ふりかけ

原材料表示で「添加物の多さ」はかなり

ある日の講演会の後、40代の女性栄養士がこんな話をしてくれました。「栄養士になってすぐに、有名なふりかけメーカーに就職して製造部に配属されました。そこですぐにわかったことですが、やたらと添加物を使っているのです。

まるで添加物のふりかけですよ。こんなものを子どもに食べさせるのは大変なことだと思い、上司に相談したのですが、しばらくして庶務のほうへ回されてしまいました。もちろん会社はすぐに辞めましたが 。

今でも自然食品であるかのような宣伝をして、かわいい子どもたちに売っているのです。ほんとふりかけは毒ですよ」そのメーカーのふりかけの原材料表示には、確かに化学調味料をはじめ、驚くほどの数の添加物名が記載されているのです。

とくに注意したいのが核酸系化学調味料です。核酸系化学調味料というのはイノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウム、ウリジル酸ナトリウム、シチジル酸ナトリウム、リボヌクレオタイドナトリウム、リボヌクレオタイドカルシウムの6品目ですが、アメリカのFDA(食品医薬品局) から、「催奇形性があるから1日1グラム以上摂取してはいけない」という勧告が来たほどです。

購入時の注意点

ふりかけにも素晴らしいものがあります。たとえば、遠忠食品(工場・埼玉県) の「生ふりかけおかか」。鰹節は静岡県焼津産、昆布、ちりめん、ごまも国産、醤油は遺伝子組み換たねがしまえなしの国産丸大豆、砂糖は種子島産さとうきびからの粗糖、麦芽水飴は国産のさつまいもを主原料に、添加物および化学処理を行なわず、昔ながらの製法で作ったもの。そして、国産米を発酵させた醸造調味料。これだけを原料に作られるのが「生ふりかけおかか」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です