蓄積された不安物質は洗って落とす「貝」

貝は以上に海の汚染に影響されます。有害物質の排出にもつながるので、砂抜きをしっかりしましょう。殻に付兼した有害物質にも注意が必要です。

養殖ものは不安大

魚と同様に、養殖ものの貝には抗生物質残留の不安があります。天然ものであったとしても、月は魚以上に近海で育つものが多いため、育った海の汚染物質を体内に蓄積している可能性があります。
昔ながらの貝の下ごしらえである「砂抜き」は、除毒効果も期待ができるので、しっかり行いましょう。貝の種類に合った塩分濃度の塩水につけ、ふたをして暗い状態でしばらくおいておくとよいでしょう。暗い方が、砂抜きがより活発になるといわれています。
また、生ガキの季節を楽みにしでいる人も多いと思い。
しかし、買っでそのまま食べるのは言語道断。とてもおすすめできません。一度、カキを洗ってみるとわかりますが、バッと見てわからなくても、じつはかなり身に汚れが付着しています。大根おろし洗いは昔から伝わる知恵です。
大根おろしとむき身をやさしく混ぜることで、むき身を傷つけることなく、汚染物質を落としてくれるので、ぜひ活用しましょう。貝料理でおすすめなのが酢のものです。水で2倍に薄めた割り酢で洗ってから、別に酢で調味液を作ってあえましょう。最初の割り酢には不安物質が溶け出しています。

  1. カキの場合、たっぷりと大根おろしを用意して、カキのむき身を入れてよく混ぜる。
  2. カキをざるに移し、流水の下でしっかりと掛J洗いをする。アサリやシジミでも応用可能。

むき身の場合、ボウルに入れて塩水でもみ洗いをする。その後、ぎるにあけ、振り洗いをするとさらにいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください