加工食品・おかず」カテゴリーアーカイブ

缶詰 環境ホルモンが溶け出す可能性

缶詰 環境ホルモンが溶け出す可能性 がリスクと考えられます。缶詰を利用することはあるでしょうか。さまざまな種類がある缶詰食品。便利だし、保存は利くし、普段なにげなく食べている人は多いことでしょう。しかし、この缶詰に入った食品が、私たちの体に害をもたらす恐れがあるのです。

缶詰

缶詰

ほかの加工食品と同じように、缶詰の中身には添加物がいろいろと使われているという不安があります。

缶詰、それにインスタント食品やカップめんなどは手軽で便利です。しかし、これらは健康被害が懸念されるだけでなく、環境ホルモンの危険性も持っています。問題となるのは、中身ではなく容器です。缶詰の場合、缶の内側に塗られている素材から、ホルモンや神経をおかしくする危ない物質が溶け出ることがわかっています。

環境ホルモンとは、私たちの体の中でホルモンと同じような働きをし、生殖機能などに影響を与えるといわれている物質です。環境ホルモンは、ほとんどが、水よりお湯、お湯より酢、酢より油、油よりアルコールに溶け出しやすい性質があります。

缶の内側の塗装には 「 ビスフェノールA 」 という物質が使われているものがあるのですが、これが原料となっている「エポキシ樹脂」でコーティングされていて、この樹脂が環境ホルモンとして疑われています。エポキシ樹脂は、おもにプラスチックの原料として使用されるもので ビスフェノールA が、塗装が施された部分から飲食物に移行する心配があります。

これらのことは、魚介類の缶やコーンなどの缶だけでなく、缶コーヒーなどの缶ジュース類についても同じことです。こちらも水よりお湯、お湯より油に溶け出しやすいという性質があるため、コールドドリンクよりもホットドリンクの方が危険性が高いということになります。

また、ツナ缶など油が多く含まれた缶詰だと、さらに危険性が高くなります。長期保存が利く缶詰といえども、古くなると、容器に含まれる物質が中に溶け出してしまうので、できるだけ早く使うほうが良いです。

缶詰を購入するときには、缶の底の部分を見てみましょう。底が白いものはエポキシ樹脂を使用していないため、比較的安心できるものといえます。

そして、国内で製造される食品用容器包装については、すでに代替品への切り替えや、技術改良などの取り組みがされてきているそうです。

おかず

ふりかけ 添加物が多く使われている

ふりかけ 添加物が多く使われている のですがどのようなことに注意すれば危険性を最小限にできるのでしょうか?市販のふりかけを食べる機会は割と多いと思います。
ご飯のおともとしてとても便利なふりかけですが、ふりかけには、けっこうたくさんの添加物が使われています。

ふりかけ 添加物が多く使われている

ふりかけ 添加物が多く使われている

パッケージやふりかけ自体がカラフルなものが多く、子供が喜んで食べたりするかもしれません。しかし、子供向けのキャラクターふりかけには、特に添加物が多く使われているので注意が必要です。

子供たちの好きな味や見た目にも彩り良くするために、さまざまな添加物が使われているのです。

ふりかけは、農作物のように茹でるなどして添加物を減らすということができないので、安心して食べるには、選び方が大切になります。

それでは、安心なふりかけの見わけ方とはどんなものでしょう。

ふりかけは、かなり添加物が使われているものと、ほとんど使われていないものとの差が極端にあります。特に避けたほうが良いふりかけは、コチニール(カルミン)色素が使われているもの。パッケージに表示されているので、よく見ればわかります。また、甘味料としての甘草やステビアも避けたほうが良いです。アミノ酸などの調味料も表示されていなければ、さらに良いものです。

無添加や無添加に近いものを探すのは大変ですから、いずれにしても、あまり頻繁に食べないほうが良いということになります。

安心度を高める簡単な方法としては、買ってきたふりかけに、ゆかり(赤しそ)を混ぜることがあります。しそ には、βーカロテンやビタミンC、カリウムが豊富に含まれていて、これらが添加物を阻害します。また、しそと同じ成分があることから、青のりを混ぜるのも良いです。

一番良いのは、ふりかけを自分で作ること。これなら安心です。同量の煮干しの粉とゴマを用意し、好みの量の青のりを加えて、すり鉢などでよくすりつぶします。少し手間がかかりますが、健康にも良いので、時間がある人は試してみては?

加工食品・おかず

ベーコン 保存料に危険物質が多い

ベーコン 保存料に危険物質が多い ので注意点をまとめています。注意するのは保存料の「ソルビン酸」あるいは「ソルビン酸K」が使われていないものを選びます。

無添加 ベーコン もある

ベーコン 保存料に危険物質が多い

ベーコン 保存料に危険物質が多い

ベーコンもおいしくて調理にも便利な食材です。ベーコンエッグや、ロールキャベツなど煮こむ料理には欠かせません。野菜スープに入れるとコクがでてうまみがアップします。

ハムやウィンナーソーセージに比べると、添加物の少ないものが出回っています。原材料名の表示をよくチェックしましょう。

まず、注意するのは保存料の「ソルビン酸」あるいは「ソルビン酸K」が使われていないものを選びます。
幸いベーコンの場合、この添加物を使っていないものが多いので、見つけるのにそれほど苦労はないはずです。また「コチニール(カルミン) 色素」は、遺伝毒性の不安があるので避けます。

本当は「リン酸塩」や発色剤の「亜硝酸塩」も避けたいところですが、ほとんどのそうねんたとうるいベーコンが使っています。「増粘多糖類」や「植物性タンパク」などもないほうがよいでしょう。
どちらも、いろいろな成分をまとめてこのように表示しているので、何が使われているかわからない。不安なところです。
ですが、安心な食べ方で心配を解消。

ベーコンをパックから出し、1枚ずつにばらします。鍋のお湯の中で15秒ほど湯ぶり。添加物、とくにリン酸塩や亜硝酸塩は水に溶けやすいので、これで一気に不安物質を減らすことができます。味はほとんど変わらないのでご心配いりません。

ベーコンエッグもロールキャベツと煮こむときも、必ずゆでてから使います。なお、無添加ベーコンも店頭で見られるようになりました。こうしたものを選べば安心です。

加工食品・おかず

チーズ 乳化剤やソルビン酸K が不安物質

チーズ 乳化剤やソルビン酸K が不安物質 です。チーズは発酵食品として腸活などでも推奨されていますが原材料には注意しなければいけません。

チーズ の中でもナチュラルチーズは、その名のとおり、自然のままで健康によい

チーズ 乳化剤やソルビン酸K が不安物質

チーズ 乳化剤やソルビン酸K が不安物質

少し前まで、チーズといえば 「 プロセスチーズ 」 でした。最近では、これに代わって カマンベールチーズ や クリームチーズ カッテージチーズ などの 「 ナチュラルチーズ 」 が人気です。

さて、結論から先にいいましょう。
ナチュラルチーズ に添加物は使われていません。ナチュラルチーズはその名のとおり、加工していない自然のままのチーズ。動物の乳に酸や酵素を加えて固め、細菌を使って熟成させたものです。

一方 プロセスチーズ は、ナチュラルチーズを砕いて熱で溶かし、殺菌して容器に詰めたもの。さまざまな種類のナチュラルチーズをブレンドしています。

そのため乳朋化剤を添加しています。なかには、保存料の「ソルビン酸K」が使われている場合もあります。

プロセスチーズを選ぶなら、ソルビン酸K が入っていないものを選ぶこと。なお、チーズのカビは安全だという人がいますが、それは大きな間違いです。多分、カマンベールチーズやブルーチーズなど、カビをつけて独特の味を出したものがあるため、そういう誤解が生まれたのでしょう。しかし、製造後に生えるカビは衛生上好ましくありません。風味も落ちているので食べないことです。

加工食品 おかず

輸入チーズの危険性はこちら。

揚げ油に添加物が多い 油揚げ

揚げ油に添加物が多い 油揚げ は、とうふを薄く切って揚げたものですが油揚げで材料のとうふには、不安な添加物は使われていませんが、それでも、気になる点が 3 つ。この 3 つの不安要素をクリアーすれば安心です。

油抜きで不安物質を解消する 揚げ油に添加物が多い 油揚げ

揚げ油に添加物が多い 油揚げ

とうふを薄く切って揚げたものが油揚げ。材料のとうふには、不安な添加物は使われていませんが、それでも、気になる点が 3 つ。

1 つは、「丸大豆」「国産大豆」という表示の場合。とうふと同じように、輸入大豆が使われていて、遺伝子組み換え大豆かもしれない不安があります。

2 つめは、揚げ油の種類がわからないこと。遺伝子組み換え食用油が使われているかもしれません。
3 つめは、揚げ油の持ち込み添加物として(揚げ油に添加物が入っている)、酸化防止剤の「 BHA 」 が使われているかもしれない不安です。

BHA は、ブチルヒドロキシアニソール(Butylated hydroxyanisole、しばしばBHAと略される)とは、脂溶性の有機化合物であり、主に酸化防止を目的として用いられる食品添加物です。

さて、遺伝子組み換え大豆が不安なら、「遺伝子組み換え大豆は使用していません」という表示があるもの、あるいは「国産大豆100%」のものを選んでください。

揚げ油については、油揚げを使う前に熱湯をかけるか、熱湯をくぐらせて 油抜き を行います。油分が熱湯に溶けてとれるので、揚げ油の添加物 BHA があったとしても減らせますし、遺伝子組み換え食用油の不安も少なくをります。さらに、油臭さもとれて、料理の昧もすっきりします。


「松山あげ」は大豆と菜種油を主原料とし、 中までしっかり揚げることで賞味期限が 90 日となっています。油抜きせずそのまま使え菜種油を使用しているので風味を楽しんで頂けます。パリパリの状態が変化し、ふわふわ・モチモチした食感も味わって頂けます。


保存性にすぐれているので、年中常備していただけます油あげを幅約 8 mm ×長さ 20 mm の短冊状にカットして真空凍結乾燥しました。水、またはお湯で簡単に戻せ、様々な料理の具材としてそのままご使用できます。便利なファスナーチャック付きアルミパック包装です。