定番料理はアク取りで不安物質を除去「ズッキーニ」

  1. あくとり…スープやラタトゥイユにする場合には、よく洗って、煮ながらアクをしっかり取り除く。
  2. 酢につける…ピクルスなどの酢漬けにする場合には、10分はど酢液につけて、もう一度新しい酢液にかえる。

ハウス栽培が多く、表面に付書した有害物質が不安です。雨で落ちたり、紫外線で分解されたりする可能性が少なく、皮をむかずに食べるので注意しましょう。

和食の昔ながらの下ごしらえに除毒効果があるように、イタリア料理に欠かせないズッキーニの定番料理にも、除毒法が隠れています。
コトコト煮込むラタトゥイユは皮を残したまま調理することが多いので、まずはしっかり洗い、煮込みながら浮いてくるアクをとることが最適な除毒法です。また、ピクルスにするときに酢に清けこむことも、有害物質の溶出に繋がるので除毒に最適です。なお、はじめに10分程漬けてから、一度酢液をかえるとより不安が軽減します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください