かぶは、小ひげが多く 、根が曲がっているものはたっぶりの化学肥料で育っている?

1本ピンと伸びたひげ根ならばっちり かぶは育ちが早く、しかも地下で育つため、農薬の心配はあまりありません。ただ、硝酸塩はやや多め。硝酸塩から変化した亜硝酸塩は、とくに魚介類に多く含まれるジアミン類と一緒になると、発ガン物 […]

春先の芽は、食中毒の原因になることもあるので注意「じゃがいも」

新芽や緑色の部分があるものは避ける 男爵、メイクインじゃがいもの種類はいろいろありますが、安心なものを見分けるポイントはたった1つ。「中玉クラスででこぼこが少ないこと」。よい土壌で育った証拠です。 あまりにでこぼこしてい […]

外側の葉が紫がかっているのは、農薬使用の多い証拠

「千切り→水にさらす」で農薬をきれいに除去できる キャベツは胃潰瘍の予防に効果のあるビタミンU 、Kをはじめ、ほかの野菜に比べて吸収率が高いカルシウム(添加物リン酸塩の害を防ぎます)、カリウム(添加物ナトリウムの害を防ぎ […]

病害虫に弱いため、多くの農薬が使用される「ほうれんそう」

「おひたし」は、より安全度を高める最高の料理法 スラッと茎の長いスマートなほうれんそうと、ずんぐりむっくりのほうれんそうが、スーパーマーケットの棚に並んでいます。一体、どちらのほうれんそうを選べば安全でしょうか。 正解は […]

保存料に危険物質が多い「ベーコン」

無添加のベーコンもある ベーコンもおいしくて調理にも便利な食材です。ベーコンエッグや、ロールキャベツなど煮こむ料理には欠かせません。野菜スープに入れるとコクがでてうまみがアップします。ハムやウィンナーソーセージに比べると […]

発ガン性の疑いが言われる添加物が多い「ハム」

使用前に熱湯にくぐらせることで除毒できる ハムはサンドイッチやサラダ、お弁当のおかず、それにオードブルの飾りなど、使う頻度の高い食便利な食品ですが、その分添加物の多い食品です。しかし、ちょっとした工夫で危険性を低減するこ […]