洗って、切って、ゆでる葉物野菜の基本で処理「モロヘイヤ」

  1. ぎるにモロヘイヤを入れ、流水の下で振り洗いし、表面の有害物質をしっかり落とす。
  2. 約2cm 幅に切る。この幅が、栄兼を保ちつつ、有害物質の溶出が期待できる最適な長さ。
  3. 沸騰している湯に、根元に近い部分から腰に入れる。1~2分ゆでこぼす。

ほかの葉物野菜と同様に、表面に付着した有害物質と、もともと含んでいる硝酸塩が不安です。よく洗い、栄養と食感を損なわない程度にゆでましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください