中国野菜

中国駐在の商社マンに「糖尿病患者」が多くなる理由

中国産野菜の農薬漬けが問題になっていますが、別の深刻な問題があります。それは、「硝酸塩の残留」です。

硝酸塩

中国駐在の商社マンらが現地で糖尿病に雁思し、帰国するケースが10年ほど前から増加しています。これを危倶した大手商社などは、親族に糖尿病患者がいないかまでも調べた上で、中国へ社員を派遣しているようですが、それでも2~3年で糖尿病になる人がなぜか続出しています。

この事態に大手商社は、東京医科歯科大学の研究グループに大規模な調査を依頼しました。調査を行なった教授に話を聞くと、「中国の水道水に非常に高い濃度で含まれる硝酸塩が原因のようだ」と話してくれた。硝酸塩の毒性は基本的に低いものの、体内で還元され亜硝酸塩に変化すると、発がん怪物質であるニトロソ化合物の生成に関与する恐れがあるとの指摘があります。

アメリカ・コロラド保健センターのコストラバ博士の調査で、糖尿病と診断された1290人を対象に飲料水の硝酸塩濃度との関係を調べたところ、「硝酸塩濃度が高いと、糖尿病になるケースが多い」こともわかっています。

ただ、中国在留の日本人は、現地の水道水は飲みません。そこで考えられるのは野菜から硝酸塩を過剰に摂取している可能性です。

実は中国産の野菜は、硝酸塩濃度が高いのです。世界保健機関が決めている硝酸塩の摂取許容量は、体重60 kgの人で1日300 mg。日本のスーパーで売られていた中国産のテンゲンサイからは、1 kg当たり5100 mgも検出されたことがあります。中国産野菜の硝酸塩検査は、まったく行なわれていないのが現状です。

購入時の注意点

国産のものでもハウス栽培、促成栽培されたものは硝酸塩濃度が高い傾向にあるので注意です。できるだけ旬のものを食べましょう。

野菜の旬はこちらのサイトで知ることができます。

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です