加工食品・おかず」カテゴリーアーカイブ

加工食品・おかず 安全な食品の選び方から体への影響まで。 食品 表示 偽装 残留農薬 ワックス 食品添加物 などの心配について。

かまぼこ 選び方 でんぷんの量が多いものは避けたい

かまぼこ 選び方 でんぷんの量が多いものは避けたい というのはかまぼこというと、弾力のある歯ごたえが魅力の食品です。かまぼこのような練り物には、ご存じのように、原料に魚のすり身が使用されています。

かまぼこ をはじめとした練り物は、それぞれの形にされる時に強さを補うために「でんぷん」が使用されます。そして、でんぷんの量が多いほど添加物が多く使われているのです。

かまぼこ でんぷんの量が多いものは避けたい

かまぼこ でんぷんの量が多いものは避けたい

かまぼこの弾力性はアシ(足)といわれるそうですが、かまぼこの原料には、味の良さに加え、加熱すると良いアシが出る魚が使われています。使用される魚の種類はひとつだけでなく、一般には数種類の魚が組み合わされて、つくられています。スケトウダラやハモ、エソ、グチなどの魚です。

また、地方ごとに近海で獲れる魚が利用され、その土地ならではのかまぼこもあります。

かまぼこをはじめとした練り物は、それぞれの形にされる時に強さを補うために「でんぷん」が使用されます。そして、でんぷんの量が多いほど添加物が多く使われるので、でんぷんの含有量については、4 % までのものが良いです。つまり、5 % 以上のでんぷんが含まれているかまぼこは、避けたいところです。

かまぼこ 練り製品は添加物に気をつける

そして、次にあげる添加物が使われているものは避けましょう。まずは「ソルビン酸」や「ソルビン酸K」という保存料が含まれているもの。肝臓障害や発育不良を起こすことが考えられます。

「コチニール(カルミン)色素」や、「赤色 106 号」など数字が含まれた着色料が添加されているものも良くありません。これらには、発ガン性の疑いなどがあります。

そのほか「リン酸Na」(リン酸塩)は、過剰に摂取するとカルシウムの吸収を妨げるなどといわれています。もし原材料名にリン酸塩が表示されていなくても、すり身のほうに入っている場合があります。

しかし、近年では、添加物をいっさい使わずに、でんぷんの含有量もゼロといった、とても質の良いかまぼこも出まわるようになりました。

添加物がいろいろ含まれている練り製品を少しでも安心して食べるには、なるべく薄切りにして、お湯にくぐらせて食べることです。こうすることで、添加物がお湯に溶け出します。塩分なども一緒に減らせるので、なお良いです。

おかず

とうふ 危険 輸入大豆だと遺伝子組み換えの不安がある

とうふ 危険 輸入大豆だと遺伝子組み換えの不安がある ので注意しなければいけません。少し安価な豆腐がお買い得になっている場合などは特に注意しなければいけません。お得のつもりで購入しても実際は、お得にはなっていません。健康を害してしまう危険性があるのです。

とうふ 危険 を避ける場合は、塩化マグネシウム含有物や 国産大豆 100 %の表示のもの

とうふ 危険 輸入原材料を使用しているものは購入しない

とうふ 危険 輸入原材料を使用しているものは購入しない

とうふ といえば、高タンパク・低カロリー、大豆が原料となっている健康フードであり、毎日でも食べたいものです。私たち日本人にはとても身近な食べ物ですが、この とうふ は、安心して食べることができる食品なのでしょうか。

とうふ には、危険な添加物は含まれていません。しかしひとつ不安なことがあり、それは原材料となっている大豆についてです。

「 国産大豆使用 」 と表示された とうふ をよく見かけます。しかし、この表示こそがくせ者で、実は、国産大豆が使われているのは原料の中の一部だけであって、全部(100パーセント)ではないということです。あまり安価な とうふ は選ぶのはとても危険です。

それでは、一部以外の残りには何が使われているのかというと、それは、アメリカからの輸入の大豆です。そして、輸入大豆には、遺伝子組み換えという問題があります。

遺伝子組み換えの農作物がなぜ問題なのかというと、他の生物の遺伝子を組み込み除草剤や害虫に強い性質にされた作物なので、さらに除草剤などを多く使わなければならないからです。

大豆の加工食品は表示が義務づけられているのですが、遺伝子組み換えされたものは避けたほうが賢明です。

この問題や不安をクリアするには、やはり、「国産大豆100パーセント」と表示されているものを選ぶのが良いでしょう。それから、凝固剤に「塩化マグネシウム含有物」の表示があるものを選びましょう。

塩化マグネシウム含有物というのは、つまり「にがり」のことです。とうふの凝固剤には 3 種類あって、先ほどの塩化マグネシウム含有物(にがり)のほか、硫酸カルシウム、グルコノデルタラクトンがあります。

安心度、危険度に大差はないのですが、差が出るのは、同じ大豆の量からできるとうふの数です。塩化マグネシウム含有物が使われているものを1とすると、それに対し、硫酸カルシウムが約 1.3 倍、グルコノデルタラクトンは約 1.7 倍の量のとうふができます。

これはどういうことかというと、とうふ1丁あたりの栄養が、塩化マグネシウム含有物(にがり)でつくられたものが一番多いということになります。同じ値段で買うなら、にがりが使われているもののほうが栄養価が高くて、お得感がありますね。

より安心してとうふを食べるには、買ってきたらパックからすぐに出し、水につけましょう。凝固剤などが水に溶け出るし、にがりの臭みもとれます。すぐに食べないなら、水を張ったタッパーなどに移し冷蔵庫へ入れておきましょう。

豆腐 良質たんぱく質の宝庫で疲労回復にも

加工食品・おかず

森永 国産大豆 絹とうふ 250g×12個 [充てん豆腐 常温長期保存 備蓄 保存料不使用]

  • 【国産大豆 絹とうふ】大豆本来の甘味・風味がより引き立つ厳選した国産大豆を使用した、なめらかな口あたりの絹とうふです。
  • 【こだわりの「挽き搾り製法」】大豆を砕いて皮を取り除き、実の部分だけを使用して作るこだわりの「挽き搾り製法」。雑味のない「コク・甘み・うま味」が凝縮した濃厚な味わいに仕上げました。
  • 【常温保存可能品】冷蔵庫のスペースを取らずに保管できます。持ち歩きにも便利なので、手土産やアウトドアにも適しています。
  • 【保存料不使用】無菌の状態で製造した、森永乳業独自のロングライフ製法により、保存料を使用せず「美味しさ」と「長持ち」を両立しています。ローリングストックで、いざという時にも役立ちます。
  • 【色々なシーンで活躍】冷奴やお料理以外でも活躍。離乳食へのご使用や、災害時の非常食、ギフトしてもオススメです。
  • 商品紹介

    ●森永乳業こだわりの「国産大豆 絹とうふ」。長期常温保存可能紙パックに無菌充てんする独自のロングライフ製法により、保存料不使用で常温長期保存が可能に。「開けたときが作りたての味」をお客さまにお届けします。
    ●大豆本来の甘味・風味がより引き立つ厳選した国産大豆を使用。なめらかな口あたりのとうふに仕上げました。
    ●常温で長期保存可能なので、災害時の貴重なたんぱく源としても重宝し、ローリングストック法にも最適です。
    【ローリングストック法とは】
    (1)災害発生時等の緊急時を見越し、日常から食品等を購入しておく。
    (2)平常時に使用した分を買い足す。
    (3)常に一定量の食品等を備蓄。

    原材料・成分

    丸大豆(国産)/凝固剤

    美味しさに自信あり。国産大豆を100%使用した、こだわりの絹とうふ。

    こだわりポイント①「美味しさ」

    大豆本来の風味や甘味が引き立つ貴重な国産大豆を使用し、なめらかな口あたりのとうふに仕上げました。大豆を挽き割り、身の部分だけを使用することで雑味のない「コク・甘み・うま味」が凝縮した濃厚な味わいになっています。

    こだわりポイント②「長期常温保存可能」

    6種構造の容器と無菌充てんで、保存料不使用なのに、長期常温保存可能だから、冷蔵庫に入れなくても大丈夫。毎日のお食事はもちろん、災害発生などの緊急時や、おとうふを買い忘れたときのためのストックとしても

    タレのアレンジで美味しさ色々

    【にらの冷奴ダレ】

    ①にら(1/2束)とにんにく(1片)を細かく刻み、塩昆布(2つまみ)、唐辛子の輪切り(2本分)と混ぜ合わせます

    ②「①」にしょうゆ(100ml)、みりん(50ml)、酒(50ml)を加えて冷蔵庫で1日寝かせます。その後、6等分した「森永 国産大豆絹とうふ」にたっぷりかけて出来上がり。

    【玉ねぎみそ】

    ①薄切りにした玉ねぎ(1/2個)と、とみそ(大さじ1)を混ぜ合わせます。冷蔵庫に入れて、時々混ぜながらなじませます。(約1時間ほどでなじみます)

    ②全体がなじんだら、6等分にした「森永 国産大豆絹とうふ」にのせて出来上がりです。

    ※「森永 国産大豆絹とうふ」は、もちろん冷や奴だけでなく、味噌汁やサラダ、麻婆豆腐などのお料理にもお使いいただけます

ハム 発ガン性 疑いが言われる添加物が多い

ハム 発ガン性 疑いが言われる添加物が多い のでどこに注意したらいいのかをまとめています。ハムを選ぶ際には、ソルビン酸Kが入っていないものを選ぶのがポイントです。ソルビン酸Kと発色剤の亜硝酸塩が一緒になると、発ガン物質ができるといわれています。

ハム 発ガン性 を抑えるための下処理 ハム 使用前に熱湯にくぐらせることで除毒できる

ハム 発ガン性

ハム 発ガン性

ハムはサンドイッチやサラダ、お弁当のおかず、それにオードブルの飾りなど、使う頻度の高い食便利な食品ですが、その分添加物の多い食品です。また。添加物だけでなく塩分も多いので血圧が高い方、塩分制限のある方は食べないほうがいいでしょう。

しかし、ちょっとした工夫で危険性を低減することができます。まず、ハムによく使われている添加物のうち、発ガン性などが指摘される添加物で不安なものは以下の3点です。

  • 保存料(ソルビン酸K)
  • 発色剤(亜硝酸塩、亜硝酸K、硝酸K)
  • コチニール色素(別名カルミン色素)

ソルビン酸K

ソルビン酸は脂肪酸の一種であり、広範囲の微生物に抗菌性を持つ保存料である。 ソルビン酸カリウムはソルビン酸のカリウム塩です。 ソルビン酸 ソルビン酸カリウム 本品は無色の針状結晶又は白色の結晶 性の粉末で、においがないか又はわず かに特異なにおいがあります。

発色剤

発色剤(はっしょくざい)とは、それ自体は色を持たないが、肉類の色を鮮やかに見せるために添加される食品添加物。 主に亜硝酸ナトリウムが使われ、硝酸ナトリウム・硝酸カリウムを併用することがあります。 ハム・ソーセージなどの食肉および魚肉加工品や鯨肉ベーコン、イクラや筋子に対して使用されます。

コチニール色素

コチニール色素は、中南米原産のサボテンなどに寄生するエンジムシ(コチニールカイガラムシ)から得られたカルミン酸を主成分とする赤色の着色料です。古くは染料として使われ、着色料としては、食品(清涼飲料水、菓子類、ハム、かまぼこなど)や医薬品、医薬部外品、化粧品(口紅、アイシャドーなど)で使用されています。

これらがすべて含まれていないハムがベストですが、店頭ではなかなかそういったハムは見かけません。

そこで、せめてソルビン酸Kが入っていないものを選ぶのがポイントです。ソルビン酸Kと発色剤の亜硝酸塩が一緒になると、発ガン物質ができるといわれています。

避けるに越したことはありません。「ビタミンC」の表示があるものはよいでしょう。
酸化防止剤「エリソルビン酸Na」の表示を見かけることがありますが、これはソルビン酸Kとは別もの。この添加物を多く摂ると、下痢や遺伝毒性の不安もあるといわれはじめ、最近はエリソルビン酸Naの代わりに「ビタミンC」を使うことが多くなったのです。

ビタミンC は発色剤の害を減らす働きもあるので安心です。なお、生ハムの場合、幸いにもソルビン酸K は使われていません。さて、安全に食べる方法です。まず、そのまま食べるときは、50度くらいのお湯の中で、ハムを10秒ほどつけて振ります(湯ぶり)。

これで添加物がお湯に溶けだし、減らすことができます。ハムはスライスしてあるので、この程度の時間で十分。

また、10秒ほどなら味にもそう影響はありません。ハムをサラダなどに使うときは、このテクニックを。生ハムも同じ方法で下ごしらえ。

ハムのコシは少しなくなりますが、発色剤などをぐんと減らせて安心です。ハムを妙めたり、スープなどに入れるときは、食感をそれほど気にしなくていいので、1分ほどお湯にとおしてからにしましょう。さらに安心です。ちなみに、子どもたちに人気のウインナーも、表裏合わせて六本以上の切れ目を入れて、たっぷりのお湯に1分ほどくぐらせれば OK です。ハムやウィンナーを食べる際には食感や味より安全性を優先するのは言うまでもありません。

そして、ハムの添加物の不安を解消するのにもってこいの食材がキャベツ。ベータキャベツに含まれるβ-カロテン(体内でビタミンA にかわる)、ビタミンC 、E 、カルシウム、食物繊維が添加物の害を防いでくれます。これらの栄養素が入っている野菜なら何でもよいのですが、とくにキャベツのカルシウムは吸収されやすいので、リン酸塩の害を防ぐのに最適。ちなみにリン酸塩は、たくさん摂るとカルシウムのバランスをくずして骨を弱くし、鉄分の吸収のじゃまをして貧血をまねくといわれています。
「ハムとキャベツの妙めもの」など、解毒メニューとして、早速、普段の食事にとり入れてはいかがでしょうか。

信州ハム グリーンマーク ブランドなら安心 添加物不使用 ハム

安心、安全のグリーンマーク 信州ハム「グリーンマーク ローススライス 60g」

この梨品のパッケージにあるグリーンマークとは、発色剤・リン酸塩・結着剤・保存料・酸化防止剤・合成着色料・化学調味料などを一切使用していない製品ということを表しています。

今ではハム・ベーコン・ウインナーの他に、チャーシュー・レバーなども加わり、豊富なラインアップとなりました。
さらにおいしく、さらに安心してお求めいただけるよう信州ハムのグリーンマークシリーズはこれからも研究と開発を続けてまいります。

加工食品・おかず