「加工食品・おかず」カテゴリーアーカイブ

酒のつまみにむかない「燻製」

アルコールは、つまみの中の添加物の吸収を早める作用がある

「イカのくん製」に「ホタテのくん製」「タラのくん製」…これらの製品は乾きものの酒のつまみとして定番です。このくん製品にも、添加物がけっこう使われています。

たとえば保存料として「ソルビン酸K」、品質改良材の「リン酸塩」、甘味料の「ソルビット」「甘草」「ステビア」、調味料(アミノ酸等)、酸味料などです。
ほかにも、着色料として「コチニール(カルミン)色素」が使われていることもあります。せめて、ソルビン酸K やリン酸塩が入っているものは買わないこと。

甘味料のソルビット、甘辛、ステビアの表示があるものも避けたいもの。ちなみに、ソルビットはさわやかな甘みの甘味料で、保湿効果や鮮度を保つ効果、ほかの甘味料の嫌みを消すなど、さまざまな効果があります。そのため、いろいろなものに入っています。

だから、あれやこれや食べているうちに、必然的にたくさん摂ることになってしまいます。しかし、たくさん摂取すると下痢を起こすおそれがあるので要注意です。

さて、まったくの無添加のくん製品もあります。きちんと表示を確かめて、買うならコレにしましょう。安心な食べ方は、添加物が入ったくん製品をアルコールのつまみにして食べないことです。アルコールは添加物の吸収を早め、たくさん摂ることになります。「酒の肴は手づくりに限る」ということでしょうか。無添加の燻製はこちら。

乳化剤やソルビン酸Kが不安物質「チーズ」

ナチュラルチーズは、その名のとおり、自然のままで健康によい

少し前まで、チーズといえば「プロセスチーズ」でした。最近では、これに代わってカマンベールチーズやクリームチーズ、カッテージチーズなどの「ナチュラルチーズ」が人気です。

さて、結論から先にいいましょう。ナチュラルチーズに添加物は使われていません。ナチュラルチーズはその名のとおり、加工していない自然のままのチーズ。動物の乳に酸や酵素を加えて固め、細菌を使って熟成させたものです。

一方、プロセスチーズは、ナチュラルチーズを砕いて熱で溶かし、殺菌して容器に一丁詰めたもの。さまざまな種類のナチュラルチーズをブレンドしています。そのため乳朋化剤を添加しています。なかには、保存料の「ソルビン酸K」が使われている場合もあります。

プロセスチーズを選ぶなら、ソルビン酸K が入っていないものを選ぶこと。なお、チーズのカビは安全だという人がいますが、それは大きな間違いです。多分、カマンベールチーズやブルーチーズなど、カビをつけて独特の味を出したものがあるため、そういう誤解が生まれたのでしょう。しかし、製造後に生えるカビは衛生上好ましくありません。風味も落ちているので食べないことです。

安心のナチュラルチーズはこちら。

総菜・煮物

味噌汁の解毒作用を活用する

和風の煮ものは「お袋の味」の代表格。添加物など使わない、昔ながらのおかずのイメージが強いのですが、スーパーやコンビニなどで売られている惣菜・煮ものは、ちょっと違います。パッ

ケージの裏の原材科名の表示をよく見ると、保存料などの添加物がけっこう入つていることがわかります。たとえば、惣菜の代表「きんぴら」の原材料名の表示を見ても、「リン酸(Na)」」、甘味料の「甘草」などの不安な添加物が使われていたりします。

このほか、よく見かける不安添加物に、保存料の「ソルビン酸K」、甘味料の「ステビア」などがあります。

ところで、同じきんぴらでも、「調味料( アミノ酸等)」すら入っていない優秀な総菜・煮物も出回るようになってきました。表示をよく見て、安心なものを探してください。

安心度を少しでも高めるために、市販の惣菜を食べるときは、みそ汁も一緒にとることを忘れずに。発酵食品であるみそは免疫力を高める力にすぐれており、また大豆に含まれるポリフェノールが強い抗酸化作用を発揮するからです。

また、みそ汁の具には、カルシウムや食物繊維、解毒のビタミンA 、C、E をたっぷり含んだわかめやほうれんそうなどをたくさん入れましょう。市販の惣菜・煮ものによく使われるリン酸塩などの添加物の害を消してくれます。

ちなみに味噌は乳がんも抑制します。

健康食品の代表格「ナットウ」

よく練り、ねばりを出して納豆菌の活動を活発にする

「納豆は大豆と納豆菌でつくる無添加食品。安全な健康食品」と太鼓判を押したいところですが、もしかしたら、おおもとの材料の大豆に遺伝子組み換え食品を使っているかもしれないという心配があります。パッケージに「国産大豆100%」と表示してあるものを選べば安心。この表示以外の納豆には輸入大豆が使われていることが多く、遺伝子組み換え大豆の不安はぬぐえません。

「極小」「超小粒」とうたったもの、「炭火発酵」「本格熟成」と、つくり方を特徴づけたもの、さらに「有機栽培無農薬」としてOCIAのマークがついたものなども出回っていますが、栄養価や味、品質に変わりはありませんOCIAはアメリカのオーガニック認定団体で、日本の有機栽培ガイドラインよりは信頼度が高いようです。

ところで、「輸入大豆だと、ポストハーベスト農薬が不安」という声も聞かれますが、あまり心配する必要はありません。納豆は製造過程で水にひたすので、農薬などの不安物質が残っていても、水に溶けだしてしまいます。さらに、大豆に含まれている食物繊維が、有害物質を体の外に出してくれるのです。さて、納豆を食べるときは、できるだけ「ねばり」を出して食べることをおすすめします。

ねばりが納豆菌の活動を活発にし、o157などの食中毒菌に対する力を高めてくれるからです。また、ねばりの中に含まれる「ナットウキナーゼ」は血栓を溶かす作用もあります。納豆を長くおくと、チロシンというアミノ酸の結晶ができてジャリジャリしますが、心配はいりません。それでも、製造されてから5日目をめどに食べましょう。そのほうがおいしくいただけます。ナットウキナーゼについてはこちら

揚げ油に添加物が多い、油揚げ

油抜きで不安物質を解消する

とうふを薄く切って揚げたものが油揚げ。材料のとうふには、不安な添加物は使われていませんが、それでも、気になる点が3つ。

1つは、「丸大豆」「国産大豆」という表示の場合。とうふと同じように、輸入大豆が使われていて、遺伝子組み換え大豆かもしれない不安があります。2つめは、揚げ油の種類がわからないこと。遺伝子組み換え食用油が使われているかもしれません。
3三つめは、揚げ油の持ち込み添加物として(揚げ油に添加物が入っている)、酸化防止剤の「BHA」が使われているかもしれない不安です。

さて、遺伝子組み換え大豆が不安なら、「遺伝子組み換え大豆は使用していません」という表示があるもの、あるいは「国産大豆100%」のものを選んでください。

揚げ油については、油揚げを使う前に熱湯をかけるか、熱湯をくぐらせて油抜きを行います。油分が熱湯に溶けてとれるので、揚げ油の添加物BHAがあったとしても減らせますし、遺伝子組み換え食用油の不安も少なくをります。さらに、油臭さもとれて、料理の昧もすっきりします。

焼きすぎると発ガン物質が出るたらこ

たらこは、保存食品としてスケトウダラという鱈の卵が塩漬け加工されたものをいいます。

加工されたたらこは、ご飯のおかずにぴったりで、そのまま食べてもおいしいですが、焼くといっそうおいしいものです。

見た目には赤いたらこほどおいしそうな感じですが、あの赤い色は実は着色料によるもので、本来はもっと白っぽい色をしています。

安心して食べるためには、「赤色102号」などの数字が入っている着色料や、コチニール(カルミン)色素が使われていない、無着色などと表示された色の薄いたらこを選ぶと良いでしょう。

それでは、無着色と表示されているたらこなら安心なのかというと、そうでもありません。ただ着色料を使っていないというだけであって、着色料の代わりに「亜硝酸塩」という発色剤が使われているものが多くて、これでは心配なことに変わりありません。

ただし、亜硝酸塩が使われている場合には同時にビタミンCを添加することが義務づけられていて、これには発色剤の害を防ぐ効果があるのです。

たらこを焼くなら焦がさないこと

ほぼ完全に安心なたらこは、無着色で、無添加で、さらに調味料(アミノ酸)も使われていないものです。

焼いたたらこを好んで食べる人も多いと思いますが、焼くのであれば、調味料(アミノ酸など)が表示されているものは避けましょう。それは、アミノ酸の主体となっているグルタミン酸Naに、直火の高温で、発ガン物質となる危険があるからです。

このように、焼きすぎて焦げた部分は発ガン物質になる恐れがあるので、たらこを焼く場合には、焦がさないように注意し、焼き色を少しつける程度にしておきましょう。また、焼いたたらこには、焼き魚と同じように、大根おろしを添えるのがおすすめです。大根に豊富に含まれるビタミンCが、発ガン物質の害を防いでくれます。

冷凍でも100%安全ではない冷凍食品

最近は、本当にさまざまな種類の冷凍食品が販売されています。冷凍食品は手軽で便利。毎日お弁当を持って出かける人には、ハンバーグやコロッケ、フライといったお総菜の冷凍食品が、とても重宝していることでしょう。

通常、冷凍食品は急速冷凍されるので、とても安心できるかというと案外そうでもなくて、添加物がけっこう入っています。ですから、添加物がたくさん入った商品は、当然避けましょう。

また、添加物のほかにも不安なものはあります。それは、輸入されているものかもしれない「じゃがいも」と「油」です。海外から輸入されているものであれば、遺伝子組み換えされている食品の可能性が出てくるためです。

フライは2度揚げることで殺菌する

フライもので気をつけたいのは、その食品を必ず2度揚げするということです。もし、食中毒を起こす細菌が付着していたとすれば、生きたまま活動を停止して冷凍され、冬眠している状態とも考えられ、冷凍されても生き残ることになります。冷凍されているからといって、細菌は死滅しているわけではないのです。

じゅうぶんに加熱されて調理されれば殺菌できますが、冷凍食品は冷凍の状態から加熱するため、中心の部分の温度が上がりにくいことに注意する必要があります。この状態で、菌が入ってしまっていたとしたら、菌が増殖するのに絶好の条件で、そのままお弁当に入れたりしたら大変なことになります。ですから、2度揚げをすることで、完全に殺菌するのです。

電子レンジやオーブントースターでの調理法

「そのまま電子レンジであたためられます」というような表示の冷凍食品を見たことはないでしょうか。これは、プラスチックの容器をそのままお皿の代わりにしてあたためられる、ということですから、環境ホルモンの心配が出てきます。

環境ホルモンが溶け出さない容器が使われていればよいのですが、実際には疑問が残るところです。気になる場合には、自宅にあるレンジ用の容器かお皿に移してあたためるのがよいでしょう。

オーブントースターであたためるタイプの食品の場合にも、中まできちんと加熱するのが安心です。焦げる心配があれば、アルミホイルをかぶせて加熱しましょう。

環境ホルモンが溶け出す可能性がある缶詰

缶詰を利用することはあるでしょうか。さまざまな種類がある缶詰食品。便利だし、保存は利くし、普段なにげなく食べている人は多いことでしょう。しかし、この缶詰に入った食品が、私たちの体に害をもたらす恐れがあるのです。

ほかの加工食品と同じように、缶詰の中身には添加物がいろいろと使われているという不安があります。

缶詰、それにインスタント食品やカップめんなどは手軽で便利です。しかし、これらは健康被害が懸念されるだけでなく、環境ホルモンの危険性も持っています。問題となるのは、中身ではなく容器です。缶詰の場合、缶の内側に塗られている素材から、ホルモンや神経をおかしくする危ない物質が溶け出ることがわかっています。

環境ホルモンとは、私たちの体の中でホルモンと同じような働きをし、生殖機能などに影響を与えるといわれている物質です。環境ホルモンは、ほとんどが、水よりお湯、お湯より酢、酢より油、油よりアルコールに溶け出しやすい性質があります。

缶の内側の塗装には、「ビスフェノールA」という物質が使われているものがあるのですが、これが原料となっている「エポキシ樹脂」でコーティングされていて、この樹脂が環境ホルモンとして疑われています。エポキシ樹脂は、おもにプラスチックの原料として使用されるもので、ビスフェノールAが、塗装が施された部分から飲食物に移行する心配があります。

これらのことは、魚介類の缶やコーンなどの缶だけでなく、缶コーヒーなどの缶ジュース類についても同じことです。こちらも水よりお湯、お湯より油に溶け出しやすいという性質があるため、コールドドリンクよりもホットドリンクの方が危険性が高いということになります。

また、ツナ缶など油が多く含まれた缶詰だと、さらに危険性が高くなります。長期保存が利く缶詰といえども、古くなると、容器に含まれる物質が中に溶け出してしまうので、できるだけ早く使うほうが良いです。

缶詰を購入するときには、缶の底の部分を見てみましょう。底が白いものはエポキシ樹脂を使用していないため、比較的安心できるものといえます。

そして、国内で製造される食品用容器包装については、すでに代替品への切り替えや、技術改良などの取り組みがされてきているそうです。

発ガン性物質が含まれる危険がある干もの

保存性の高い干ものは、魚介類の身を干した加工食品で、日本の食卓には定番の一品です。アジ、サバ、サンマ、ホッケなど、さまざまな魚を使って作られます。

製法は、昔は天日乾燥(天日干し)がほとんどでしたが、今では乾燥機を使うなどした人工乾燥も行われているそうです。

近頃の干ものは、昔のものと比べると水分量が多めで、ふっくらやわらかくなっています。水分が多く、塩分が少なければ、傷みやすいというデメリットはあるのですが、保存料がほとんど使われていないという安心があります。

それでも、添加物がまったく使われていないわけではありませんから、注意が必要です。

まずは、「ソルビン酸K」という保存料が含まれているもの。原材料名にこれが表示されていたら、できれば買わないほうが良いです。また、食感を良くするための「リン酸塩」も多く使われているのですが、こちらも避けたほうが良いです。

ほかにも、市販の干ものには、原料に輸入した魚が使われていたり、酸化防止剤のビタミンCや、旨みを補うアミノ酸、ツヤを出すための凝固剤などが添加されているものもあります。無添加の干ものは、表面にツヤがなく見栄えもあまり良いとはいえませんが、味の違いを実感できる、といいます。

干ものを焼くときに「焦げ」ができることがありますが、この焦げは、発ガン性物質の可能性があります。「焦げを食べるとガンになる」ときいたことがある人は多いでしょう。

発ガン性物質の中には特に注意が必要な「遺伝毒性」という性質があります。これは、細胞を傷つけて、DNA遺伝子に突然変異をもたらすものです。わずかな量でもDNAを傷つけるため、できるだけ摂取しないほうが良いのです。

塩分控えめだと添加物が多い漬け物

塩分の摂りすぎによって生活習慣病のリスクが高くなるといわれ、社会的にも塩分を控えた食生活を送る方向へ進んでいます。漬け物も、やはり例外ではありません。

ところが、漬け物は減塩と比例するように添加物が増えるのをご存じでしょうか。塩分控えめなら控えめなほど、添加物は増える傾向にあるので、それだけに、選びかたが大事になってきます。

たくあん漬けを例にあげると、原材料に、「黄色4号」などの数字が入った着色料が使われているもの、これは避けましょう。そして、保存料の「ソルビン酸K」や、甘味料の「ステビア」、「甘草」が使われているものも、できるだけ避けたほうが良いです。

「ステビア」は、漬け物には純度の低いものが使われることがあるそうで、遺伝毒性の心配があります。ですから、妊娠している女性は、特に注意が必要です。

塩は、味つけのためだけでなく、カビや色落ちを防いだりするのにも使われるのですが、塩を減らすには、うまみなどの味つけをほかの何かで補わなければなりません。そこで「ステビア」や「甘草」といった甘味料を加え、塩辛さを抑えます。人間は単純ですから、塩分が少ないと錯覚してしまうのです。

低塩、減塩だから健康に良いと思って購入しているのに、実際には身体に悪い添加物をたくさん摂取していることになります。

しかし、添加物がほとんど入っていない漬け物もなかにはありますから、パッケージの表示を必ず確認して、不安の少ないものを選ぶと良いでしょう。

それから、購入してきた漬け物に一緒に汁が入っている場合には、汁の中に添加物がたくさん溶け出しているので、漬け汁を捨てることが重要です。できれば、一度簡単に水洗いすると、添加物をさらに減らして食べることができます。