鍋ものに入れるときも最初にゆでこぼしておく「春菊」

  1. ボウルの上にざるをのせ、春菊を入れる。水を流しながら薬5分間水につけておく。
  2. ボウルを外し、流水の下で5~6回ぎるを振って振り洗いをする。
  3. 沸騰した鍋の湯に根元から入れさっとゆでこぼす。この一手間で除毒効果が期待できる。

葉物野菜はもともと硝酸塩を多く含んでおり、過剰摂取が心配。農薬などを落とす下処理で同時に溶出させましょう。また、直接かかる農薬の残留にも注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください