塩で強めにもんで残留農薬を出す「えだまめ」

  1. 枝から取ったさやをザルにあけて、流水でよく洗って表皮の農薬を落とす。
  2. 塩をふりかけて手でよくもみこむ。さやに傷がついて、有害物質が溶け出しやすくなる。
  3. お沸を沸漉させた鍋にいれ、5~6分ゆでる。さやの両端を切っておくとアク抜きもできる。

農薬はさやの表皮に残留します。塩で強めにもんで、なかの農薬を出すイメージで作業しましょう。また、豆が1~2個のものは生育状況が悪かった可能性があるので避けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください