マーガリン 危険 なのはトランス脂肪酸

Pocket

マーガリン 危険 はかなり前から 危ない 食べない方がいい といわれていきました。そんなマーガリン は本当に危険な原料で作られているのでしょうか ?

トランス脂肪酸 は、構造中にトランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸。 トランス脂肪酸は天然の動植物の脂肪中に少し存在する。水素を付加して硬化した部分硬化油を製造する過程で多く生成されます。

マーガリン 危険 トランス脂肪酸 を含んだ「実は危険な食品」

マーガリン 危険

マーガリン 危険

「狂った脂肪」の異名をもつトランス脂肪酸の規制が世界的な動きになっています。

トランス脂肪酸 は、現在広く行なわれている製油法の過程で生じる脂肪で、血液中の悪玉コレステロールを増加させ、心臓血管系の病気の危険性を高める有害物質です。

トランス脂肪酸 は、構造中にトランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸。 トランス脂肪酸は天然の動植物の脂肪中に少し存在する。水素を付加して硬化した部分硬化油を製造する過程で多く生成されます。

  • マーガリン
  • ファットスプレッド
  • ショートニング

はそうして製造された硬化油です。

フライドポテトをはじめ、ファストフードに多く含まれています。というのも、パンや揚げものをサックリ仕上げるショートニングとして、 トランス脂肪酸 を含んでいるマーガリンが大量に使われています。

そもそも マーガリン の原料は植物油や魚油などの液体で、商品にするには固体の油(硬化油)に変える必要があります。そのために水素添加という化学処理を行なうのですが、この過程で トランス脂肪酸 が発生します。

動物性油脂の バター よりも、植物性油脂から作られる マーガリン のほうがコレステロールを下げてヘルシーだと思っている人は多いのですが、実は、 トランス脂肪酸 という有害物一質を含んだ「不健康食品」です。

マーガリン の製造工程では、他にも乳化剤のモノグリセライド(グリセリン脂肪酸エステル)やレシチン(大豆リン脂質)、香りをベータつけるバターフレーバー、着色料としてβ-カロチンなどが使われます。なかでも乳化剤には十分に注意しなければいけません。前述したが、乳化剤とは界面活性剤のことであり、がん誘発性が以前から問題になっています。

モノグリセライドはプラスチックをはじめ化粧品にも幅広く使われています。

トランス脂肪酸について詳細はこちら。

購入時の注意点

マーガリンよりはバター。「トランス脂肪酸対策」と表示があり、飽和脂肪酸とカロリー表示のある食品を選ぶようにします。ファストフードには大量のマーガリンが使用されるため、注意しなければいけません。バターは 雪印北海道バター が安全・安心です

ファットスプレッド マーガリンより脂肪が少ない

 

調味料・お菓子

安全なマーガリンもある べに花ハイプラス マーガリン 創健社 370g

コクのあるクリーミーな滑らかさ

発酵乳、全粉乳、生クリームを使用し、おいしくクリーミーなマーガリンに仕上げました。滑らかな舌触りのなかにしっかりとしたコクがあります。

オレイン酸の含有率が高いべに花油を使用

主原料油脂には、圧搾しぼりのオレイン酸の含有率が高い高オレイン酸タイプべに花油を使用しております。

トランス脂肪酸が少ない

べに花ハイプラスマーガリンのトランス型脂肪酸は、約0.03g(10g中)と非常に低い値です。また部分水素添加油脂は使用しておりません。

お料理やお菓子づくりにも

まろやかでコクのある風味を生かして、お菓子作りや様々なお料理にも幅広くお使いいただけます。

香料・酸化防止剤・着色料を不使用

原料素材を吟味して使っているので、上記食品添加物を使わずにおいしく仕上がりました。

RSPO認証のパーム油を使用

RSPOとは、持続可能なパーム油の調達の必要性からスイスに本部をもつWWF(民間の環境保全団体)の呼びかけに応じて油脂企業や小売業者などが協議を重ね、2004年に設立された「持続可能なパーム油のための円卓会議」の事で、マレーシアのクアラルンプールに本部が置かれ、持続可能なパーム油が標準となるよう市場を変革することをビジョンに揚げ、環境や社会に配慮したパーム油生産の認証を行っています。べに花ハイプラスマーガリンは、認証農園からの認証油が流通過程で他の非認証油と混合される認証モデル(マスバランス:MB)を取得したパーム油を使用しています。
2018年10月22日に東京で開催されたJaSPOC実行委員会主催の「持続可能なパーム油会議2018~ポストオリンピック、2030年のパーム油調達を見据えて~」において、持続可能なパーム油の調達ベスト・プラクティスが発表され、当社は「ボルネオウンピョウ賞」を受賞しました。

商品の説明

■容量:370g  ■容量:370g
■メーカー:創建社
■配送方法:冷蔵
●原料油脂にはオレイン酸の含有率が高いハイオレイック べに花油(べに花一番オレインE)を使用しており、製品中に オレイン酸63%(脂肪酸中)も含んでおります。
●NON-GMOのビタミンE、大豆レシチンを使用したGMOフリーのマーガリンです。○自家製造の発酵乳を従来品に比べ50%増量し、
さらにクリーミーになり、まろやかであっさりした風味を生かして、 お菓子作りやいろいろなお料理に幅広くお使いいただけます。
●食塩はニガリを含む沖縄・宮古島の自然塩を使用しておりますので、 まろやかな風味に仕上がっています。
●製品に含まれているトランス脂肪酸量

原材料・成分

■原材料:食用植物油脂(べに花油:アメリカ・パーム油:マレーシア)、食用精製加工油脂(パーム核油:マレーシア)、発酵乳(北海道・愛知・他海外)、クリーム(北海道・愛知)、食塩(メキシコ)、レシチン(大豆由来:ブラジル・アメリカ) *パーム核油はパームの胚芽及び胚乳からしぼった油です。

使用方法

※短時間でも室温で放置しますと溶解分離する恐れがあり ますので、使用後は速やかに冷蔵庫で保管して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です