あく抜きをしながら有害物質の溶出も完了「さつまいも」

  1. たわしなどを使い、流水で5 回ほどこすり洗いする。これで残留農薬、発色剤の不安はほぼ解消する。
  2. 皮の下にアクが多いため、厚めにむくことで、より高い除毒効果が期待できる。
  3. 皮をむいたあと、さらに水に約5分つけてアク抜きすると、より除毒効果が期待できる。

直接農薬がかかるリスクは低く、農薬の心配は少ない野菜です。しかし、皮の色をよくするために発色剤(リン酸塩)が使用されている場合もあるので注意する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください