不安物質も除去でき、口当たりもよくなる 「 湯通し 」

Pocket

食材に熱湯をかけたり、さっと湯にくぐらせる方法です。肉類や魚類に残留しでいる抗菌性物質やホルモン剤などの不安成分を軽減することができ、表面の殺菌にもなります。

不安物質も除去でき、口当たりもよくなる 「 湯通し 」

不安物質も除去でき、口当たりもよくなる 「 湯通し 」

表面のタンパク質が少し熟せられることで、口当たりがよくなるという利点があります。麺類の下ごしらえにも用いられます。
湯通しをすることで、料理をより美味しく仕上げることができます。湯通しする効果・意味を理解しておくことは大切です。 湯通し と 湯がく 茹でる と違いも理解しましょう。

湯通しとは、食材をお湯に数秒潜らせることを意味する料理用語です。沸騰したお湯に肉や魚、野菜を潜らせてから、ザルにあげて水気をきることをさします。

料理用語にある霜降りは、肉や魚を手早く熱湯に通して、表面だけ色が変わるように火を通すことを意味します。野菜の場合は熱湯に通しても色が変わらないので、霜降りするとはいいません。

  • キャベツ
  • 魚類
  • 肉類
  • 油揚げ
  • さつま揚げ
ゆがく
野菜などの食材をしんなりさせるために、短時間だけ熱湯に入れる下ごしらえの方法です。 野菜のアク抜きやくさみ取り、また食材をやわらかく仕上げるためなどに行います。 さらに、しゃぶしゃぶのように肉を熱湯にくぐらせることや、熱湯に短時間だけさらすことも「湯がく」といった使い方ができます。
ゆでる
「熱湯に入れて煮ること」。 漢字で書くと「茹でる」で、中までしっかり火を通すことが目的。 「うでる」ということもあります。 レシピでは、「パスタをゆでる」「卵をゆでる」など、硬いものが柔らかくなったり、逆に柔らかいものが硬くなったりと、素材の状態が変わるくらい火を通す時によく使われます。

不安物質も除去でき、口当たりもよくなる 「 湯通し 」」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ひき肉 選び方 脂肪の量を基準にして選ぶことがポイント | 危険な食品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください