挽肉 脂肪の量を基準にして選ぶことがポイント

挽肉 脂肪の量を基準にして選ぶことがポイント になります。同じひき肉でも、脂肪分があるものよりは、ないもののほうが安全です。

挽肉 を湯どおしする極意 挽肉 脂肪の量を基準にして選ぶことがポイント

挽肉 脂肪の量を基準にして選ぶことがポイント

挽肉 脂肪の量を基準にして選ぶことがポイント

同じひき肉でも、脂肪分があるものよりは、ないもののほうが安全。ひき肉は脂肪ごとひいてあるので、脂肪にたまる抗菌性物質やダイオキシンの不安を、そのまま抱えているのです。

最近は、「赤身」のもの、「低脂肪」のもの、脂肪の量を表示したものなどが出回っています。大いに利用しましょう。

安心して食べるための意外なテクニック。ひき肉を湯どおしすること。「えっ、そんなことができるの? 」と思ってしまいますが。たんぱく質は熱で固まる性質があるので大丈夫。

挽肉をこし器に入れて、沸騰したお湯にサッとつけます。これで脂肪分も落とせるし、抗菌生物質などの不安物質がお揚に溶けだして安心。

不安物質も除去でき、口当たりもよくなる 「 湯通し 」

コロッケやそぼろ、ドライカレー、ミートソースなど、どんなひき肉料理でも湯どおしすれば OK 。ミートボールの場合は、揚げる前に団子を熱湯に落とし入れます。

しばらくしたら引きあげますが、安心度が増すだけではなく、しっかりとまとまって揚げやすくなります。さすがにハンバーグステーキは湯どおししてぼろぼろになったひき肉ではまとまりが悪くなります。代わりに脂肪分が少ない赤身の牛ひき肉を選ぶようにしましょう。

国産の 安心 挽肉 はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください