強火の遠火

強火の遠火 は昔から伝わる魚の焼き方です。強火を少し遠くからあてて焼くと、焼き魚がおいしく仕上がるといわれています。

焼き魚を美味しく仕上げるコツは「強火の遠火で」です。表面は焦げない程度に皮をパリッとさせつつ、中までふっくらと火を通す。それに最も適した焼き方は、昔ながら炭火焼きだとされてきました。

台所の火が炭火からガスや電気に移り変わる中、その焼き具合をどうやって再現したらいいでしょうか。焼き魚を昔から食べてきた日本人ならではの難問をクリアするためにガス、電気メーカーともに頭を悩ましてきた。そしていまもその問題は、すっかり解消されたとは言い難いものです。

強火の遠火 は発がん性のある変異原性成分の発生に関係しています。弱火の近火で焼くと、時間がかかり水分が蒸発するうえ、火の熱が直撃するため変異原性成分が発生しやすい環境になってしまうのです。強火の遠火 のメリットは

  • 魚に全体から火が通り、中まで火が通る
  • 適度に焼けるため、うま味を含んだ水分が抜けない(ジューシーに焼ける)

です。

  • 魚類



遠火の強火を実現したスチーム式オーブンロースターです。スチームと低窯温度を実現した為、生魚や干物などの魚をふっくらと焼きあげます。また、スーパー等のお惣菜天ぷらや揚げ物などの再暖めにも適しており、中はふっくら、外はパリッと暖めることが出来ます。勿論、トースターとしても使える、オーブン型ロースターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください