缶詰の汁は不安の素必ず捨てる「缶詰」

添加物の不安があります。防腐剤としてリン酸塩が使われていることが多く、野菜や果物には着色料が使用されていることもあります。

安心優先

  1. 缶詰のふたを開けて、なかの汁をすぐに捨てる。湯通ししても大丈夫なものはぎるに移す。
  2. 上から熱湯をまわしかける。これによって添加物をある程度落とすことができる。

時間優先

  • さくらんぼやグリンピースなど兼色料が不安なものは、ぎるに入れ流水の下で振り洗いをする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください