外側の葉を捨てれば不安物質は心配なし「キャベツ」

水にさらす

  1. 有害物質が残っている不安の大きい一番外側の葉は、2枚ほどはがして捨てる。
  2. ざく切りにして水にさらす。せん切りにすると、切り口が増えてより除毒効果がアップする。

塩でもむ

  1. 外側の葉を取り除き、ざく切りにしてからボウルに入れ、塩を振って手で軽くもむ。
  2. ざるに移し熱湯をかけて水気をしぼる。不安が少なければ、切らずにゆでこぼすだけでもよい。

キャベツは外側から育つため、外側の葉は古く、内側にいくほど新しい葉になります。より長く農薬散布等にさらされる外側の葉には有害物質残留の不安があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください