加工食品・おかず」カテゴリーアーカイブ

たらこ 焼きすぎると発ガン物質が出る

たらこ 焼きすぎると発ガン物質が出る ので注意しなければいけません。たらこは、保存食品としてスケトウダラという鱈の卵が塩漬け加工されたものをいいます。

加工されたたらこは、ご飯のおかずにぴったりで、そのまま食べてもおいしいですが、焼くといっそうおいしいものです。

たらこ 焼きすぎると発ガン物質が出る

たらこ 焼きすぎると発ガン物質が出る

見た目には赤いたらこほどおいしそうな感じですが、あの赤い色は実は着色料によるもので、本来はもっと白っぽい色をしています。

安心して食べるためには、「赤色102号」などの数字が入っている着色料や、コチニール(カルミン)色素が使われていない、無着色などと表示された色の薄いたらこを選ぶと良いでしょう。

それでは、無着色と表示されているたらこなら安心なのかというと、そうでもありません。ただ着色料を使っていないというだけであって、着色料の代わりに「亜硝酸塩」という発色剤が使われているものが多くて、これでは心配なことに変わりありません。

ただし、亜硝酸塩が使われている場合には同時にビタミンCを添加することが義務づけられていて、これには発色剤の害を防ぐ効果があるのです。

たらこ を焼くなら焦がさないこと

ほぼ完全に安心なたらこは、無着色で、無添加で、さらに調味料(アミノ酸)も使われていないものです。

焼いたたらこを好んで食べる人も多いと思いますが、焼くのであれば、調味料(アミノ酸など)が表示されているものは避けましょう。それは、アミノ酸の主体となっているグルタミン酸Naに、直火の高温で、発ガン物質となる危険があるからです。

このように、焼きすぎて焦げた部分は発ガン物質になる恐れがあるので、たらこを焼く場合には、焦がさないように注意し、焼き色を少しつける程度にしておきましょう。また、焼いたたらこには、焼き魚と同じように、大根おろしを添えるのがおすすめです。大根に豊富に含まれるビタミンCが、発ガン物質の害を防いでくれます。

加工食品・おかず

干もの 発ガン性物質が含まれる危険

干もの 発ガン性物質が含まれる危険 があります。保存性の高い干ものは、魚介類の身を干した加工食品で、日本の食卓には定番の一品です。アジ、サバ、サンマ、ホッケなど、さまざまな魚を使って作られます。
製法は、昔は天日乾燥(天日干し)がほとんどでしたが、今では乾燥機を使うなどした人工乾燥も行われているそうです。

干もの 発ガン性物質が含まれる危険

干もの 発ガン性物質が含まれる危険

近頃の干ものは、昔のものと比べると水分量が多めで、ふっくらやわらかくなっています。水分が多く、塩分が少なければ、傷みやすいというデメリットはあるのですが、保存料がほとんど使われていないという安心があります。

それでも、添加物がまったく使われていないわけではありませんから、注意が必要です。

まずは、「ソルビン酸K」という保存料が含まれているもの。原材料名にこれが表示されていたら、できれば買わないほうが良いです。また、食感を良くするための「リン酸塩」も多く使われているのですが、こちらも避けたほうが良いです。

ほかにも、市販の干ものには、原料に輸入した魚が使われていたり、酸化防止剤のビタミンCや、旨みを補うアミノ酸、ツヤを出すための凝固剤などが添加されているものもあります。無添加の干ものは、表面にツヤがなく見栄えもあまり良いとはいえませんが、味の違いを実感できる、といいます。

干ものを焼くときに「焦げ」ができることがありますが、この焦げは、発ガン性物質の可能性があります。「焦げを食べるとガンになる」ときいたことがある人は多いでしょう。

発ガン性物質の中には特に注意が必要な「遺伝毒性」という性質があります。これは、細胞を傷つけて、DNA遺伝子に突然変異をもたらすものです。わずかな量でもDNAを傷つけるため、できるだけ摂取しないほうが良いのです。

加工食品・おかず

漬け物 塩分控えめだと添加物が多い

漬け物 塩分控えめだと添加物が多い というデメリットが生じます。塩分の摂りすぎによって生活習慣病のリスクが高くなるといわれ、社会的にも塩分を控えた食生活を送る方向へ進んでいます。漬け物も、やはり例外ではありません。

漬け物 塩分控えめだと添加物が多い

漬け物 塩分控えめだと添加物が多い

け物 塩分控えると添加物が増えてしまうジレンマ

 

ところが、漬け物は減塩と比例するように添加物が増えるのをご存じでしょうか。塩分控えめなら控えめなほど、添加物は増える傾向にあるので、それだけに、選びかたが大事になってきます。

たくあん漬けを例にあげると、原材料に、「黄色4号」などの数字が入った着色料が使われているもの、これは避けましょう。そして、保存料の「ソルビン酸K」や、甘味料の「ステビア」、「甘草」が使われているものも、できるだけ避けたほうが良いです。

「ステビア」は、漬け物には純度の低いものが使われることがあるそうで、遺伝毒性の心配があります。ですから、妊娠している女性は、特に注意が必要です。

塩は、味つけのためだけでなく、カビや色落ちを防いだりするのにも使われるのですが、塩を減らすには、うまみなどの味つけをほかの何かで補わなければなりません。そこで「ステビア」や「甘草」といった甘味料を加え、塩辛さを抑えます。人間は単純ですから、塩分が少ないと錯覚してしまうのです。

低塩、減塩だから健康に良いと思って購入しているのに、実際には身体に悪い添加物をたくさん摂取していることになります。

しかし、添加物がほとんど入っていない漬け物もなかにはありますから、パッケージの表示を必ず確認して、不安の少ないものを選ぶと良いでしょう。

それから、購入してきた漬け物に一緒に汁が入っている場合には、汁の中に添加物がたくさん溶け出しているので、漬け汁を捨てることが重要です。できれば、一度簡単に水洗いすると、添加物をさらに減らして食べることができます。

漬け物は無添加のぬか床を購入して自分で漬けるのが一番です。

加工食品・おかず

かまぼこ でんぷんの量が多いものは避けたい

かまぼこ でんぷんの量が多いものは避けたい というのはかまぼこというと、弾力のある歯ごたえが魅力の食品です。かまぼこのような練り物には、ご存じのように、原料に魚のすり身が使用されています。

かまぼこ をはじめとした練り物は、それぞれの形にされる時に強さを補うために「でんぷん」が使用されます。そして、でんぷんの量が多いほど添加物が多く使われているのです。

かまぼこ でんぷんの量が多いものは避けたい

かまぼこ でんぷんの量が多いものは避けたい

かまぼこの弾力性はアシ(足)といわれるそうですが、かまぼこの原料には、味の良さに加え、加熱すると良いアシが出る魚が使われています。使用される魚の種類はひとつだけでなく、一般には数種類の魚が組み合わされて、つくられています。スケトウダラやハモ、エソ、グチなどの魚です。

また、地方ごとに近海で獲れる魚が利用され、その土地ならではのかまぼこもあります。

かまぼこをはじめとした練り物は、それぞれの形にされる時に強さを補うために「でんぷん」が使用されます。そして、でんぷんの量が多いほど添加物が多く使われるので、でんぷんの含有量については、4 % までのものが良いです。つまり、5 % 以上のでんぷんが含まれているかまぼこは、避けたいところです。

かまぼこ 練り製品は添加物に気をつける

そして、次にあげる添加物が使われているものは避けましょう。まずは「ソルビン酸」や「ソルビン酸K」という保存料が含まれているもの。肝臓障害や発育不良を起こすことが考えられます。

「コチニール(カルミン)色素」や、「赤色 106 号」など数字が含まれた着色料が添加されているものも良くありません。これらには、発ガン性の疑いなどがあります。

そのほか「リン酸Na」(リン酸塩)は、過剰に摂取するとカルシウムの吸収を妨げるなどといわれています。もし原材料名にリン酸塩が表示されていなくても、すり身のほうに入っている場合があります。

しかし、近年では、添加物をいっさい使わずに、でんぷんの含有量もゼロといった、とても質の良いかまぼこも出まわるようになりました。

添加物がいろいろ含まれている練り製品を少しでも安心して食べるには、なるべく薄切りにして、お湯にくぐらせて食べることです。こうすることで、添加物がお湯に溶け出します。塩分なども一緒に減らせるので、なお良いです。

おかず

とうふ 輸入大豆だと遺伝子組み換えの不安がある

とうふ 輸入大豆だと遺伝子組み換えの不安がある ので注意しなければいけません。

買うなら、塩化マグネシウム含有物や 国産大豆 100 %の表示のもの

とうふ 輸入大豆だと遺伝子組み換えの不安がある

とうふ 輸入大豆だと遺伝子組み換えの不安がある

とうふといえば、高タンパク・低カロリー、大豆が原料となっている健康フードであり、毎日でも食べたいものです。私たち日本人にはとても身近な食べ物ですが、このとうふは、安心して食べることができる食品なのでしょうか。

とうふには、危険な添加物は含まれていません。しかしひとつ不安なことがあり、それは原材料となっている大豆についてです。

「国産大豆使用」と表示されたとうふをよく見かけます。しかし、この表示こそがくせ者で、実は、国産大豆が使われているのは原料の中の一部だけであって、全部(100パーセント)ではないということです。

それでは、一部以外の残りには何が使われているのかというと、それは、アメリカからの輸入の大豆です。そして、輸入大豆には、遺伝子組み換えという問題があります。

遺伝子組み換えの農作物がなぜ問題なのかというと、他の生物の遺伝子を組み込み除草剤や害虫に強い性質にされた作物なので、さらに除草剤などを多く使わなければならないからです。

大豆の加工食品は表示が義務づけられているのですが、遺伝子組み換えされたものは避けたほうが賢明です。

この問題や不安をクリアするには、やはり、「国産大豆100パーセント」と表示されているものを選ぶのが良いでしょう。それから、凝固剤に「塩化マグネシウム含有物」の表示があるものを選びましょう。

塩化マグネシウム含有物というのは、つまり「にがり」のことです。とうふの凝固剤には 3 種類あって、先ほどの塩化マグネシウム含有物(にがり)のほか、硫酸カルシウム、グルコノデルタラクトンがあります。

安心度、危険度に大差はないのですが、差が出るのは、同じ大豆の量からできるとうふの数です。塩化マグネシウム含有物が使われているものを1とすると、それに対し、硫酸カルシウムが約 1.3 倍、グルコノデルタラクトンは約 1.7 倍の量のとうふができます。

これはどういうことかというと、とうふ1丁あたりの栄養が、塩化マグネシウム含有物(にがり)でつくられたものが一番多いということになります。同じ値段で買うなら、にがりが使われているもののほうが栄養価が高くて、お得感がありますね。

より安心してとうふを食べるには、買ってきたらパックからすぐに出し、水につけましょう。凝固剤などが水に溶け出るし、にがりの臭みもとれます。すぐに食べないなら、水を張ったタッパーなどに移し冷蔵庫へ入れておきましょう。

加工食品・おかず

ハム 発ガン性の疑いが言われる添加物が多い

ハム 発ガン性の疑いが言われる添加物が多い のでどこに注意したらいいのかをまとめています。ソルビン酸Kが入っていないものを選ぶのがポイントです。ソルビン酸Kと発色剤の亜硝酸塩が一緒になると、発ガン物質ができるといわれています。

ハム 使用前に熱湯にくぐらせることで除毒できる

ハム 発ガン性の疑いが言われる添加物が多い

ハム 発ガン性の疑いが言われる添加物が多い

ハムはサンドイッチやサラダ、お弁当のおかず、それにオードブルの飾りなど、使う頻度の高い食便利な食品ですが、その分添加物の多い食品です。

しかし、ちょっとした工夫で危険性を低減することができます。まず、ハムによく使われている添加物のうち、発ガン性などが指摘される不安なものは以下の3点です。

  • 保存料(ソルビン酸K)
  • 発色剤(亜硝酸塩、亜硝酸K、硝酸K)
  • コチニール色素(別名カルミン色素)

これらがすべて含まれていないハムがベストですが、店頭ではなかなかそういったハムは見かけません。

そこで、せめてソルビン酸Kが入っていないものを選ぶのがポイントです。ソルビン酸Kと発色剤の亜硝酸塩が一緒になると、発ガン物質ができるといわれています。

避けるに越したことはありません。「ビタミンC」の表示があるものはよいでしょう。
酸化防止剤「エリソルビン酸Na」の表示を見かけることがありますが、これはソルビン酸Kとは別もの。この添加物を多く摂ると、下痢や遺伝毒性の不安もあるといわれはじめ、最近はエリソルビン酸Naの代わりに「ビタミンC」を使うことが多くなったのです。

ビタミンC は発色剤の害を減らす働きもあるので安心です。なお、生ハムの場合、幸いにもソルビン酸K は使われていません。さて、安全に食べる方法です。まず、そのまま食べるときは、50度くらいのお湯の中で、ハムを10秒ほどつけて振ります(湯ぶり)。

これで添加物がお湯に溶けだし、減らすことができます。ハムはスライスしてあるので、この程度の時間で十分。

また、10秒ほどなら味にもそう影響はありません。ハムをサラダなどに使うときは、このテクニックを。生ハムも同じ方法で下ごしらえ。

ハムのコシは少しなくなりますが、発色剤などをぐんと減らせて安心です。ハムを妙めたり、スープなどに入れるときは、食感をそれほど気にしなくていいので、1分ほどお湯にとおしてからにしましょう。さらに安心です。ちなみに、子どもたちに人気のウインナーも、表裏合わせて六本以上の切れ目を入れて、たっぷりのお湯に1分ほどくぐらせれば OK です。

そして、ハムの添加物の不安を解消するのにもってこいの食材がキャベツ。ベータキャベツに含まれるβ-カロテン(体内でビタミンA にかわる)、ビタミンC 、E 、カルシウム、食物繊維が添加物の害を防いでくれます。これらの栄養素が入っている野菜なら何でもよいのですが、とくにキャベツのカルシウムは吸収されやすいので、リン酸塩の害を防ぐのに最適。ちなみにリン酸塩は、たくさん摂るとカルシウムのバランスをくずして骨を弱くし、鉄分の吸収のじゃまをして貧血をまねくといわれています。
「ハムとキャベツの妙めもの」など、解毒メニューとして、早速、普段の食事にとり入れてはいかがでしょうか。

加工食品・おかず

燻製 酒のつまみにむかない

燻製 酒のつまみにむかない というお話です。乾きものは保存も効くので酒のつまみとして定番です。また、塩分も多く、お酒がすすむでしょう。保存が効くものというのは基本的に添加物が多く使われています。

アルコールは、つまみの中の添加物の吸収を早める作用がある 燻製

イカ 燻製

イカ 燻製

  • イカのくん製
  • ホタテのくん製
  • タラのくん製

これらの製品は乾きものの酒のつまみとして定番です。この燻製にも、添加物がけっこう使われています。

たとえば保存料として 「ソルビン酸K」 品質改良材の 「リン酸塩」 甘味料の 「ソルビット」 「甘草」 「ステビア」 調味料 (アミノ酸等)  酸味料などです。
ほかにも、着色料として「コチニール(カルミン)色素」が使われていることもあります。せめて、ソルビン酸K やリン酸塩が入っているものは買わないことが安全を高める上ではとても大切です。

甘味料のソルビット、甘辛、ステビアの表示があるものも避けたいもの。ちなみに、ソルビットはさわやかな甘みの甘味料で、保湿効果や鮮度を保つ効果、ほかの甘味料の嫌みを消すなど、さまざまな効果があります。そのため、いろいろなものに入っています。

だから、あれやこれや食べているうちに、必然的にたくさん摂ることになってしまいます。しかし、たくさん摂取すると下痢を起こすおそれがあるので要注意です。

さて、まったくの無添加のくん製品もあります。きちんと表示を確かめて、買うならコレにしましょう。安心な食べ方は、添加物が入ったくん製品をアルコールのつまみにして食べないことです。アルコールは添加物の吸収を早め、たくさん摂ることになります。「酒の肴は手づくりに限る」ということでしょうか。
加工食品 おかず

総菜 煮物

総菜 煮物 にはどんな危険性があるのでしょうか?またその危険性を少しでも低減するにはどうしたらいいでしょうか? 総菜 煮物 は忙しいときにはとても便利ですから大事な知識として頭の片隅にいれておいてください。

味噌汁の解毒作用を活用する 総菜 煮物

煮物 総菜

煮物 総菜

和風の煮ものは「お袋の味」の代表格。添加物など使わない、昔ながらのおかずのイメージが強いのですが、スーパーやコンビニなどで売られている惣菜・煮ものは、ちょっと違います。

パッケージの裏の原材科名の表示をよく見ると、保存料などの添加物がけっこう入つていることがわかります。たとえば、惣菜の代表「きんぴら」の原材料名の表示を見ても 「 リン酸(Na) 」、甘味料の 「 甘草 」 などの不安な添加物が使われていたりします。

このほか、よく見かける不安添加物に、保存料の 「ソルビン酸K」  甘味料の 「 ステビア 」 などがあります。

ところで、同じきんぴらでも、「 調味料 ( アミノ酸等 ) 」すら入っていない優秀な総菜・煮物も出回るようになってきました。表示をよく見て、安心なものを探してください。

安心度を少しでも高めるために、市販の惣菜を食べるときは、みそ汁も一緒にとることを忘れずに。発酵食品であるみそは免疫力を高める力にすぐれており、また大豆に含まれるポリフェノールが強い抗酸化作用を発揮するからです。

また、みそ汁の具には、カルシウムや食物繊維、解毒のビタミンA 、C、E をたっぷり含んだわかめやほうれんそうなどをたくさん入れましょう。市販の惣菜・煮ものによく使われるリン酸塩などの添加物の害を消してくれます。加工食品 おかず

ちなみに味噌は乳がんも抑制します。

冷凍食品 冷凍でも 100% 安全ではない

冷凍食品 冷凍でも 100% 安全ではない ので注意しなければいけません。最近は、本当にさまざまな種類の冷凍食品が販売されています。冷凍食品は手軽で便利。毎日お弁当を持って出かける人には、ハンバーグやコロッケ、フライといったお総菜の冷凍食品が、とても重宝していることでしょう。通常、冷凍食品は急速冷凍されるので、とても安心できるかというと案外そうでもなくて、添加物がけっこう入っています。ですから、添加物がたくさん入った商品は、当然避けましょう。

冷凍食品 冷凍でも 100% 安全ではない

冷凍食品 冷凍でも 100% 安全ではない

通常、冷凍食品は急速冷凍されるので、とても安心できるかというと案外そうでもなくて、添加物がけっこう入っています。ですから、添加物がたくさん入った商品は、当然避けましょう。

また、添加物のほかにも不安なものはあります。それは、輸入されているものかもしれない「じゃがいも」と「油」です。海外から輸入されているものであれば、遺伝子組み換えされている食品の可能性が出てくるためです。

冷凍食品 フライは 2 度揚げることで殺菌する

フライもので気をつけたいのは、その食品を必ず2度揚げするということです。もし、食中毒を起こす細菌が付着していたとすれば、生きたまま活動を停止して冷凍され、冬眠している状態とも考えられ、冷凍されても生き残ることになります。冷凍されているからといって、細菌は死滅しているわけではないのです。

じゅうぶんに加熱されて調理されれば殺菌できますが、冷凍食品は冷凍の状態から加熱するため、中心の部分の温度が上がりにくいことに注意する必要があります。この状態で、菌が入ってしまっていたとしたら、菌が増殖するのに絶好の条件で、そのままお弁当に入れたりしたら大変なことになります。ですから、2度揚げをすることで、完全に殺菌するのです。

電子レンジやオーブントースターでの調理法

「そのまま電子レンジであたためられます」というような表示の冷凍食品を見たことはないでしょうか。これは、プラスチックの容器をそのままお皿の代わりにしてあたためられる、ということですから、環境ホルモンの心配が出てきます。

環境ホルモンが溶け出さない容器が使われていればよいのですが、実際には疑問が残るところです。気になる場合には、自宅にあるレンジ用の容器かお皿に移してあたためるのがよいでしょう。

オーブントースターであたためるタイプの食品の場合にも、中まできちんと加熱するのが安心です。焦げる心配があれば、アルミホイルをかぶせて加熱しましょう。

加工食品・おかず

納豆 健康食品の代表格

納豆 健康食品の代表格 です。日本人の食卓には欠かせない 納豆 ですがパン食が増えて食べる機会医も少しずつ減っているようです。

納豆 よく練り、ねばりを出して納豆菌の活動を活発にする

納豆 健康食品の代表格

納豆 健康食品の代表格

納豆 は大豆と納豆菌でつくる無添加食品。安全な健康食品 』 と太鼓判を押したいところですが、もしかしたら、おおもとの材料の大豆に遺伝子組み換え食品を使っているかもしれないという心配があります。

パッケージに 「 国産大豆 100 % 」 と表示してあるものを選べば安心。この表示以外の納豆には輸入大豆が使われていることが多く、遺伝子組み換え大豆の不安はぬぐえません。

とうふ 同様 輸入大豆だと遺伝子組み換えの不安がある ということです。

「極小」「超小粒」とうたったもの、「炭火発酵」「本格熟成」と、つくり方を特徴づけたもの、さらに「有機栽培無農薬」として OCIA のマークがついたものなども出回っていますが、栄養価や味、品質に変わりはありません OCIA はアメリカのオーガニック認定団体で、日本の有機栽培ガイドラインよりは信頼度が高いようです。

ところで、「輸入大豆だと、ポストハーベスト農薬が不安」という声も聞かれますが、あまり心配する必要はありません。

納豆は製造過程で水にひたすので、農薬などの不安物質が残っていても、水に溶けだしてしまいます。さらに、大豆に含まれている食物繊維が、有害物質を体の外に出してくれるのです。さて、納豆を食べるときは、できるだけ「ねばり」を出して食べることをおすすめします。

ねばりが納豆菌の活動を活発にし、o157 などの食中毒菌に対する力を高めてくれるからです。また、ねばりの中に含まれる「ナットウキナーゼ」は血栓を溶かす作用もあります。

納豆を長くおくと、チロシンというアミノ酸の結晶ができてジャリジャリしますが、心配はいりません。それでも、製造されてから 5 日目をめどに食べましょう。そのほうがおいしくいただけます。
加工食品・おかず
ナットウキナーゼ についてはこちら