卵のサルモネラ菌は水滴が原因

卵のサルモネラ菌は水滴が原因 サルモネラは、人をはじめ、牛や豚やにわとりなどの家畜の腸内、河川・下水など自然界に広く生息していている細菌。保菌しているネズミ・ハエ・ゴキブリや、犬・猫・カメなどの「ペット」からの感染にも注意が必要です。

冷蔵庫で濡れないように注意 卵のサルモネラ菌は水滴が原因

卵のサルモネラ菌は水滴が原因

卵のサルモネラ菌は水滴が原因

卵の不安は3つです。

  1. 食中毒を起こすサルモネラ菌の問題
  2. 鶏の病気予防に使われる抗菌性物質が卵に残る不安
  3. ダイオキシンなどの環境ホルモンに汚染されている不安

サルモネラ菌 は、鶏のエサなどと一緒に入り込み腸の中に侵入します。そして、産卵のときに卵の表面にくっつきます。卵の殻には、空気が入るくらいの小さな穴が開いていて、表面についたサルモネラ菌は、その穴をとおって卵の中央に侵入します。

卵には自然に備わった酵素の働きによる殺菌パワーがあるので、卵の中に入ったサルモネラ菌は簡単には増殖できません。ところが、そのままの状態で、卵の鮮度が落ち、殺菌パワーが弱まるのを待ちます。弱まるにつれて次第に増殖。

新鮮であれば、たとえ サルモネラ菌 が入っていても、中毒を起こすことは考えられません。卵は目付けの新しいものを選びます。

抗菌性物質の不安を避けるためには、赤玉を選ぶこと。赤玉を産む赤鶏は病気に強いため、抗菌性物質をあまり使わなくてすむからです。卵を安心して食べるためには、まず、冷蔵庫の管理をよくします。

実は、卵置き場はとても汚れていると思ってよいでしょう。アルコールを含んだ綿で、たまった汚れを拭きとります。また、卵の表面に水滴がついていると、表面についたサルモネラ菌が水分とともに卵の中に侵入します。

水滴はそのままにせず、拭きとること。このときアルコールを含ませた綿やふきんなどで拭けばなお安心。
ちなみに、冷蔵卑のパッキングが悪いと卵に水滴がつきやすくなります。ゆるんでないか確認しておきましょう。古い卵は生では食べないこと。生で食べるなら新鮮な卵を。

古いと思ったら、必ず卵焼きなどの加熱調理に回します。サルモネラ菌は熱に弱いので、これで安心。

また、卵と一緒に食物繊維をとりましょう。食物繊維は抗菌性物質などを吸着し、体の外に排泄する働きがあるので、除毒のためのよい方法です。「にら玉」「ひじき入りオムレツ」などがおすすめです。

ちなみに 栄養強化卵のリスク はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください