長くゆでてもロスは少なく切り口を増やせば不安も減「カリフラワー」

  1. 葉を取り除いて、水を張ったボウルに茎が上、つぼみの部分が下になるようにして数分つける。
  2. 小房ごとに切りわける。切り口が増えることで、有害物質が水に溶け出しやすくなる。
  3. 6~7 分ゆでて、ぎるにあける。カリフラワーのビタミンCは強いので長くゆでても大丈夫。

つぽみの部分はでこぼこが多く、比較的有害物雪が付着しやすい箇所です。しっかりゆでれば不安も解消されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください