ブロイラー 危険 薬漬けが多い

Pocket

ブロイラー 危険 薬漬けが多いということです。ブロイラーは、1910年代に軍人用食肉としてアメリカで開発された鶏です。今では家庭の食卓にも頻繁に登場するほど一般的になった食材でもあります。

薬漬け ( 抗生物質 ) で出荷まで延命調整させられた鶏

ブロイラー 危険

ブロイラー 危険

ブロイラー は、1910年代に軍人用食肉としてアメリカで開発された鶏です。短期間で急速に成長させる狙いで作られた商業用の肉用鶏の品種の総称になります。

厚労省の調査によれば国産の鶏肉の59%から薬剤耐性菌が検出されています。ちなみにブラジル産などの鶏肉では34%。いかに日本の鶏が薬漬けかがわかります。

短期間で大きく育てるという方針が徹底されている ブロイラー は、生後わずか50日という早さで出荷されます。見た目は大きく育っているようですが、出荷されるときはまだ子どもで、ヒヨコのように「ピヨピヨ」と鳴くというのです。

耐性菌の入った鶏肉を健康な人が食べても問題は少ないとされているが、高齢者などが摂取すると、病気治療の際に抗生物質が効かなくなる可能性が指摘されている。

今では家庭の食卓にも頻繁に登場するほど一般的になった食材でもあります。そのブロイラーの鶏舎を案内されて驚きました。窓無し式の鶏舎には、ポツン、ポツンと天井から下げられた裸電球があるだけです。

そのわずかな照明の下にエサ台と水飲み器が置いてあるだけです。1つのブロックは20~30坪に区切られ、エサを食べやすいようにくちばしをカットされた1万2000羽ほどのブロイラーが、身動きがとれないほどの状態で飼われています。ギュウギュウというレベルではありません。この環境下では抗生物質の使用は避けられないという印象でした。

まさに「工場」と言ったほうがいいでしょう。養鶏関係者は一様に「ブロイラー飼育は病気との戟いです」と言う。もともとひ弱な鶏を短期間に大量生産しようというのだから、ますますひ弱になるのは当然です。

だが、瀕死の肥満鶏には無理やりエサや薬を詰め込むそうして出荷までの60日間を「なんとか生かす」のです。

ストレスで免疫力の低下したブロイラーは病気になりやすいのです。そこで、薬に頼る。完全な悪循環です。

飼料安全法では、食肉にする1週間前から飼料の中に抗生物質を添加してはならないと定められていますが、これを守らない養鶏業者が後を絶ちません。そのため、「食品中に残留してはならない」はずの抗菌性物質がブロイラーの食肉から、毎年のように検出されています。

抗生物質の残留した肉を食べ続けていると、いざ病気になったときに、抗生物質が効かなくなる可能性もあります 。

WHO は食品および畜産業界に対し、病気の予防を目的とした家畜に対する抗生物質の常習的な投与は行わない事を推奨しています。これは当然です。

ブロイラー 購入時の注意点

安全な食生活を送る上で重要ですがなかなか難しい問題です。鶏肉をスーパーで買うときはせめて、「食鳥検査合格」「抗生物質不使用」のラベルのあるものを選ぶようにしましょう。国産の鶏肉なら地鶏を購入するのが安心です。ブロイラー 危険 を防ぐことになります。鶏肉が安いというのはこうしたブロイラーによるところが大きいのです。薬漬けの鶏肉を食べたいと思いますか?

安心して食べたいなら、そして予算さえ許せば、地鶏を選ぶほうがよいでしょう。地鶏は、大量生産されるブロイラーに比べて、自然に近い方法で飼育されています。放し飼いなどをしているところもありますが高価ではありります。

地方の在来種を改良したもので、飼育期間が長く管理が行き届いているぶん、抗菌生物質を使う必要が少ないのが特徴。

そして、ダイオキシンの不安も少ないはずです。ただし、地鶏は生産量が少ないため、どうしても価格が高くなりがち。

いつも使うわけにはいきませんが、「チキンカツ」や「チキンソテー」のように塩コショウだけで味つけをして素材を楽しむ料理なら、地鶏や飼育方法を工夫した銘柄の鶏のほうが安心。奮発してしまいましょう。

「 鶏肉 」 鶏舎ですし詰めにされて育てられたブロイラーの危険性がある

加工食品・おかず

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です