刺身のツマ

殺菌漂白剤が使われている

大根のツマは、刺身には欠かせません。殺菌作用もあり食中毒防止には最適です。また、大根はビタミンCが豊富で、ジアスターゼがでんぷん質を分解し、胃腸での消化を助ける働きがあります。また、リグニンという食物繊維はがん細胞の発生まで抑制します。

消化酵素が胃腸を元気にする大根

健康のためにも刺身のツマは残さないように、と言いたいところですが、、パック入り刺身のツマは食べないほうが無難です。というのも、殺菌剤で消毒されている可能性が高いからです。ある化学薬品メーカーのパンフレットに、その殺菌剤が次のように紹介されています。
「食品添加物グレードの次亜塩素酸ナトリウム6%の殺菌漂白剤です。野菜・果物・刺身のツマなどの殺菌に最適です」この薬品を300~600倍に希釈して野菜を浸します。メーカーによれば「うちの人気商品の1つで、スーパーで使っていないところはないのでは」とも言われています。

あるスーパーの話では「刺身の大根のツマは中国から加工して輸入されていますが、加工助剤なので表示しない」ということです。「加工助剤」とは、食品の加工時に使用され、

  • 完成前に除去される
  • 通常食品に含まれる成分に変えられる
  • 含まれる量が少なく、食品に影響を及ぼさない添加物で、表示を省略してよいとされている

ちなみに、次亜塩素酸ナトリウムは、第一次世界大戟の頃、銃創からの感染予防で使われたのが最初で、非常に強い殺菌効果があるものです。

安全な食べ方

選び方刺身の盛り合わせパックを避けるように。塩素臭がしたら食べるのは控えましょう。見事に白い大根のツマは殺菌・漂白済みと考えたほうがよいでしょう。

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)

大根の選び方、調理法 |農薬の害をより少なく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です