残留農薬やダイオキシンの不安が大きい「春菊」

鍋に使う際にも最初にゆがいておく

白菜と並んで鍋ものに欠かせないのが、緑黄色野菜の春菊。ただし、春菊を生のまま鍋に入れるのはいけません。

葉ものの野菜である春菊は、ほうれんそうや小松菜なと同じように、残留農薬やダイオキシンの不安が強い野菜の1つ。

下ごしらえをきちんとしないで、生のまま使うやり方はNGなのです。たとえ鍋ものであっても、1回さっとゆでたものを使います。まず、しっかり洗うこと。
サッとぬらすだけの洗い方はいけません。ボウルに水を流しながら5分ぐらいつけておき、それから5~6回のふり洗いを。もう1つ肝心なのが「ゆでこぼし」。さっとゆでて水にさらしたあと、ぎゅっとと水気を絞ってから鍋ものに使います。

つぎに、安心な春菊の選び方。根元から菓が元気に出ていて、菓の長さは15~20センチぐらい。枝根がしっかりついているものを選びます。これがポイント。

よい土で育った証拠です。枝根が多くなるのは、化学肥料をあまり使っていないせい。そのぶん、化学肥料によって増える硝酸塩の不安が少なくなります。

旬は11~5月。ちょうど鍋の季節と一致します。春菊はβ-カロチンやビタミンC、Bl、B2などを多く含み、ガンをはじめ生活習慣病予防には大変効果のある野菜。安全なものを選び、安全な下ごしらえをして、しっかり食べましょう。

春菊はビタミンの宝庫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください