サックサックの揚げ物はトランス脂肪酸まみれ

本当に新しい状態の油で揚げ物をした場合、サクッと揚がるのは最初のうちだけです。2つ、3つと揚げていくうちにだんだん油が劣化してきて、サクッと揚がらなくなるのです。

揚げ物をしたことがあれば誰もが経験していることでしょう。それをサクッと揚がる状態に戻すために、家庭では差し油をしたりしますね。油の温度がまた上がったところでもう一度揚げると若干戻ります。

それを一挙に劇的に戻す方法があるのです。それがショートニングを揚げ油に加えることなのです。そっすると一気にサクサク感が戻ってきます。

サックサックのフライのリスク

サックサックのフライのリスク

家庭レベルで、衣にマヨネーズを加えるとサクサクになるという秘法もあるようですが、市販のマヨネーズはそれ自体がトランス脂肪酸の塊ですから、ショートニングと同じような成分が含まれているため、同じ効果が期待できるわけです。

多くのトンカツ屋チェーンの調理マニュアルには、揚げ油にショートニングを入れることが書かれています。それは使用開始からの時問で決められているのですが、油が劣化してきたらショートニングを入れることが指導されています。

もともとショートニングと同じような皆の悪い油を使っているのに、さらにショートニングを投入するのです。マニュアルに従って皆やっていることなので、誰が揚げてもサクサクツとした感じになるわけですしかし、その揚げ物はトランス脂肪酸まみれです。それで、私は余程信頼できる店で揚げられた物以外、揚げ物は食べてはいけないと常々注意しているのです。

食べない物の1つに、立ち食いそば屋の天ぶらがあります。あのようなところでは店でなど揚げていません。それなのに、いつまでもサクッししている。たいてい工場で揚げた物が店に届きます。

工場で揚げたのはいつなのか。それが運ばれて客の口に入るまでに、何時聞かかっているのか。家庭で揚げ物をしてみれば分かりますが、何時間も経たないうちに衣が湿ってベtヤツとした感じになります。

それをあのようなサクサク状態にキープできるという衣は、衣のほうにも怪しい仕掛けがあるということです。しかも、危険なショートニングで揚げている。だからこそ、あのサクサク感が保てるのでしょう。

どれほど毒性があるのか分かりません。立ち食いそば屋の天ぶらは、絶対に食べJ欲しくない食べ物の1つです。余程しっかりした店以外で揚げ物を食べる恐ろしさを、もっと広く認識してもらたいと思っています。店で揚げていることを確認できない揚げ物は口にしないのが賢いということです。

老化と病気リスクを高める揚げ油のリスク

サックサックの揚げ物はトランス脂肪酸まみれ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 揚げ物の危険性 ナゲットは何の肉かわからない | 食べて健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です