血抜き

肉類、魚類は、必ず血抜きをしてから調理することが大切です。とくに内臓は不安成分が蓄積している可能性が高い部位です。レバーなどは約2% の塩水につけて、手でよくもみ洗いしましょう。水の濁りがなくなるまで繰り返します。血は臭みが強く腐敗しやすいので、血抜きはおいしい料理のためにも重要です。

  • 肉類
  • 魚類
  • レバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください