ねぎの有害物質は、外側の皮にある

ねぎの有害物質は、外側の皮にある 小料理屋さんで、カウンターの中をのぞくと、ときどきネギの外側の皮をむかないで、そのまま小口切りにしているのを見かけることがあります。もちろん、よく洗ってはあるはずですが、農薬やダイオキシンの不安を考えると、少し困りもの。

「もったいない」と一番外側皮をむかないのはNG ねぎの有害物質は、外側の皮にある

ねぎの有害物質は、外側の皮にある

ねぎの有害物質は、外側の皮にある

 

小料理屋さんで、カウンターの中をのぞくと、ときどきネギの外側の皮をむかないで、そのまま小口切りにしているのを見かけることがあります。もちろん、よく洗ってはあるはずですが、農薬やダイオキシンの不安を考えると、少し困りもの。

家庭でも、あまり太くないネギだと、外側の皮をむくのがもったいなくて、ついそのまま、ということもあるのではないでしょうか。

でも、ここが肝心なところ。安全な食事ということを考えれば、躊躇してはいられません。ねぎの外側の皮は、むいて捨ててしまいましょう。皮をむくことで、表皮だけでなく、農薬やダイオキシンが残留しやすい、表皮の下のクチクラ層もとり除くことができるのです。

料理番組などできれいであればむく必要はありません。乾燥してしまってパリパリしていたり、傷んでいたり、汚れがとれない場合にはむきます。などと解説している場合もありますが、これは間違いなくむいたほうが安全性を高めることができます。

もともと、ねぎは食べる部分に土をかぶせて育てるため、農薬が直接かかることはあまりありません。だから、皮をむけばまず安心です。

ネギの選び方は、「自と緑の境目がくっきりしていること」。「先端まで緑色がみずみずしいこと」です。そして、葉先までピンとしてハリがあるものがおすすめです。

育った条件がよい証拠で、農薬もあまり使っていないはず。なお、小口切り、千切りにしたねぎは、1度水にさらすとさらに安心。不安物質が残っていても、これでとり除くことができます。

根深ねぎ
おもに東日本で作られ、白い部分が長い種類です。生で薬味として使い、せん切りにしたものは白髪ねぎといわれます。煮ると甘くトロリとした食感があり、鍋料理、炒め物、煮物に向いています。
九条ねぎ
京都特産の葉ねぎ。緑の部分が長く、柔らかで風味がよい。薬味や関西うどんの具のほか、ぬたなどの和え物、鍋物やお好み焼きなどに利用されます。
下仁田ねぎ
群馬県特産のねぎ。太く肉質がやわらかく、加熱すると独特の甘みがあり、鍋物や煮物などの加熱調理に向いています。
あさつき
ねぎの仲間でいちばん細い上にやわらかく、色がうすいのが特徴です。辛味が強く薬味に適しています。

ねぎは免疫力を強くする香味野菜 なので風邪などをひいたときにもおすすめです。無農薬ならより安心です。無農薬長ねぎ 300g×2パック(群馬産)★有機JAS認証

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください