塩の力を最大限に活用「きゅうり」

板づり

流水でこすり洗いをしてからまな板にのせ、塩を振って板ずりし、再度流水で洗う。

塩でもむ

薄切りにしてボウルに入れ、塩を振ってから軽くもむ。水気がでてきたら手でしぼる。

ハウス栽培が多いため、農薬等の有毒物質が雨で流れず残留している可能性があります。皮をむかずにそのまま食べる野菜なので、より注意が必要です。

ひと手間

不安はあっても、やはり皮をむかずに食べたいきゅうり。基本は、よくこすり洗いをすること。ただし、水で洗うことで除去できる有害物質もあれば、そうでないものもあります。
たとえば、流水できゆうりを洗う実験では、クロロタロニルという殺菌剤の除去率が93%だったのに対して、オキシデブロスという殺菌剤の除去率は5%でした。塩を活用して除毒するほか、ぬか漬けにしたり、酢と水を同量混ぜた割り酢につけたりするなど、丁寧に下ごしらえすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください