ベビーフード

残留農薬、窒息死のふたつのリスクに注意

体が未熟でデリケートな乳児の食べものには細心の注意を払わなければいけません。ところが、乳児用の食べものには2つのリスクがあります。

1つ目は、成分のリスク。ベビーフードメーカー大手の和光堂が今から12年前の2007年に「ほうれん草と小松菜」「緑黄色野菜3種パック」「野菜がゆ」の一部商品から、大腸菌群が検出されたとして自主回収しました。

和光堂は、2001年にもベビーフードから残留基準値を超えた農薬が検出されたとして問題になりました。

2つ目は窒息のリスク。20009年には、「東京都商品等安全対策協議会」が「ベビー用おやつ」の安全対策の必要性を訴えている。「○ヶ月頃から」などと乳児を対象としているソフトせんべい、ビスケット、ポーロなどの「ベビー用おやつ」による窒息事故の相談が消費生活センターに寄せらました。2006年まではそのような相談は皆無でしたが、2007年から2008年にかけて3件。その中の1件は、「(9ヶ月の女児に) ウエハースを小さく切って与えたところ、喉に張り付き、呼吸できなくなり意識を失った」という事故でした。

「ベビー用おやつ」が原因と思われる窒息で救急搬送されたケースもあります。注意表示の改善、安全性に関する法整備が十分とはいえないベビーフードに関しては、日頃から「消費生活センターへの相談」から想定される乳児の危険に注意を払っておくことは大切です。

購入時の注意点

「ベビーフード」「ベビー用おやつ」に頼らない離乳食づくりが大切です。乳児を連れて遠出するときなどは、無添加・有機栽培米を使っレトルトの白粥や、かぼちゃのマッシュを持っていけば離乳食になります。

離乳食に白粥は必須

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です