輸入果物

輸入時の「水際のチェック」は意外と甘いので注意

10年前の2010年2月、成田空港検疫所で、フィリピンから輸入したマンゴーから農薬「フルシラゾール」(殺菌剤)が基準値の0.01 ppmを超えて検出され、食品衛生法違反となりました。

しかし、輸入された全量( 1150 kg)はすでに国内流通に回った後。厚生労働省は、輸入会社の所在地である東京都に回収などの措置をとるよう依頼したのですが、文字通り、後の祭りとなりました。

日本の水際のチェック体制の甘さを露呈した案件でした。実は、「フルシラゾール」は以前から厚生労働省がマークしていた農薬です。

2008年、2009年とフランスから輸入されたブラックカラントから、基準値を超えてなじ検出されていたからです。

ブラックカラントといってもあまり馴染みがないのですが、カシスのことです。その実はジャム、アイスクリーム、リキュールなどに利用されています。それまではほとんどノーマークの農薬で、許容1日摂取量(人が一生涯毎日摂取し続けても、健康への影響がないとされる1日当たりの摂取量)も設定されていなかったのですが、食品安全委員会で体重1 kg当たり0.002mg/日と設定された(2008年)。

ブラックカラントの輸入量は2007年度には2 tでしたgが、2008年度には18tと急増したため、フルシラゾールの汚染も心配されました。違反したブラックカラントは幸い、全量が国内流通することはなかったのですが、農薬フルシラゾールは、世界中で使われているようです。世界中の果実を食べる日本人は、また、あらゆる農薬も食べるリスクを常に背負っているということです。

購入時の注意点

有機栽培で、しかも適正な賃金をもらっている人達が働いている農園の果実を購入するようにします。この場合、やや割高になるのは言うまでもありません。

メロンは農薬の使用が比較的少なくて栽培されるので安心度が高いフルーツです。
また、メロンの 甘味成分が疲労回復に効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です