中国産の冷凍野菜

注ファストフード、学校給食で使われている

輸入野菜の半分以上のシェアを占める中国産野菜への不安が高まったのは、ホウレンソウ、枝豆などの冷凍野菜から食品衛生法の基準値を大幅に上回る残留農薬が検出された2002年ごろからです。

2006年から水際での検査を強化しているのですが、中国産冷凍野菜の違反は相変わらず多く困っています。厚生労働省は「違反の食品は出荷を停止しているから市場には流通しない」というが…

水際で引っ掛かるのは氷山の一角というのが現状です。農薬に汚染された冷凍野菜がどこに流れているのかが問題ですが、そのほとんどが大量に仕入れるファストフードチェーンなどの外食産業です。「価格面と量を安定的に確保しておくためには、中国産冷凍野菜がなければやっていけない」と漏らします。

また、ある給食センターでは、「企業の社内食堂と学校給食を運営していますが、野菜を含めて、中国産冷凍食品はかなり使っています。業務用冷凍食品についていえば、中国産はむしろ多くなっているのです。取引先に産地を聞かれれば正直に言ってますが、聞かれることはまれです」。

ショウガ(冷凍含む)からは、発がん性のため約40年前に使用禁止になっている有機塩素系の殺虫剤BHC(ベンゼンヘキサクロライド)が検出されています。

BHCは人間の生殖機能にも悪影響を及ぼす環境ホルモンでもあるのです。学校給食に使われる業務用冷凍食品に、こうした野菜が紛れていないとも限らないのです。

今、問題意識を持っていないとしたら、事態はさらに深刻になるでしょう。

購入時の注意点

学校給食のメニューでは産地を明らかにするよう要望しましょう。外食時は原産国表示のある店で。スーパーでは地元産の旬の野菜を買うようにします。

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です