強火の遠火

昔から伝わる魚の焼き方です。強火を少し遠くからあてて焼くと、焼き魚がおいしく仕上がるといわれています。これは発がん性のある変異原性成分の発生に関係しています。弱火の近火で焼くと、時間がかかり水分が蒸発するうえ、火の熱が直撃するため変異原性成分が発生しやすい環境になってしまうのです。

  • 魚類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください