鶏のからあげ

自然解凍の「お弁当用からあげ」がベチャベチャにならない理由

調理が簡単で短時間ですまされる便利な食べものには、今一度、疑いの目を向ける習慣を持つほうがいいでしょう。たとえば、「自然解凍の鶏のからあげ」。

朝のうちに冷凍したままの状態で弁当箱に入れておけば、昼頃にはちょうど食べ頃になるという、手間を省くにはもってこいの食材です。しかし、5~6時間も放っておいても傷みがなく、解凍してもベチャベチャにならないのは、もちろん添加物の力によるものです。「便利さ」を生み出す決め手は酢酸ナトリウムです。

あるメーカーの商品には、次のように酢酸ナトリウムがこのように紹介されています「食酢の主成分である酢酸から作られており、解凍後の品質を保つために使用しています」

ところが、ここには酢酸ナトリウムに関する大事な情報が記載されていません。酢酸は「食品添加物の酢酸エチルですら、劇物指定されている物質である」ということです。いくら希釈して使われるとはいえ、体内に入る食品に「劇物」を使っていいものでしょうか。

からあげにはこの他、増量効果と保存性を高める目的で重合リン酸塩がよく使われます。この食品添加物は食肉加工品のほか、練り製品や清涼飲料など多くの食品に使われているのですが、多量に摂取すると老化が早まり、腎臓障害を起こすと国際毒科学会で報告されています。

購入時の注意点

多くの食べものは「手間をかけずに、おいしく調理」できるものではないと心得ておくことです。意識するだけでも、「安全な食品」を選ぶ目が養われます。もちろん手作りするに越したことはないのですが、スーパーで鶏肉を買うときは、「食鳥検査合格」「抗生物質不使用」のラベルのあるものを選ひましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です