ゆでこぼす「不安物質を溶出、お湯は捨てる」

食材をゆでたあとざるにあけて、そのゆで汁を捨てる方法です。アクや渋味、ぬめりなど、食味の邪魔をする成分が湯に溶け出すだけではなく、不安成分もしっかりと溶け出します。 そのため、ゆで汁を調理に使うのはN G です0 せっかく落とした不安成分を食べてしまうことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください