バランスのいい食事で悪玉活性酸素を撃退

食物繊維で悪玉活性酸素を排出!

体内に発生してしまった悪玉活性酸素を体外に出すには、食物繊維の多い食べ物を摂ることが大切です。食物繊維には不溶性と水溶性がありますが、いずれも悪玉活性酸素の排出に適しています。不溶性食物繊維なら、のりやひじき、わかめなどの海藻、ごぼうや豆などが豊富です。水溶性食物繊維は、水に浸すとぬめりがでてくるのが特徴。
ねばねばとした食べ物が体にいい、というのは本当なのです。納豆、オクラ、モズク、山芋などに豊富に含まれています。

抗酸化物質で悪玉活性酸素に対抗

悪玉活性酸素を体内で消す方法もあります。悪玉活性酸素に対抗する、「抗酸化物質(酵素」を利用するのです。

抗酸化物質は体内で合成される物質で、良質なタンパク質、鉄、亜鉛、銅、セレン、マンガンの「6つの栄養素」を同時に摂取することで、体内で合成されます。
「6つの栄養素」を満たすためには、肉類・卵・魚類に、マンガンが多いご飯、もち、納豆、しようがなどを組み合わせるのがおすすめ。肉類・卵・魚類は、マンガン以外の5 つの栄養素を兼ね備えています。ひとつの食材で「6つの栄養素」を補いたいのであれば、豆腐がおすすめです。

「4つのビタミンがあればより効果アップ

ただし、抗酸化物質だけでは完壁ではありません。さらにビタミンA 、B2、C、Eの「4つのビタミン」を摂取すれば、抗酸化物質だけでは消しきれなかった悪玉活性酸素をやっつけてくれます。
この「4つのビタミン」は、複数の野菜を摂取することでカバーできますが、ほうれん草やかぼちゃ、ちんげんさい、にらは、それひとつで「4つのビタミン」を摂取できます。献立を考えるときのコツは、まず肉類、卵、魚、豆腐を中心とした主菜を考えてから、不足する栄養素を補える副菜を考えることがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください