伝統的なの板ずりで残留農薬を落とす「おくら」

  1. 両手でオクラをはさみ、流水で約30秒こすり洗いをして、表皮についた農薬などを落とす。
  2. まな板の上にオクラを置き、塩を振って両手のひらで転がすように板ずりする。
  3. お湯1Lに対し大さじ2~3杯のしょうゆを入れ、約1分間ゆで、ざるにあけてゆで汁は捨てる。

国産品の場合、残留農薬の心配はさほどありませんが、外国産は要注意。皮をむかずに食べる野菜なので、ひと手間かけて農薬を落としておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください