缶コーヒーを飲むなら添加物不使用の「UCC ブラック無糖 缶コーヒー」

香料を使わず人工的なにおいや味がしない

無糖・ブラックの缶コーヒーはいろいろ出ていますが、香料が添加された製品が多いです。たとえば、「ジョージアエメラルドマウンテンブラック」や「ルーツアロマブラック」(などがそうです。

加工する際に、コーヒーの命である香りが失われてしまうため、それを手っ取り早く香料で補っているのです。しかし、人工的な鼻をつくにおいがして、昧も不自然なものに変わってしまっています。その点、この製品には香料が使われておらず、人工的なにおいや味がしないので、安心して飲むことができます。

淹れ立てのレギュラーコーヒーのような芳醇な香りはありませんが、いつでも手軽に飲めるというメリットがあります。なお、サントリーフーズの「ボス無糖ブラック」も香料は添加されていません。

memo
無駄な香料は添加されておらず安心して飲むことができます。
データ
  • 品名:コーヒー
  • 原材料名:コーヒー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です