流水でそっと洗って皮を厚めにむく「桃」

表面に有害物質が付着し、また、クチクラ層まで浸透している可能性が考えられます。デリケートな果物ですが、ていねいに洗って皮をむくことが肝心です。

  1. 流水の下で手でそっとなでるように洗う。表面に付着した有害物質を落とす。
  2. 皮を包丁でむく。厚めにむくことでクチクラ層に残留した有害物質の不安も軽減する。

熟した桃も包丁で皮をむく

本来なら、表面に付着した有害物貿を落とすために、しつかりごしごしと洗いたいところです。しかし、桃はデリケートなため、それはできません。やさしくていねいに手で洗いましょう。
熟した桃は、包丁を使わなくても皮がつるりとむけるようになります。しかし、除毒の観点から考えると、それはNG。少しもったいなくても包丁で厚めにむくことが大切です。洗うのが難しいぶん、クチクラ層まで有害物質が浸透している可能性も考えて包丁でむきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください