、1個売りは巻きが固くて重いもの選びます。カット売りの場合は、白い部分より黄色い部分が多いものを選ぶようにします。

これらは、よい土とよい気候のもとで育ち、病気や害虫にも強く、したがって農薬の必要があまりないはくさいです。化学肥料によって増える硝酸塩の不安も少ないのです。安心なものが多く出回る旬は、11~2月。

ところで、はくさいの葉の内側と外側、どちらが新しいか知っていますか。たいがいの人は、先に内側が生えて、それから順に外側の葉が出てくると考えがち。でも、それは間違いです。はくさいは、外側の菓が一番はじめに生えるのです。この外側の菓を捨てるのはもったいないと、みそ汁の具に使ったりしていませんか。これは絶NG。

一番古い外側の葉には、農薬やダイオキシンの不安が大いにあります。外側の葉は捨ててしまうこと。これが安心の鉄則です。参考までに、外側の葉の1~2枚目と3~4枚目を比べると、農薬散布から≡週間後の残留量は3倍近く違います。
つまり、外側1~2枚目の葉は、3倍も多く農薬が残っているということ。また、このとき5枚目より内側では、ほとんど農薬の残向田は見られませんでした。なお、はくさいはビタミンCが豊富で、芯の部分はカリウムが多く含まれており、最近ではガンを抑える効果があることがわかってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください