ぶつ切り

あまり形を気にせずに、好みの大きさに切る方法です。野菜はもちろん、肉類や魚類でも多用する切り方で、魚類の場合は骨付きのままぶつ切りにすることもあります。
除毒を目的とした下ごしらえで、湯通ししたり、調味液につけたりするときには、ぶつ切りにしたほうが、そのままよりも除毒の効果が期待できます。

  • 肉・魚類
  • ごぼう

など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください