最初から100%を目指さずに80%程度の安心を目指す

100%の完全な安全は不可能

なにかを口にしたいとと思った時、コンビニやスーパーへ行けば、手軽に安い食べ物を買うことができます。しかし、農薬や食品添加物などの不安が頭をよぎると、とたんに何も買えなくなります。

無農薬で栽培された野菜や、食品添加物の少ない商品は入手しにくく、また毎日買うには高価です。では、どうしたらよいのでしょうか。

買い物をするときに細かく原材料をチェックしたり、有機野菜しか食べない! などど気を張りすぎたりすると、どうしても気疲れしてしまいます。
たとえば空気を吸うだけでもPM2.5粒子状汚染物質) や放射能の不安がある今、危険をすべて排除し、100 % の安心を得ることはほぼ不可能です。そこでおすすめしたいのは、ちょっとした日々の工夫で得ることができる「80%の安心」です。

8割程度の安心で自分を守る考え方

「80%の安心」を得るために皆さんにご紹介したいのは、以下の4項目です。1つ日は、できるだけ不安物質の少ない商品を選ぶこと。
2つ日は、料理をする前の下ごしらえで、不安物質を取り除くこと。これまでさまざまな除毒テストを通して、食材をおいしく調理するための昔ながらの下ごしらえが、不安物質の軽減につながることがわかっています。
3つ目は、体内に入った不安物質の影響を軽減する解毒料理。
4つ目は、不安物質による健康被害を防ぐために、体の免疫力を高めることです。これは毎日の食事が有効です。

  1. 選ぶ
    農薬や食品添加物などの不安要素が少ない商品を選ぶ
  2. 落とす
    丁字な下ごしらえで、残留よ薬などの不安要素を除く
  3. 出す
    体内に入ってしまった不安物質の影書を軽減する解キ料理を食べる
  4. 高める
    免疫力を高めて、体内に入った不安物常による健康被害を防ぐ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です