マーガリン

トランス脂肪酸を含んだ「実は危険な食品」

「狂った脂肪」の異名をもつトランス脂肪酸の規制が世界的な動きになっています。トランス脂肪酸は、現在広く行なわれている製油法の過程で生じる脂肪で、血液中の悪玉コレステロールを増加させ、心臓血管系の病気の危険性を高める有害物質です。

フライドポテトをはじめ、ファストフードに多く含まれています。というのも、パンや揚げものをサックリ仕上げるショートニングとして、トランス脂肪酸を含んでいるマーガリンが大量に使われています。

そもそもマーガリンの原料は植物油や魚油などの液体で、商品にするには固体の油(硬化油)に変える必要があります。そのために水素添加という化学処理を行なうのですが、この過程でトランス脂肪酸が発生します。

動物性油脂のバターよりも、植物性油脂から作られるマーガリンのほうがコレステロールを下げてヘルシーだと思っている人は多いが、実は、トランス脂肪酸という有害物一質を含んだ「不健康食品」です。

マーガリンの製造工程では、他にも乳化剤のモノグリセライド(グリセリン脂肪酸エステル)やレシチン(大豆リン脂質)、香りをベータつけるバターフレーバー、着色料としてβ-カロチンなどが使われます。なかでも乳化剤には十分に注意しなければいけません。前述したが、乳化剤とは界面活性剤のことであり、がん誘発性が以前から問題になっています。

購入時の注意点

マーガリンよりはバター。「トランス脂肪酸対策」と表示があり、飽和脂肪酸とカロリー表示のある食品を選ぶようにします。ファストフードには大量のマーガリンが使用されるため、注意しなければいけません。

マーガリンより脂肪が少ない「ファットスプレッド」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です