レバーは、栄養が豊富な反面、汚染物質が集結する部位

血抜きと醤油につけるのが決め手

レバーは鉄分が多く、ビタミンA、Bl、B2などを含む栄養豊かな食品です。ところが、レバー、すなわち肝臓は、解毒の役目をするところ。農薬や抗菌性物質、ダイオキシンなど汚染物質が集結します。牛、豚、鶏レバーとも条件は同じです。

レバーは、このように汚染物質がたまっている不安がありますが、下ごしらえでかなり解消できます。まず、安心なレバーの選び方。「つやがあって色のよいもの」「黄色い脂肪のないもの」を選びましょう。下ごしらえは脂肪をとることから。脂肪の中に、汚染物質がけつこうたまっているのです。

つぎに血抜きをします。薄い塩水にしばらくつける。そのあと、もみ洗いをして3回ぐらいすすぐ。これで汚染物質をずいふん減らすことができます。そして、しようがじょうゆなどにつけこみ、下味をつけます。

しょうゆが残りの汚染物質を引きだして、さらに安心。このとき、臭みをとるために牛乳につけるという方法もありますが、牛乳には汚染物質を引きだす力はありません。
まず、しょうゆにつけてから、そのあと牛乳につけるとよいでしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください