しいたけは、栄養満点でカロリーがない嬉しい食材

内側のひだがはっきりして肉厚のものは品質のよい証

生しいたけは屋内や林の中で栽培されます。農薬が使われることも少なく、ダイオキシンに汚染されている心配もあまりありません。よいしいたけは、「かさの内側のひだがはっきりしていて、肉厚のもの」です。
よい条件のもとで育っている証拠。

旬は9~12月です。しいたけの洗い方は、ボウルの中でためすすぎ。これで十分。1~3回、水をかえて洗えば大丈夫です。

さて、しいたけには、ビタミンBl、B2、カリウム、食物繊維のほか、紫外線に当たるとビタミンD2に変わるエルゴステリンを多く含んでいます(もっとも、天日干しをしなければ、ビタミンD2にはなりません)。

しかし、それより何よりも、しいたけには健康を維持するために大切な2つの成分が含まれています。1つはエリタデニンです。これは血中のコレステロール値を下げる効果があります。
もう1つはβグルカンという成分。免疫力を高め、ガン細胞が増えるのを抑える作用があるのです。また、食物繊維はエリタデニンと一緒になると、ますますパワーアップ。食物繊維は便秘によいだけでなく、有害物質を体の外に出す大切な役割を果たしているのです。こんなに、体にいい成分がたくさん含まれているのに、しいたけのカロリーはゼロ。体重が気になる人には嬉しい野菜ですね。
生活習慣病の予防に最適なしいたけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください